読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

御年77歳夫婦の暮らしは、面白いに決まっちょる。

暮らしの出来事か、庭木や花のことか、何を書こうか。

人参2回目の間引きと追肥をするが、微生物の話しになる。

 

f:id:noritomi294:20161026160354j:plain

間引き前です。

 

朝の会話

 

名前をわすれる
 
テレビに出ている、芸人の名前が出てこない。
私「あの人、あの人」と言う。
奥「ウンウンあの人ね」と言う。
昔あった、山本山のノリのコマーシャルと同じ。
 

こんにちは、久留米じいじです。

 

日照不足で、背高ノッポ気味だったニンジンはやや持ち
直しているよ。
でも、相変わらず育ちはゆっくりだよ。
やっぱり、日照りが一番大事だなあ。
 
と、良いながらもだいぶ葉っぱが茂って来て、混雑気味だから
2回目の間引きが必要になってきたようだよ。
 
前回が指1~2本ぐらい空けたから、今度は指3本ぐらいかな
ま、その場で見て決めることにするよ。

f:id:noritomi294:20161027112029j:plain

 
 
間引きの葉っぱは大分大きくなったので、軟らかいところを
みじんに刻んで、チラッと料理の上に振りかけるような
使い方しかないようだねえ。
 
間引きの終わったところで、追肥だよ。
いつもの有機肥料を、指でつまんで両側にパラパラと
振りかけてゆく。
 

f:id:noritomi294:20161027112158j:plain

 
その後、土の表面をおこしながら肥料を混ぜる。
このことで、土の中は空気の流通が良くなる。
 
野菜の栄養分は、肥料だけではなくて空気と湿気の3つ揃いで
根の周りの微生物が盛んに活動して、根っこに養分を渡す。
ここが肝心で、この養分が成長と味を決めている。
 
これが、化成肥料だと、水に溶けた養分が直接根に吸収されるから
能率は非常に良くて、成長が早いということになる。
だから、生産者はこれを使う、味は二の次ということになる。
 
味は、目に見えないから買って、食べてみないとわからないのが
悩ましいね。
 
微生物の力で、野菜が美味しくなる。
 
最近は、味の決め手はアミノ酸とやらで、根っこがこれをどれくらい
取り込めるかで決まるようだね。
 
このアミノ酸を吸収させるために、生産者はいろいろな努力をしている。
海水や海藻、エビやカニの殻を肥料にしたり、塩が良いと言う人もあるし
光合成菌のほうが良いとかね。
 
本当に、これだと言う決め手がないのが、現状みたいだよ。
 
生ごみや野菜くずをEM菌で発酵させて、肥料にすることを最近まで
続けてきた。
我が家のエコロジーの一環だと考えていた。
 
EM菌が程よく発酵した時の肥料は、素晴らしく良い野菜が出来るが
なんせ、微生物は生き物で、この良い状態を保つことが難しい。
 
失敗も多かった。
しかし、この方法は、もっと研究されて安定的に出来るようになると
素晴らしいと思うよ。
 
日本中の家庭の生ごみと野菜くずの全部が、完全に畑に還元できる
なら、すごく大きな資源を獲得したことになるよ。
 
「市販のニンジンは薄皮を取り去っているから、味も香りもうすい
 家で出来たものが一番」とおくさんが言っている。
 
今日も、良い日で、良い野菜が出来ますように。
 
まとまりのない文を、読んでいただき
ありがとうございます。
ほんの少し、お役に立てばと思い書いています。
厚かましくも、ランキングに参加しました。
クリックを、どうぞよろしくお願いします。