御年78才夫婦の暮らしは面白いに決まっちょる。

暮らしのこと,花や庭木,感じたこと,雑文ブログ。

取り持つ縁、風船唐綿。

おはようございます。
久留米のじじいであります。
 
 
今朝起きて、居間のカーテンと窓を開けて
息を吸い込みました。
うん、少し冷たい。
 
涼しくなるかも、一瞬、そう思いました。
こんな感じは、久しぶりのことであります。
 
お彼岸が近くなり、彼岸花が咲き始めました。
秋に咲く花のスタートは、彼岸花からと
言えますかねえ。
 
空の青さも、ほんの少し深くなったようです。
本当に暑かった夏でした。
 
何度も、涼しくなってくれないと
体がもたないよ。 
誰にお願いして良いかわからないまま
話しかけていました。
 
ふと、午前中散歩に行こう、胸の内で
そう決めました。
 
 
ブログの縁。
先日、団地の花壇で、名前はわかりませんが
小さな可愛い花を、ブログにしました。
(名前がわからないと、ググれません。ヒロシ調で)
 

f:id:noritomi294:20190913151559j:plain

 

f:id:noritomi294:20190826164512j:plain

 
 
ブログ友より「風船唐綿」のコメントがあり、更には
花が咲いています。や
珍しいですねの声を、いただきました。
 

f:id:noritomi294:20190901162338j:plain

 
名前がわかり、風船の形も面白い。
綿帽子が出来る。
 
種からでも、挿し木でも増やせる。
などなど、わかってくるとますます
好きになります。
 
 
物々交換。
なんとかして手に入れたい。
家人「子供のようだね」
 
家のカボスと物々交換。
交渉は、家人。
私の出る幕じゃあない。
 
家人「カボスは喜ばれた、物々交換も成立」
私「ありがとうございます、こういうことは
あなたでないと成功しません、感謝」
 

f:id:noritomi294:20190909114603j:plain

 
 
玄関に飾り、ドライフラワー作り、種取りの
プランが進行中であります。
 
失敗元々で、挿し木も作りました。
ときおり、進行状態をブログにします。
 

f:id:noritomi294:20190913151304j:plain

 
 
 
地元の縁。
歩行演習を兼ねた散歩です。
花壇の花の、お世話をされている方に
声をかけました。
 
「おはよう」
「おはようございます、風船唐綿は
綿帽子が飛び始めましたよ」
 
もうすでに、私が風船唐綿を好きだと
御承知でした。
 
「ほら、ここだよ」
わざわざ、見やすいように枝を押し分けます。
「写真に写します」
「いいとも、ですよ」
 

f:id:noritomi294:20190913151415j:plain

 
少し風がある。
ゆらゆらっとなる。
風が弱くなるのを待つ。
 
「割れそうなものを、持って行くかい」
「もらって良い?」
「どうせ、冬越しのために、刈り込むからね」
 
木の高さ半分までに切って、冬越しをさせる。
「もう、7年目」
「丈夫な木だよ」
 
「ほとんど肥料はやらない、他の花からの
おこぼれが効いているよ」
 
今年は雨が降ったから、周りのこぼれ種から
芽が出ました。
根元の指をさしたところに、3カ所かたまって
芽が出ています。
 

f:id:noritomi294:20190913151910j:plain

 
 
「育てるなら、あげるよ、いつでも取りにおいで」
嬉しい言葉でした。
綿帽子が出ているものを、4個をいただいて
帰りました。
 
 
我が家の風船唐綿。
我が家の物も、茶色になっていました。
しめしめ、実割れで綿帽子が飛ぶぞ。
 
私「団地の風船唐綿は、綿帽子が出ていたよ」
家人「うちのも、もうすぐだよ」
私「なんだ、知っているのか」
 
家人「そりゃそうですよ、毎日誰が玄関を掃除していると
思っているんだい、私の他に誰もいないよ」
私「はい!そうでした、毎日ご苦労様です」
 
やはり、気がつくのはやつのほうが早い、残念。
胸の内でひとり言。
 
私「綿帽子が飛んでいる、写真を撮りたいね」
家人「そりゃ無理、無理と言うもんだ」
 
私「まぐれというものがあるからね
天が味方してくれる」
家人「大きく出たね、それでも無理」
 
風船唐綿は、ありがたいご縁を作ってくれました。
ブログの皆さん、団地のみなさん。
来年春には、庭で育つようにしたい。
 
もしブログをやっていなかったら、ただ小さな花が
美しかった、で終わっていたと思います。
 
私にとって、最良のご縁になりました。
 
では、また明日。
 
 
 ランキングに挑戦中です。
クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村