老老夫婦の暮らしは、面白いに決まっちょる。

暮らしのこと,花や庭木,感じたこと,雑文ブログ。

人使いの荒い、亭主だねえ。

おはようございます。

久留米のじじいであります。

 

f:id:noritomi294:20200915163708j:plain

彼岸花は、ちょいと早く咲きそう。 

 

家人「きょうは、天気も良いし

風があって涼しい、草取り日和だねえ」

そう言って洗濯物を干した後

草取りを始めた。

 

 

私は、家のまわりを歩くために

折りたたみの椅子を用意した。

5回廻って、中休み。

 

 

その休みの間に、軽くひざの

屈伸運動をする。

 

 

7月の半ばから8の終わりまで

猛暑の間は熱中症が恐くて

ほとんど休んだ。

 

 

少しでも、取り返したい。

 

 

***

歩きの途中は、家人の脇を通る。

 

 

おや、腰掛を使っていない。

お風呂で使っていた古い腰掛が

草取りを助けている筈なのだが。

 

 

あるきの途中で物置小屋に寄り

腰掛を持って草取りの傍に差し出した。

 

 

家人「これ、取りに行こうと思ったが

腰を上げて立のが、面倒でねえ

ありがとう、助かったよ」

 

 

ありがとうの言葉があるから

気持ちが良い。

お手伝いが楽しくなる。

 

 

お手伝いと言えば子供のころに

お手伝いをすると。

 

 

よく気がついたね、助かるよ

ありがとうと言われた。

 

 

それが嬉しかった。

それで、楽しい一日になった。

 

 

年を取れば、子供心に帰ると言う。

今の老老暮らしは、そうなって来た。

 

 

歩行練習を続けていると、今度は

草取り鎌を使っていない。

草取りの手袋もしていない。

 

 

物置に途中下車をして手袋と

草取り鎌は2本持った。(冗談のつもり)

これを差し出した。

 

 

家人「草取り鎌は、両手で使えってかい

人使いの荒い亭主だねえ」と言って笑った。

 

 

私「いやなに、使いやすい方をと思ってな」

家人「ハイハイ、心つかいありがとう」

 

 

***

家のまわりを歩き続けた。

 

 

涼しい。

秋の風だ。

空も青い。

暑い夏に休んだ歩行練習を取り返そう。

 

 

私「歩きが終わったら、アイスモナカを

食べようや」

草取り中の背中に、声をかけた。

 

 

では、また明日。

 

 涼しくなりました。

ポチッとお願いします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村