老老夫婦の暮らしは、面白いに決まっちょる。

暮らしのこと,花や庭木,感じたこと,雑文ブログ。

阿蘇の噴火、選挙投票はどうする。

f:id:noritomi294:20211021191723j:plain

毎年、こぼれダネから花が咲きます。

 

 

私「おいテレビを見てみろ、阿蘇山

噴火した」

家人「すごい煙ですね、登山者は

大丈夫かしら」

 

 

午前中の歩行練習を終えて、テレビを

つけた。

阿蘇の草千里からの映像が流れていた。

 

 

テレビで見ていて、雲仙、島原の火砕流

映像を思い出した。

あの時は、相当数の被害が出たが阿蘇

大丈夫だろうか。

 

 

私「火砕流はあったのかな」

家人「さあどうですかねえ」

 

 

***

コロナがやっと静まって来た。

これから阿蘇や久住のまわりは

紅葉の季節になる。

家人「阿蘇のまわりの観光に

たずさわっている人たちは

がっかりでしょうね」

 

 

私「いいや、案外怖いもの見たさで

お客さんは増えるかもしれない」

 

 

夕方のテレビニュースでは、水蒸気爆発に

伴う噴火であれば連続はしないようだ。

そうであれば、地元に方はホッとするだろう。

 

 

最近は、あちらこちらで地震が発生している。

東京の地震もあった。

 

 

息子のところも揺れがひどかった。

少し怖かったと言ってた。

阿蘇の噴火が地震との関連がなければよいが。

 

 

***

家人「月末は選挙の投票がありますよね

どうしますか」

私「どうしますかってか、もちろん行きますよ」

 

 

家人「雨降り、冷え込みだったらのどに悪いです」

私「そん時は、無理をせん」

家人「そうして下さい」

 

 

雨が降ろうが、槍が降ろうが、石にかじりついても。

そういう言葉があるが、もうそんな元気はない。

 

 

投票所になっている小学校まで無事に歩けるか

どうかが気になっている。

 

 

昨日は、しばらくぶりで靴を履いて歩いて見た。

安物の健康サンダルより、足の裏が安定している。

これなら、投票に行ける。

 

 

あとは、お天気次第だ。

 

 

***

そういうもののこれと言った候補者は

決まっていない。

候補者不在だ。

 

 

投票したい政党は少し心当たりがある。

宗教系の政党であるが、ここの

市会議員さんたちは腰が軽い。

 

 

先日も、家の横の水路に添った小道に

陥没した穴が出来た。

小さい穴だが、子供の足はすっぽりと

ひざまで入る。

子供たちがけがをしたら大変。

 

 

議員さんに連絡した。

翌日は見に来た。

状況をカメラに写した。

 

 

関連部局に連絡します。

翌日は、工事の人が来た。

 

 

これなんだと思う。

ごちやごちゃ言わないで、即実行する。

 

 

こう言う人達が多い政党だったら

一票をあげても良いと思っとる。

 

 

あとはお天気次第だねえ。

 

 

では、またあした。

 

 

ポチッとをいただくと

喜びます。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

とりこし苦労。

f:id:noritomi294:20211020195619j:plain

咲き残りのペチュニア、寒くなるまで咲いてます。

 

 

家人「あんたは偉い、今度は正解だった」

私「なにが」

家人「衣替えさ」

私「わからんよ、急に暑くなるかも」

 

 

今年の秋は夏の続きのままで10月中旬に

なっても、気温が30度を超していた。

 

 

おまけに雨も降らない。

庭先の花壇は土がカランカランと音が

しそうに乾いている。

 

 

私「ここらで雨が降らんと冬野菜の

育ちが悪くなる。

しかし、東京や北のほうでは寒く

なったり雨が降ったりしている。

 

 

野菜がこちらで出来なくても

全国ネット全国流通で調達する。

 

 

家人「あんたの心配はとりこし苦労だ」

 

 

私「これから急に寒くなるだろうよ

今年は秋らしい秋がなくてさ

一足飛びに冬になるよ」

 

 

家人「さあどうだかねえ」

 

 

私「寒くなって家の中をエアコンで

暖かくする部屋を閉め切ってしまう

それでコロナの第6波だ」

 

 

家人「さあどうかねえ、それも

とりこし苦労ではないかい」

 

***

私「衣類を冬物に入れ替えたろう

ズボンが合わなくなったよ」

 

 

家人「殿はお太り召された」

私「うん、5キロ増えとった」

 

 

家人「後姿の腰回りでわかって

いました」

私「外出は少ない、ジャージの

ズボンが欲しい」

 

 

寒い冬に向かって、身軽くなるのは

並大抵のことではない。

 

 

家のまわりを歩くだけでは運動量が

足りん。

私「なあおい、今から糖質制限をするよ」

なんとかスリムななりたいものだ。

 

 

三途の川を渡るためにも、天国に召されて

雲の上に上がってゆくにも、体重が

重ければ苦労する。

 

 

三途の川の渡し賃は6文になっている。

太った文だけ袖の下で許しても

らえるだろうか。

それはいくらするだろうか。

 

 

家人「それが、とりこし苦労なんだよ」

 

 

***

とりこし苦労の類語。

 

杞憂。

思い過ごし。

考えすぎ。

深読み。

心配性。

苦労性。

疑心暗鬼。

危惧。

心配。

不安。

懸念。

気がかり。

恐れ。

ハラハラ。

やきもき。

ナーバス。

心労。

気揉む。

気を病む。

思い過ごす。

思い煩う。

勘ぐる。

案ずる。

 

私「どうだすごいだろう」

家人「こんなに多いのですか」

 

あまり「とりこし苦労」はなさらんように

老けてしまいます。

 

 

では、またあした。

 

 

ポチッとをいただくと

とりこし苦労はいたしません。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

「無理くり」「無理やり」「やりくり」

f:id:noritomi294:20211019170926j:plain

団地のマリーゴールドは黄色。フレンチ系だろうか。

 

手元に置いてあった雑誌を何気なく

ながめていた。

「無理くり」詰め込んだ。

と書いてあった。

 

 

視線が止まった。

「無理やり」の間違いではないか。

 

 

家人にたずねた。

 

 

私「なあ、『無理くり』って知ってるか」

家人「知らないなあ、『無理やり』の

間違いではないの」

 

 

ワシと同じ考え方をしていた。

ここらへんでは聞いたことがない。

 

 

***

「無理やり」「無理くり」「やりくり」と

続いて言葉的には関連している

ような気もする。

 

 

ネットで調べた。

 

 

「無理くり」は北海道と東北で使われる。

その他には、九州でも使われる。

飛び火したのではと書いてある。

 

 

ワシは転勤が多かった。

福岡、熊本、大分、長崎を回った。

暮らしたところでは「無理くり」は

聞いたことがなかった。

 

 

ネットをさらに調べると、長崎では

使っていたと言う人がいた。

 

 

ワシは長崎と言っても、五島の福江で

仕事をした。

長崎市内では使っているかもしれない。

 

 

さらに、京都、奈良で使うとあった。

 

 

***

方言は各地にあるが、これほど飛び飛びの

ものも珍しいのではないか。

 

 

まだ、ほかにもあるのだろうか。

なにか関連性はないか。

江戸時代の北前船はどうだろうか。

 

 

北の品を長崎に、途中の舞鶴あたりを

中継点に京都、奈良に品物をおろした。

 

 

北のほうで「無理くり」荷物を詰め込む。

その他の地域は「無理やり」でその間を

「やりくり」した。

 

 

独断と偏見のイメージ。

 

 

家人「『やりくり』なら私だよ

給料前はいつも苦労したよ」

 

 

では、またあした。

 

 

ポチッとをいただくと

うれしいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村

 

 

 

 

思い違いは、孫まで残るか。

f:id:noritomi294:20211018145233j:plain

お待たせしました。

 

 

良く読むブログに、ワシと同じ思い違いを

したことが書いてあった。

 

 

***

スポンジの食器洗いで片面に繊維の荒い

ものを張り付けたもので、色は焦げ茶色

その下のほうは黄色いスポンジ。

 

 

台所の流しで皿の上に乗っていた。

カステラと間違えた。

 

 

うん、そうだそうだとうなずいた。

ワシもまったくその通りで、手に取って

食べようかと思ったくらいだ。

 

 

私「あんときゃあ、本当にカステラだと

思った」

家人「あんたはつまみ食いの名人だから

天罰が降りたんだ」

 

 

で、この話は一瞬のうちに息子と娘に

伝わった。

あっという間もないくらいだ。

 

 

すぐに息子から電話が入って来た。

用件は聞かずともわかっている。

 

 

息子「親父よ、意地汚いことはするなよ」

 

 

私「わかったよ、しかし高級なカステラか

羊羹を食べたいね」

 

 

そう言うと電話はプツンと切れた。

口うるさくて冷たい奴だ。

 

 

***

思い違いをするのはワシだけじゃあない。

 

 

家人の母親と同居したことがある。

まあ、いろいろな事があってしばらくの間

一緒に暮らした。

 

 

ある日。

義母「高級なお菓子をもらったから

あんたが食べてちょうだい」

そういって水屋の中から四角の

ケーキの箱を取り出した。

 

 

手に取った。

香りはする。

少しい違和感があった。

 

 

箱を開けてみた。

中味は丸みを帯びた四角でセロハンに

包んであった。

それを破いた。

 

 

硬い、乳白色。

化粧石鹸だった。

 

 

私「ばあちゃんこれ食えねえ」

義母「アラっ石鹸だね」

私「うん、石鹸」

顔をあわせて2人で笑った。

 

 

あのころ義母は何才だったろうか。

もう今は、俺たちもそんな間違いをする

年になったんだと、つくづく思う。

 

 

***

家人「なに、ニヤニヤしてるのさ」

私「いやなに、思い違いをしたことさ」

家人「あのカステラのことかえ」

 

 

私「それもあるが、義母さんの

高級ケーキの話しだ」

家人「母さんからきいてるよ」

 

 

私「話は両方とも子供たちも知って

いるよな」

家人「たぶんね、忘れていなけりゃあね」

 

 

息子も娘も忘れていて、孫には伝わって

いないことを願った。

 

 

末代の恥になるから。

 

 

では、またあした。

 

 

ポチッとをいただくと

うれしいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村

 

つまずくな、転ぶな、つかまれ。

f:id:noritomi294:20211017171247j:plain

ずおうの狂い咲き。

 

 

家人「レンガの横に置いたの何センチ

だろうね」

私「10センチぐらいか、それがどうした」

 

 

家人「いえね、室外機のところに網籠を

干しに行った時レンガにつまずいた」

私「転んだのか」

 

 

家人「うんにゃ、横のタラノキ

つかまった」

家人がタラノキにつかまった姿を

想像してゾッとした。

 

 

私「よかったない」

家人「ええ、助かりました」

 

 

ゾッとしたのは、転倒して骨折した

ことではない。

 

 

タラノキが、山に生えている野生のもので

だったらと思った。

野生のタラノキは、鋭いトゲが無数に

ついている。

手で握ろうものなら重傷になる。

 

 

私「園芸品種のタラノキ

良かったない」

家人「そうですね、それで助かりました」

 

 

***

南向きに設置されているエアコンの

室外機は日当たりが一番良い。

 

 

家人はその上にいろいろなものを置いて

干している。

ザルや食器類、白菜も大根も。

 

 

家人「お天道様に当てると、消毒になるし

野菜は美味しくなる」

ものを干すたびにそう言ってる。

おっかさんの言葉だった。

 

 

私「なあおい、花壇を狭くして

あのレンガはなくそう」

家人「通り道になれば安心する」

 

 

私「あんたもワシも、転んで骨折は

したくない」

 

 

***

訪問看護の人の話し。

 

 

年寄りの多いのは、転倒して骨折を

される方です。

これは、治療も大変ですが、その後が

長引きます。

 

 

リハビリが必要になります。

下手をすると後遺症が残ります。

車いす、歩行器、杖など必要になります。

 

 

なおり具合によっては施設に入ったり。

訪問看護を受けたりです。

 

 

私も、そんな方を3軒受け持っています。

 

 

***

ワシの気のせいかもしれんが、転倒骨折は

女性に多いような気がする。

なにかの理由があるのかもしれん。

 

 

ワシも家人も81才を過ぎた立派な

老人である。

転んで骨折するような場所はなくして

しまいたい。

 

 

小型のGPSレーダーで、そこは危ないです

転倒の可能性がありますと、知らせて

くれないか。

 

 

そういうおしゃべりなら助かるよ。

 

 

では、またあした。

 

ポチッとをいただくと

ありがたいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村