御年78才夫婦の暮らしは面白いに決まっちょる。

暮らしのこと,花や庭木,感じたこと,雑文ブログ。

間違えました。

おはようございます。
久留米のじじいであります。
 
昨日の夕方は、少し涼しい風でした。
ツクツクボウシの、初鳴きがありました。
 

f:id:noritomi294:20190819161811j:plain

 ミツバチは、横から近づくとすぐに逃げます。
 
先日は、通院日でした。
その時に、先生から市販の腰痛予防の
サポータを、勧められました。
 
病院の物は高価だ、と早合点。
おまけに、商売が下手だのゲスの話し
までしました。
 
 
おしゃべりネットワークでは。
この腰痛サポータのことが話題に
なっています。
 
サポータをしている人は、結構
多いようです。
 
高齢で、女性で、骨粗鬆症気味
なんですかねえ。
使わずに、持っている人も多い
そうです。
 
 
 
知らなかったこと。
病院のものはギブスで、あれは医療機器。
腰回りを動かなきように、固めてしまう。
 
キッチリ固めて、動きが自由にならない。
それにならなくて、良かったね。
と、いいます。
 
そんなことを知らないとは言え
私の早合点でした。
先生は、正しいことを伝えました。
 
家人と二人で、すまないことをしたと
反省をしました。
 
 
 
改めて、おしゃべりネットワークが
役に立つと思いましたよ。
 
 
 
最近は地域に、知恵袋のおばあちゃんが
居なくなりました。
大人数の宴会や食事の時は、炊き出しで
大活躍。
 
昔は、結婚式も、お葬式も皆で
行いました。
当然、大人数の炊き出しには女性軍が
手伝って行いました。
 
今は、結婚式もお葬式も専門に任せます。
祭りの準備、お宮の掃除、草取りは
だいたい、午前中で終わります。
 
もう、炊き出しと言う仕事は
存在しません。
従って、知恵袋のおばあちゃんも
必要がありません。
 
地域の暮らしの、つながりが薄く
なりました。
 
 
 
テレビにお婆ちゃんの料理の先生が
出ています。
 
そうです。
桧山タミ先生です。
可愛いお婆ちゃんです。
 
おぼつかない手で、料理を作る。
「美味しくなってね」とつぶやいています。
この、声の応援が大事だと思います。
 
野菜作りでも、毎日「うまく育てよ」と
声をかけると、美味しいものが出来ます。
 
昔の人は、野菜に足音を聞かせろ。
毎日、見に行け、声をかけろで作りました。
 
この「気持ちがこもっている」が
大事だったのでしょう。
何事も作ることに、気持ちが
こもっていました。
 
今は省力化で、機械にまかせます。
心や気持ちは、持ち込めませんね。
 
 
 
このことは、料理や野菜作りの
世界だけではなくて、子育ても
そうではないでしょうか。
 
「おはよう」「おやすみ」
「いただきます」「ごちそうさま」
「ありがとう」「ごめんなさい」
 
これらを、何万回と繰り返すことで
気持ちが、こもるようになる。
修行のひとつといえます。
 
大人になる、修行です。
1回や2回では、理解できません。
だから、繰り返します。
 
それが、だんだんと身について行きます。
身について、初めて理解できて
立派な大人になります。
 
学習は、頭の中。
気持ちは、心の中です。
両方が、出来上がりたいものです。
 
 
 
私の仕事らしい仕事と言えば
毎朝のコーヒー作りです。
もっともっと美味しくなるように
「おいしくなってね」と声をかけています。
 
 
今度の通院日に、腰痛サポータのことで
間違えたことを、先生に謝ります。
 
では、また明日。
 
 
 ランキングに挑戦中です。
クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村