読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野菜つくりが面白いにきまっちょる

家庭菜園を楽しんでいます、畑と花と暮らしのはなし。

五倍酢が効いたから、干し柿作りの追加です。

畑・その他

f:id:noritomi294:20161022201312j:plain

五倍酢です。

ご存知でしたか。
 
甘柿は、四角い。
渋柿は、縦長。
絶対じゃないが、おおむねそう言う
傾向にあるそうです。
 
こんにちは、久留米じいじです。
 
天気予報では、寒くなりそうです。
こりゃ、干し柿を作るには、絶好のチャンスだねえ。
 
「じゃあ明日は、もう少し干し柿を追加して、孫たちに
送りましょう」の一声で、いつもの道の駅に出かけました。
 
丁度良いタイミングで、生産者の方が渋柿を並べている。
「今頃が干し柿を作るのに、一番いい時期ですよ」
「今年は不作で、出荷数が少ないよ」
「しかし、みのった数が少ないから、実は大きいよ」
「今が買い時だよ」
と、なかなか商売上手のようです。
 
熟しぎみの柿が入っていないか、入念に確かめて
10個入りの袋2個を選ぶ。
 

f:id:noritomi294:20161022075010j:plain

10個入り2袋。
 
横のお客さんが「うちの柿の木は、もっと大きいものがなる」と
負けず嫌いの自慢が始まった。
 
野菜の苗が出ているが、畑の整理をしないと植える場所がない。
今回はパスをしました。
 
EMボカシを3袋入手。
これは、米ぬか、もみ殻、もみ殻燻炭をEM菌という微生物で
発酵させたものです。
有機肥料に混ぜて使っています。
 
効果はどうかね、ですか。
本当に効いているかどうかわからない、気は心で安心を買って
いるようなものでしょう。
 
自家生産をして、大量に使えるといいのですが、出来不出来が
あるので、ふみきれないですね。
 
途中で伊三郎パンという、オール100円のパンを買って
帰りました。
おいしいですよ。
最近は、この店のファンになって、昼食はパンで済ますことが
多くなりました。
 
今回は、皮むきと熱湯にくぐらせることは、おくさんの分担で
手際よく済みました。
 

f:id:noritomi294:20161102164908j:plain

手際よく皮むき。

f:id:noritomi294:20161102164952j:plain

えっ、あなたは手伝わなかったかって、私は写真担当でした。
もちろん、ブログ用です。
 
熱湯にくぐらせる、石川五右衛門の釜茹での刑は、やらない
ことも考えたのですが、孫たちに送るから念入りに作ろうと
いうことで、省きませんでした。
 

f:id:noritomi294:20161102165041j:plain

石川五右衛門、釜茹での刑。

 
入念に選んだから、軟らかい熟し気味のものは無し、ロープに
吊るす止め枝キチンとついている、上等の渋柿ばかりです。
 
これだと仕事は楽だといいながら、つり下げ用のロープに柿を
止めてゆき、途中でときどき、写真を撮る。
 

f:id:noritomi294:20161102165141j:plain

 
出来上がりを小屋の軒先に吊るし、ここで五倍酢を噴霧しました。

f:id:noritomi294:20161102165233j:plain

手前は前回作ったもの。
 
「この、五倍酢は干し柿作りのみかたですね」
「私の強い味方が、増えたよ、防虫ネットと、5穴マルチと
 この五倍酢だよ」
「味噌作りのカビ止めに使えそうですね」
「昔にこれを知っていたら、よかったのに」
など、話しながら作業が終わる。
 
この、五倍酢を噴霧すると、小蠅や蠅が寄り付かない。
ただし、熟し気味の表面が乾かないものには、効果が少ない。
 
釜茹での刑は、止めても良いのかなあ、と思っていますが
まだ、止めたことはありません。
 
カビについては、今のところ効き目が大きいようです。
今年は雨の日が多いのに、ですよ。
前回、作った20個にカビの発生はゼロですよ。
 
酸っぱい特有の香りがしますが、昔の紙で作られた番傘に
使われていた、柿渋の匂いにどこか似ています。
このにおいを虫たちは嫌うのでしょう。
 
そういえば、柿渋も防水のほかに防虫の効果があると
きいています。
もっと、野菜つくりに使えないものか、ネット徘徊が
必要ですね。
 
農薬代わりに使えるとなると、とても良いと思います。
 
出来上がったら、お年玉と一緒に送るかと話しながら
作業がお終いになりました。
 
今日も、明日も、良い一日でありますように。
 
読んでくださって、ありがとうございます。
ブログ村の住民になりました。
クリックをいただけると、野菜つくりと
ブログ記事つくりの励みになります。
よろしくお願いします。