老老夫婦の暮らしは、面白いに決まっちょる。

暮らしのこと,花や庭木,感じたこと,雑文ブログ。

ガンの疑いと、非常に珍しい病気。

おはようございます。

久留米のじじいであります。

 

 

家人「Tさんから電話があってねえ、ご主人は

ガンの疑いがあるそうです」

私「しばらく前に、セキがひどくて続いていると

言ってたなあ」

 

 

あの後、かかりつけの病院の先生は、胸の

レントゲンを撮った。

これはひどいと言った。

 

 

大学病院にすぐ行きなさい。

紹介状を書いてくれた。

大学病院はワシと同じ呼吸器センターで

検査入院をした。

 

 

ノドから菌を取った。

培養して何の菌であるか判断する。

それで自宅療養になった。

 

 

セキは薬で少なくなっている。

タンは相変わらす出にくいようだ。

 

 

***

家人「話を聞いているとね、あんたの病気に

似ているようだね、ノドから菌を取って

調べたでしょう」

 

私「あれか、あれはきつかった、苦しかった

死ぬかと思った、2度とはゴメンだな」

 

 

家人「あの頃は、変な名前の病気の疑いだった」

私「アミロイドーシスだろう、あれも珍しい

病気だと言ってた」

 

 

結局、その病気ではなかった。

その後、九州大学の教授に相談が行って

久留米大学病院で治療することになった。

 

 

血液センターの若手の先生と、呼吸器センターの

若手の先生の2人で共同の治療になった。

 

 

ある時、看護婦さんが2人とも若手でバリバリの

先生だよと言った。

 

 

***

体の隅から隅まで調べられた。

極端な話だが、足の裏まで調べられた。

 

 

ある時、メガネを先生の前で外した。

先生は、鼻先をしげしげと見ている。

 

 

先生「メガネのあと、その下にくぼみが

ありますね、いつもメガネを

ずらしているのですか」

 

 

私「いいえ、数年前鼻の奥に痛みが出ました

たいした痛みではなかったので、そのままで

その後くぼみが出来たようです」

 

 

先生「それは、どれくらいの期間」

私「さあ、1カ月ぐらいだったかなあ」

 

 

先生「CTスキャンで調べましょう」

鼻の軟骨が少し減っている。

 

 

ノドの軟骨を調べた。

少し、ほんのわずかだが変形している。

先生「原因は、これのようだ」

 

 

病名は「再発性多発軟骨炎」

非常に珍しい病気だと言われた。

 

 

***

Tさんの御主人は、5年ほど前に膀胱ガンの

治療をした。

だから、ガンの疑いがあると言われている。

 

 

家人「ただの肺炎だと良いのだがねえ」

 

 

私「ガンもワシのような病気も救いがない

からなあ」

家人「なおる病気だと良いがねえ」

 

 

私「来週ぐらいには、どんな病気か

わかるだろうよ」

家人「来週、電話してみます」

 

 

朝のコーヒーはいつもより苦かった。

 

 

では、また明日。

 

 

ポチッとをいただくと

喜びます。 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

草刈りあとの香り、雨降り始めの香り。

おはようございます。

久留米のじじいであります。

 

 

晴れた朝、ウィーンと草刈り機の音がした。

家人「お隣は、草刈りが始まりました」

私「ああ、先ほどから草刈り機の音がするね」

 

 

家人「もうしばらくすると、草の香りが

してきますよ」

私「青臭い独特の香りだろう」

 

 

家人「ええそうです、好きな香りです」

私「ワシも嫌いじゃあない、むしろ好きだ」

 

 

***

私「昔、子供のころにな、馬の餌にする

草刈りに付いて行った」

家人「あんたも草刈りをしたの」

 

 

私「いいや、あの頃は小さかったから

草刈り鎌は危ないと言われたよ」

 

 

朝の草刈りは、まだ朝露が草に残って

服が濡れてしまった。

草を刈り取ったあとには、いろんな

虫がいた。

 

 

それを、よく見ていた。

 

 

その場所は、いつも青臭い草の匂いがした。

刈りたての草は、まだ生きている。

青臭い。

 

 

この時に、草刈りあとの香りを覚えた。

 

 

80才の年寄りになっても、はっきり

覚えている。

かぐわしい良い香りと言える。

 

 

***

家人「香りって、不思議ですね」

私「なぜだね」

 

 

家人「子供時代に覚えた香りは、その景色まで

ハッキリと記憶に残っています」

私「そうだな、その時に記憶したものは

いつまでも忘れないようだ」

 

 

家人は、空き地で遊んでいて、急に夕立が来た。

大粒の雨が降り出した。

 

 

地面がポツリ、ポツリと濡れて行った。

しばらくすると、土の香りがしてきた。

 

 

母さんの声がした。

「早く家に入りなさい」

 

 

濡れた土の香りに引き留められた。

 

 

この香りは、雨が降り出した時に必ず

思い出します。

 

 

私「ワシにも似たようなことがあった」

 

 

***

あのころ、魚釣りに夢中になっていた。

急に雨が降り出すが、止めたくない。

少し濡れても、平気だった。

 

 

まわりの乾いた地面が、降り始めた雨で

濡れ始めると、決まって土の香りがした。

 

 

その香りを惜しんだ。

雨足が強くなる。

 

 

慌てて釣り道具をしまって、走って帰った。

濡れネズミの姿で帰り着いた。

 

 

祖母は、釣り籠の方を先にのぞきこんだ。

「おや、釣れたね、晩のおかずになる」と

喜んだ。

 

 

***

家人もワシも子供の頃は、毎日自然の中で

遊んでいたように気がする。

 

 

今の子供たちも、そうだろうか。

家人「どうでしょうかね」

 

 

お隣の草の香りと草刈り機の音は

まだ続いていた。 

 

 

では、また明日。

 

 

ポチッとをいただくと

嬉しいのであります。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

 

 

 

「笑い話」これで笑えるだろうか。

おはようございます。

久留米のじじいであります。

 

 

面白味がなくても

独自性があって

役立つ内容があって 

テンポよく書かれていれば

 

 

それは、面白いブログだと言える。

そう書いてあった。

 

 

80才だと言うことはこれだ。

80才の「じじい」と「ばばあ」の話だ。

 

 

おねどし(同じ年)夫婦であるが、夫婦だという

領域は過ぎてしまった。

 

 

この間も、せめて背中をさすってやろうとしたが

家人「そこは違うよ鈍感だねえ、肩がこわっているよ」

そう言われた。

 

 

ならばよしよし、肩を揉みほぐしてやろうと

筋肉をさがした。

それらしきものはなかった。

 

 

筋だけが確認できた。

固い、こわっている。

 

 

はたして揉みほぐすことが出来るかどうか。

壊れたらいかん、元も子もなくなる。

そっと揉みだした。

 

 

家人「何だい、揉んでいるのかい

全然きかないよ」

少し力を入れて、揉みほぐした。

 

 

家人「何か触られているのは、わかるがねえ」

もっと力を入れて、揉みほぐした。

指先が痛くなった。

 

 

家人「うん、少しは気持ちが良いよ」

もう、ワシのほうの力が限界になった。

家人「おやもう終わりかい、しかたがないね

サロン〇スを貼ってくれないか」

 

 

〇ロンパスを貼ろうとしたが、手がふるえて

うまくはれなかった。

途中にシワが出来たが、良いだろう。

 

 

***

しかし思いの他、重労働だった。

手首と指先が痛かった。

 

 

また頼まれたら、こちらが壊れてしまう。

何とか避ける方法を考えんといかん。

 

 

どなたか良い知恵はないだろうか?

 

 

えっ!

サ〇ンパスを買いに行く。

そのまま日本一周の旅に出る。

 

 

そうすれば、サロ〇パスのことは

忘れてしまう。

 

 

なるほど、いい案だがワシのことも

忘れてしまう。

その可能性が強い。

喜んで忘れるかも。

 

 

頃合いを見て帰り着いても、仏壇に写真と

位牌があったと言うことになる。

そうなったら、たまらんよ。

 

 

そう言うことで、この案は却下する。

 

 

***

家人「あんた手が止まっているよ

のろまだねえ」

 

 

慌てて張ったので、手がふるえた。

うまく貼れなかった。

 

 

誰か、サ〇ンパスを貼る機械を

作ってくれないか。

 

 

では、また明日。

 

 

ポチッとをいただくと

喜びます。 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「メロンパン」の元祖は「まるあじ」

おはようございます。

久留米のじじいであります。

 

 

いつも楽しみにしているブログに京都の

メロンパンのことが書いてあった。

 

 

面白い。

 

 

メロンパンにしては、形も違う風変わりの

ものであった。

 

 

***

そう言えば、こちらのほうにはメロンパンの

元祖たるものがある。

その名前は「まるあじ

 

f:id:noritomi294:20210413160906j:plain

 

 

f:id:noritomi294:20210413160941j:plain

パンの 中は何も入っていない、皿は山崎パンの景品。

 

子供のころは、あじパンと呼んでいたと

思うがなにしろ、70年も前の事で

自信がない。

 

 

そのパンが「まるあじ」だった。

 

 

おそらく、あじパンがまるあじになって

さらにメロンパンの元祖になった。

 

 

子供の頃の「まるあじ」は苦手なパンだった。

パンの外側がポロポロと崩れやすい。

これが、食卓やまわりに散らばる。

 

 

散らかさないように食べなさい。

毎度、お叱りを受けた。

 

 

この外側は、口に放り込むと今度は

上あごの壁に、ピタリと張り付く。

どうも食べにくい。

お茶を飲むが外れない。

 

 

いつも、アンパンのほうを選んだ。

 

 

***

たぶん10年ほど前だが、市役所に行く

途中にメロンパン専門店が開店した。

 

 

その当時、メロンパンは流行していた。

店のショウケースには、白のメロンパンや

緑のメロンパンもあった。

 

 

私「メロンパンの店が出来たよ」

 

 

家人「メロンパンは、流行しているけどね

久留米はまるあじがあるから、売れるかねえ」

 

 

家人は、流行らないだろうと心配した。

なるほどその通りで1年ほどで店を閉めた。

 

 

みんなは、まるあじを好んでいた。

 

 

***

このまるあじを作っていたのは、木村屋と言う

地元のパン屋さんである。

 

 

創業から90年と言った老舗である。

突然、店を閉めることになった。

 

 

当然、地元で愛されたまるあじも惜しまれて

姿を消した。

 

 

木村屋の事業は、福岡のフランソワが

引き継ぐことになった。

 

 

まるあじも引き継がれて、再び姿を見せた。

地元市民は喜んだ。

家人「よかったね」

 

 

***

メロンパンとまるあじは、ここでは仲良く

共存している。

平和な暮らしをしている。

 

 

めでたし、めでたしである。

 

 

ポチッとをいただくと

喜びます。

では、また明日。

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

 

「冷蔵庫にサラダあり」のお返しは。

おはようございます。

久留米のじじいであります。

 

 

帰りが遅い夫へ「冷蔵庫にサラダあり」の

メモを残したら余白に「城春にして草木深し」と

書いてあった。

 

 

ネットで評判になっていた。

 

 

なんとまあ、「しゃれとんしゃる」である。

博多弁で「粋な人やお洒落な人」のことを

そう言う。

 

 

メモの余白にかかれた、お返しの歌は

中国の偉大な詩人、杜甫の「春望」の一節。

 

 

国破れて山河在り 城春にして草木深し

時に感じては 花にも涙をそそぎ

別れを恨んでは 鳥にも心を驚かす。

 

 

この漢詩に久しぶりに会って、思い出した。

 

 

***

最後に転勤したところは、大分県竹田市

 

 

かの有名な、滝廉太郎の「荒城の月」に

歌われた竹田城址がある。

 

 

春高楼の花の宴 めぐる盃かげさして

千代の松が枝 わけ出し

昔の光 いまいずこ

作詞は、土井晩翠

 

 

竹田で暮らしている時は、何も思わなかつた。

 

 

今、荒城の月は、作曲の滝廉太郎

作詞の土井晩翠は、この竹田城址を現地で

見て酒を酌み交わしながら作った。

 

 

その時に、詩人杜甫漢詩を歌いながら

作ったのではないかと、妄想した。

 

 

***

もう竹田の暮らしから25年ほど

経ってしまった。

変わらないだろうか。

 

 

水のきれいな所で、久住と祖母の山々に

挟まれている。

 

 

湧き水が豊富な所で、街のまわりには

数か所の湧水地がある。

遠くからポリタンクを車に積んで

水汲みに来る。

 

 

地元の人は、あまり水を汲みには行かない。

水道そのものが湧水であるからだろう。

 

 

本当に清らかな水をふんだんに使って

暮らしている。

使っている人は、それが当たり前の事である。

贅沢なものだ。

 

 

家人「あの頃は、肌がツルツルだった」

私「うんまあ、そう言っていた気がする」

 

 

会社勤め、最後の3年間は美味しい水を

飲み、まわりの山々を歩き回った。

 

 

家人「良い所でした、いい思い出です」

今でもそんな話をする。

 

 

では、また明日。