御年78才夫婦の暮らしは面白いに決まっちょる。

暮らしのこと,花や庭木,感じたこと,雑文ブログ。

百日草は、不思議。

久留米じいじです。

 

f:id:noritomi294:20190703091412j:plain

 

百日草は、ご存知でしょう。

 


場所を選ばない、どこでも咲いている。
花が咲いている期間がながい。

 


切り花として、主に仏壇に使ってる。

 


家人「近頃は、切り花も高くなった
家にあるものが使えると助かるね」

 


私「ご先祖さんも、お喜びだ」
と、言うほどに重宝しているよ。

 


暑い夏でも咲き続ける。

 


さすがに、秋口になると疲れて下の
葉っぱが、うどん粉病になる。

 


そう、白くメリケン粉を振りかけた
ような葉っぱになる。

 


そういう時は、えひめ愛の1000倍に
薄めたものを、ジョウロで振りかける。

 


いや、えひめ愛の事ではない。

 


百日草の花の咲き方なんだ。
えっ、前触れが長すぎる。

 


うーん、毎日の会話が長いからねえ。
あなたも、お年を召されるとこうなる。

 


話しを返そう。

 


家人「なんだね、花の咲き方とは」

 


私「それがねえ、近ごろ気がついた
つぼみにぐっと、近づいて写す」

 


家人「マクロだろ、夢中になってる」

 


私「そのつぼみから、開いて行く
花びらが少し変なんだ」

 


そもそも、つぼみからして変。
黒色の線の縁取りがある。

 

f:id:noritomi294:20190703101648j:plain

 黒の縁どりです。


つぼみの上部から開いて行く。
その花びらがね、ちょっと変。

 

f:id:noritomi294:20190703101731j:plain


花びらが、ストロー状で立っている。

 

f:id:noritomi294:20190703101800j:plain


ストローが伸びて、花びらが横に
広がってゆく。

 

f:id:noritomi294:20190703101853j:plain


変だと思わないかい。

 


普通、つぼみの玉から、花びらは
めくれたように、離れる。

 


そういうものが多い。

 


だから、ストロー状から開くのは
珍しいよ。

 


私「なんで、こんなことをするのかね」

 


家人「知らないね、神様に聞いてくれ」

 


私「なるほどね、神様か、その神様が
普通に咲いては面白くない、ストロー
から開けと命じた」

 


家人「自然は、神様の思し召しだよ」
私「神様は、きっと退屈していた」

 


家人「神様の悪口は、止めるんだねえ
罰が当たるよ」

 


私「おーこわ、子供の時にこの罰当たり
がと、良く言われたよ」

 


自然の中で、ストロー状に咲くのが
都合が良いとは、何故だろう。

 


どなたか、知りませんか、教えて下さい。

 


百日草に出会ったら、ストロー状の
花びらを確かめて下さいな。

 

 

 

 ランキングに挑戦中です。
クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村