老老夫婦の暮らしは、面白いに決まっちょる。

暮らしのこと,花や庭木,感じたこと,雑文ブログ。

発根、自然の時間、季節の流れ。

おはようございます。

久留米のじじいであります。

 

 

私「おーい、タネの発根が始まったぞ」

家人「どのタネですか、レモンですか

ティッシュのタネですか」

 

 

暮れの12月から、柑橘のタネの話しを

ああだ、こうだと話している。

気乗りがしないで、聞いていないかと

思っていた。

 

 

矢継ぎ早の質問だった。

私「うんにゃ、バーミキュライトの土に

まいたやつ、キンカンだ」

 

 

家人「ティッシュにまいたものが、早いと

言ってたでしょう」

私「そうなんだがねえ、バーミキュライト

早かった」

 

 

***

12月18日にタネをまいたキンカン

そのうちの1個が発芽していた。

 

 

水を切らしていた。

水やりで土が動いて根が見えた。

 

 

一方、ティッシュにタネまきしたものが

気になって確認をした。

こちらも、根らしきものが動き出した。

 

 

両方ともに、1カ月足らずで根が動き出した。

 

 

ただ、バーミキュライトにまいた残りのタネは

土を被って見えない。

多分、発根していると思っている。

 

 

しかし、嬉しい。

まずは上々吉だ。

 

 

***

このあとは、お正月を過ぎてタネをまいた

レモン、柚子、河内ミカンの発根が

待ち遠しい。

 

 

家人「新年早々に命が生まれた、めでたいね」

私「そうだな、これからポットの苗床を作る」

家人「面白くなりそうですね」

 

 

私「自然の生き物を相手にすると動きを感じる

野菜や柑橘類は、発根して発芽する」

家人「メダカもです、卵から針子が生まれる」

 

 

私「それが、自然の時間で季節の流れだろうよ」

 

 

***

家人「テレビを見て暮らすのは、都会の

時間ですかね」

私「そうだと思うよ」

 

 

家人「コロナはどっちでしょう」

私「あれは自然から追放されたもの」

 

 

生きる道を人間が住む都会に見つけた。

災害もコロナも、自然が変わって生まれた

副産物。

 

 

これからも、続くだろう。

自然の神様次第だ。

 

 

***

明日あたりから、晴れで暖かくなりそうだ。

ビニールポットに土を入れて、苗床を作る。

それに、発根したタネを移植する。

 

 

自然の時間で暮らそう。

 

 

では、また明日。