御年77歳夫婦の暮らしは、面白いに決まっちょる。

暮らしの出来事か、庭木や花のことか、何を書こうか。

イチジクが熟した。ヨドリより早起きして収穫かよ。

今朝も冷え込んだねえ。

前回のブログは、なかなか作業が進まなかった。
記憶が「忘却の彼方にあり 」でねえ。


思い出すのに時間がかかったんだよ。



 

無花果と書いて、イチジクだよ。

「知っているよ、当たり前じゃん」
でも本当は、花があるんだよ。

f:id:noritomi294:20181215171939j:plain

えっ、見たことがないよ嘘だろう。

 

それはね、食べていて口になかでプチプチする
あの粒粒が種なんだよ。

実の中に花があるから、種はできないようだなあ。

種がないのに、どうやって増えたの。

枝が地面にふれていて、そこから根が出ていたから
ここから切り離して植えた。

それから、切り取られた枝をゴミとして捨てた。
これが、運よく活着した。

その後、挿し木や取り木で増やす技術が生まれた。
と、思うよ。

おいしくて栄養豊富。

熟した実は、とても旨いなあ。

しかし、皮が柔らかいのできれいにむけないね。
これが欠点だね。

最近は、皮ごと食べられる種類があるそうだよ。
これを増やしたいなあ。

家人は「高血圧や便秘にきくから薬がわり」と
言っているよ。

ヒヨドリが食べにくる。

今年はめずらしいことに、このイチジクを食べに
来ているよ。

f:id:noritomi294:20181215171931j:plain


多分、猛暑のせいだろう。
お隣の柿が、わずかに数個実っただけだった。
いつもは鈴なりしていたのにね。

だから、この柿をヒヨドリはすぐに食べつくしたよ。
あっ、という間だった。

そして次には「しめしめ、ここにイチジクがあった」と
大喜びをしているよ。

f:id:noritomi294:20170127165653j:plain


しゃくだねえ。

 

熟した実は見つけにくい。

 

私「イチジクが、2個うれているよ」
家人「よく見てください、4個のはずですよ」

私「よく見たら4個だったよ」
家人「明日、朝のうちに収穫します」

私「ヒヨドリより、早起きして収穫かよ」
家人「年寄りは、朝早く目が覚めるからね」

私は「食欲のほうが、まさっているからだ」とは
言わなかったよ。