御年78才夫婦の暮らしは面白いに決まっちょる。

暮らしのこと,花や庭木,感じたこと,雑文ブログ。

風船唐綿その後。

おはようございます。
久留米のじじいであります。
 
事のはじめは
この花は何でしょうかね。 
 

noritomi294.hatenablog.jp

 

そこからの始まりです。
 
花の名前は風船唐綿。
ブログの友が、教えてくれました。 
 
 
団地の花壇から、ゆずってただいた風船唐綿は
花瓶に生けました。
 
花がしぼんだあとは、葉っぱを切り風船だけで
花瓶に、オブジェ風に。
 

f:id:noritomi294:20190909114603j:plain

どうです、なんとなく良いでしょう。
 
そのままで枯れてきて、ドライフラワーになりました。
 
 
予想では実が割れて、大型の綿帽子が飛ぶ。
そんなふうに、期待していましたが出て来ません。
どうしたら良いのでしょう。
 

f:id:noritomi294:20191002171401j:plain

 
家人「これはドライフラワーの、出来損ない
花屋さんにある、風船唐綿のドライは丸いよ」
 
うちのは「しわくちゃりん」だからね。 
 
 
挿し木が可能と、書いてありました。
ただし、春先の暖かくなってからのようです。
 
失敗しても、いいやとだと考えて、あまりの枝で
挿し木を2本作りました。
 

f:id:noritomi294:20191002171713j:plain

 
台風17号が来て取り込むことを忘れて
鉢がころげ、落ちていました。
土が半分になっていました。
 
継続は、無理だろう。
挿し木にして、10日ほど経っています。
でも、根が出ているかもしれない。
 
期待半分、興味深々です。
そっと、土を外しました。
なんだ、根は全然出ていません。
 
失敗しました。
 がっかりです。
 

f:id:noritomi294:20191002172409j:plain

 
家人「失敗を地で行ったね(笑)」
 
来春、新しい枝をいただいて
挿し木の再挑戦です。
 
決して、笑われたことを
根に持っていません。(本当ですよ)
 
 
 
種子採り。
花と一緒に、実を5個いただきました。
すでに、綿帽子が出かかっています。
 
種子採りができそう。
風で飛ばないようにそっと握りしめて
家に持ち帰りました。
 
買い物のビニール袋を膨らまして
保存しました。
 
袋をのぞき込むと、綿帽子の頭に
付いている、種子の部分が見えません。
 
と言うことは、種子が出来ていない。
れれ、そんなことが、ありかあ。
 
袋の中にも種子は、見つかりません。
 
割れてない大きな実が、1個残りました。
破いてみました。
 
あら、種子のかたまりが見えます。
 

f:id:noritomi294:20191002173249j:plain

 
もっと広げると、綿帽子だけのかたまりが
ありました。
 

f:id:noritomi294:20191002173323j:plain

 
まったくの、想像外です。
 
でも、種子は手に入りました。
一安心です。
 
この、実は家に持ち帰ったときに、綿帽子と
種子が離れてしまったようです。
 
飛べなかったね。スマン。
 
種子として育てるからね。
あやまりました。
 
 
 
種まきの時期。
ネットをググりました。
春先、暖かくなってからのようです。
 
年寄りは、気が短い。 
春先まで、待てん。 
今、種子をまいてみよう。
 
発芽が楽しみ。
 
家人「またもや、失敗を恐れないかね」
私「うん、種まきをして、冬越し育てをする」
家人「がんばって(笑)」
 
 
あきもせず、失敗にも負けず、頑張っています。
 
来年早々、うちの庭で小さな可愛い花と
まるまるの風船が、見られると信じています。
 
こんな欲張りなら、神様は笑って許してくれる。
そう思っていますがね。
 
虫が良すぎると、家人に言われそうです。
 
では、また明日。
 
 
 ランキングに挑戦中です。
クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村