老老夫婦の暮らしは、面白いに決まっちょる。

暮らしのこと,花や庭木,感じたこと,雑文ブログ。

高気圧の圏内、ザボンの収穫。

おはようございます。

久留米のじじいであります。

 

 

毎朝、天気図を見るのが、習慣に

なっている。

高気圧と低気圧の配置が気になる。

 

 

低気圧が近いと、体の調子が狂う。

呼吸が浅くなり、タンが出にくい。

 

 

正月明けから毎日連続して、低気圧が

5個、6個続いている。

 

 

今朝は、久しぶりに高気圧の圏内になった。

 

 

寒さもゆるんだ。

息の吸い込みが楽だった。

こんな日が続くと嬉しいが。

 

 

***

家人「朝ザボンが落ちていたよ、風の

せいでしょうかね」

私「触るとすぐに落ちるなら、熟成したんだ」

 

 

外に出て試しに1個触ってみた。

何の抵抗もなく、ポロリと外れた。

 

 

私「ああ、収穫時になった」

家人「今日は天気も良いし、収穫を

始めましょう」

 

 

やっと、寒さが少しゆるんだ。

風もない。

私「完熟ザボンの、収穫日和だよ」

 

 

手が届く低い位置のザボンの収穫は

私も手伝った。

何しろ、1個が大きくて重たい。

 

 

籠の中に5個も入れると、重たくて

運ぶのに苦労する。

 

 

家人「ボチボチで良いですよ、無理を

しないで」

私「無理が出来るなら、苦労せんわい」

 

 

メジロヒヨドリもこの騒ぎで

姿を見せない。

 

 

***

お正月も過ぎて、ミカンの美味しさも

峠を越した。

そう言う時にザボンを食べると

新鮮なものに感じるだろう。

 

f:id:noritomi294:20210115200740j:plain

皮とワタが多い、むくのに苦労します。

 

f:id:noritomi294:20210115200754j:plain

果実はピンクで、実がびっしりと入っています。 

 

試食をした。

ピンク色の果実は、相変わらず美しい。

毎年のことで、ほどほどに美味しかった。

 

 

私「これなら、配っても良いだろう」

家人「ご近所に、配ります」

買い物袋に入れて、自転車の前後にのせた。

 

 

***

家人「生協のカタログにさ、いろいろな

柑橘を送ってくれるが、どうする」

 

 

生協の会員になって、重たい商品を

注文している。

家までの配達が、助かっている。

 

 

私「スィーティとかがあるの」

家人「いろいろあるよ、タネが

欲しいだろう」

 

 

私「タネの前に、食べる喜びだろうが」

 

 

何だか面白くなってきた。

これは、美味しかったや酸っぱかったと

味わったうえに、タネをいただける。

 

 

家人「あんた、柑橘のタネの専門家に

なれるよ」

私「そうなれば、テレビ出演の

お呼びがかかる」

 

 

家人「そこまでは無理、とらぬ狸だよ」

今年は、春から縁起が良い。

 

 

では、また明日。

 

 

 ポチッとをいただくと

ザボンが美味しくなります。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

 

 

発根、自然の時間、季節の流れ。

おはようございます。

久留米のじじいであります。

 

 

私「おーい、タネの発根が始まったぞ」

家人「どのタネですか、レモンですか

ティッシュのタネですか」

 

 

暮れの12月から、柑橘のタネの話しを

ああだ、こうだと話している。

気乗りがしないで、聞いていないかと

思っていた。

 

 

矢継ぎ早の質問だった。

私「うんにゃ、バーミキュライトの土に

まいたやつ、キンカンだ」

 

 

家人「ティッシュにまいたものが、早いと

言ってたでしょう」

私「そうなんだがねえ、バーミキュライト

早かった」

 

 

***

12月18日にタネをまいたキンカン

そのうちの1個が発芽していた。

 

 

水を切らしていた。

水やりで土が動いて根が見えた。

 

 

一方、ティッシュにタネまきしたものが

気になって確認をした。

こちらも、根らしきものが動き出した。

 

 

両方ともに、1カ月足らずで根が動き出した。

 

 

ただ、バーミキュライトにまいた残りのタネは

土を被って見えない。

多分、発根していると思っている。

 

 

しかし、嬉しい。

まずは上々吉だ。

 

 

***

このあとは、お正月を過ぎてタネをまいた

レモン、柚子、河内ミカンの発根が

待ち遠しい。

 

 

家人「新年早々に命が生まれた、めでたいね」

私「そうだな、これからポットの苗床を作る」

家人「面白くなりそうですね」

 

 

私「自然の生き物を相手にすると動きを感じる

野菜や柑橘類は、発根して発芽する」

家人「メダカもです、卵から針子が生まれる」

 

 

私「それが、自然の時間で季節の流れだろうよ」

 

 

***

家人「テレビを見て暮らすのは、都会の

時間ですかね」

私「そうだと思うよ」

 

 

家人「コロナはどっちでしょう」

私「あれは自然から追放されたもの」

 

 

生きる道を人間が住む都会に見つけた。

災害もコロナも、自然が変わって生まれた

副産物。

 

 

これからも、続くだろう。

自然の神様次第だ。

 

 

***

明日あたりから、晴れで暖かくなりそうだ。

ビニールポットに土を入れて、苗床を作る。

それに、発根したタネを移植する。

 

 

自然の時間で暮らそう。

 

 

では、また明日。

 

 

 

 

 

あんたに出来る仕事だよ。

おはようございます。

久留米のじじいであります。

 

 

昨日の予報は、雪が降る。

 

 

あーあ、またかよ。

良いかげんにしてくれと、悪態をついた。

 

 

今朝6時に起きて外を見た。

まだ、暗かったが雪は見えなかった。

ああ、メジロヒヨドリも安心したろう。

 

 

朝食が終わり、ブログを見ていた。

家人「あんたテレビを見てよ、味噌作りを

やってる」

 

 

***

米のこうじが2倍の味噌作り。

 

 

出来上がりは、1㎏。

間違いはない、ほんの1㎏。

 

 

少量だから、仕込んで発酵はさせるものは

ジッブロックというチャックの付いた

ビニールの袋。

 

 

私「これなら少量で、作業も楽だねえ」

家人「あなたにも作れるよ」

 

 

私「この量だと使いきるのも早い」

 

 

***

市販の味噌は、出来上がって発酵を

止めている。

それ以上発酵すると、使いにくくなる。

折角の発酵菌を滅菌している。

 

 

それに、防腐剤が入っているものもある。

安全で、体に良い発酵菌をたくさん

食べたい。

 

 

家人「手作りだと発酵は進行中ですか」

私「元気バリバリの発酵菌が食べられるよ」

 

 

家人「1㎏だと1カ月ほどで使いきるよ」

私「熟成期間を1カ月取って、つぎつぎに

作れば良い」

 

 

家人「いつも新鮮な味噌ってことだね」

 

 

このやり方だと、ほぼ、毎月仕込んで

ほぼ毎月使ってしまう。

 

 

***

2倍の米こうじの味噌と言うものは

使う大豆を1とすれば、米 こうじは2。

塩は半分の5の比率で作る。

 

 

出来上がりの味噌が1㎏であれば

大豆が250gで米こうじが500g

塩は半分の125g。

 

 

この他には、何も入らない。

 

 

出来上がり1㎏の発酵はジップロック

入れて空気を抜き密封する。

 

 

***

昔、味噌を漬物用の樽で作っていた。

どうしても、カビが出ていた。

表面を塩で覆っていたが、それでもカビは

出ていた。

 

 

取り除けば食べられたが、ないほうが

美味しく感じる。

 

 

ジップロックで、空気を押し出して

密封すればカビの発生は防げる。

完全ではないが、効果はありそうだ。

 

 

***

1㎏と言う少量で、発酵した味噌を

食べられる。

これが、魅力。

 

 

道具は、圧力鍋があれば済む。

 

 

家人「こう言っちゃあ何だが、あんたの

仕事にピッタリだと思うよ」

 

 

私「やってみるよ、寒い時期に仕込めば

失敗も少なくなるね」

 

 

では、また明日。

 

 

 ポチッとをいただくと

暖かくなります。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

 

 

 

もっと、おしゃべり言葉にしてみるよ。

おはよう。

久留米のじじいだよ。

 

 

あのね、ブログのネタにこまっているの。

こういうことは、年に数回あるよ。

珍しくはないがねえ。

 

 

こまったことなんだよ。

何にこまるかって。

 

 

タツに入って面白くない顔をしていると

 決まってあいつ、いや家人殿がねえ

ひやかしの言葉をかけるんだなあ。

 

 

「また、詰まりましたか」ってさ。

 

 

言葉が悪いね。

お腹の調子と間違えるじゃん。

 

 

長い年月、ともに暮らしていると

そう言うことには、ピンと来るようなんだ。

 

 

だからね、いかにもネタ切れをしていないと

言うような顔をして頑張っているのだけど

いつも失敗するね。

 

 

いや、今日はそのことを話したいんじゃあ

ないんだ。

 

 

***

今朝、見たブログにね。

 

 

文章ってものは、難しく考えるから書けなくなる。

おしゃべりは何も考えなくて、スラスラッと言える。

そんなふうに書けば、良いよって書いてあった。

 

 

なるほどね。

おしゃべりするように書くかあ。

 

 

それだと、普通に話して相手にじゅうぶんに

内容が伝わっているよな。

だから、ワシの下手なジョークも笑えなくても

冷やかしたり、けなしたりをしてくれるよ。

 

 

家人は「おや、またかい、笑えないよ」と

言ってる。

 

 

ここまでくれば、ワシのこんたんも

バレバレだよね。

ええそう、そのとおりよ。

 

 

試してみたかった。

 

 

おしゃべりするように、ブログを書い

て見たかった。

 

 

***

ええっ!

面白くもなんともないか。

親父ギャグのほうが、もっと良いか。

 

 

なんかしんらつだなあ。

うちの娘みたいだよ。

ワシの冗談は、あいつ鼻で笑うんだ。

 

 

これは、本当だよ鼻で笑う。

フンと言う顔をするよ。

 

 

だから、真剣に考えたのさ、

話し言葉で、ブログを書いてみようってね。

 

 

これで、笑ってくれたら

娘に「どうだい、これで笑ってくれたよ」と

話すよ。

 

 

だけどね、自信はないなあ。

 

 

おしゃべり調で書くとなると

あれ、ワシはこんな調子でしゃべって

いたのかって考え込んでしまう。

 

 

だから、これ以上話が進まなくなった。

 

 

話し言葉って、高級言語なんだろう。

そこに原因がありそうだ。

 

 

おしゃべりって、むずかしいなあ。

もっと、上品にしゃべらないと

使い物にならんね。

 

 

では、またあしたね。

 

 

 ポチッとをいただくと

ほっこりですよ。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

こういう時は、仲良くならないか。

おはようございます。

久留米のじじいであります。

 

 

暮れの12月に雪が積もった。

年明けの8日、9日に続けて雪が積もった。

雪がただ降るだけなら、こちらでも

年に何回かはある。

 

 

ここ数年は、年に1回ほどうっすらと積もる。

ただそれだけ。

家人「これで3回、雪が積もったね」

私「まだわからん、天気予報は明日も雪だ」

 

 

家人「本当に変な冬だねえ」

私「神様は、機嫌が悪いようだ」

 

 

***

メジロヒヨドリが困っている。

餌がない。

 

 

昨日、地面に落ちたミカンは、雪に

埋もれてしまった。

 

 

ミカンを枝に刺してやりたいが

手持ちがない。

家人「可哀そうですよ」

 

 

私「緊急事態の東京と同じだな」

家人「ええ、何のことですか」

私「食べるところが開いてない」

 

 

家人「この雪じゃあ買いに行けないなあ

お菓子は駄目でしょう」

 

 

私「スズメやハトだったら、お菓子でも

良いが」

 

 

家人「ザボンは食べなかったねえ」

去年、ミカンを切らした時に試してみた。

 

 

ザボンをミカン半分ほどに切って、枝に

刺したがメジロは見向きもしなかった。

ヒヨドリも近寄らなかった。

 

 

家人「何かないかねえ」

 

 

私「リンゴにバナナだったらなあ」

家人「それがあったら、悩みませんよ」

私「あとは、娘に買って来てもらう」

家人「それしかないね」

 

 

***

娘は、夕方ミカンと弁当を持ってきた。

娘「明日も雪だよ、大丈夫かい」

 

 

家人「テレビを見るか、メジロを見るかだよ」

娘「それに、居眠り」

 

 

家人「あんたのところは」

娘「朝、水が出なかった、貯めておいた水で

助かった」

家人「無事でよかった」

 

 

娘は「危ないから、外に出るんじゃあないよ」と

言って帰った。

夕食は、弁当で手間いらずだ。

 

 

早速ミカンを枝に刺した。

 

 

ヒヨドリは、独り占めをしようと

メジロを追っ払うが、メジロも必死だ。

隙あらばと狙っている。

 

 

家人「こういう時は仲良く出来ないかねえ」

私「人間も同じさ、トランプとバイデン」

家人「ムンとジョンウンもだねえ」

 

 

明日の雪は、どれくらい積もるだろうか。

 

 

では、また明日。

 

 

 ポチッとをいただくと

雪も暖かいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村