老老夫婦の暮らしは、面白いに決まっちょる。

暮らしのこと,花や庭木,感じたこと,雑文ブログ。

あいつが三途の川につくまで見守りたかった。

おはようございます。

KZZ(久留米のじじい)であります。

 

f:id:noritomi294:20200124133651j:plain

 蛸に見えませんか?

 

人は、枯れてゆくんだ。

そして、お終いになるんだ。

 

 

人生って、そう言うもんだ。

わかっていますがねえ。

 

 

***

80才は、とうの昔の過ぎて今は90才に近い。

 

 

「お宅は、まだ若いよ」

その友だちは、そんなに言ってた。

 

 

この年代になると、年に数回はこんな話をきく。

こればっかしは、決して楽しい話ではない。

 

 

もう、勘弁してくれって思う。

 

 

あの人は、少し離れたところで、野菜を

作っていた。

 

 

家は農家だった。

もうとっくの昔、息子に後を渡していた。

 

 

家督をついだのときくと、家督だなんて

そう言う立派なものではない。

 

 

農家の俺が、田畑を息子に渡しただけ。

そう言った。

 

 

まわりは、あいつ悠々自適の年金暮らしだとか

楽隠居だとか言ってた。

 

 

それが、病気だって聞いたのがつい最近。

ガンで終末病院に入っていたそうだ。

 

 

それで、近ごろ姿を見かけなかった。

 

 

ときどき、私の畑にもっさりと現れた。

いや、幽霊じゃあない。

 

 

元気だが、動作が静かな人だった。

言葉数も少ない。

 

 

無口な人だった。

「苗を持ってきた、あげるよ」

 

 

何も用事がなければ、そのまま帰る。

 

 

お礼を言う時は、後ろ姿にだった。

そう言う人だった。

 

 

***

学童見守りで一緒になった。

 

 

結構疲れる仕事で、二人一組。

それで、相棒が動けなくなった。

 

 

1名欠員だ。

ワシが候補になった。

 

 

お誘いが来た。

彼が紹介した。

 

 

すまんな、引き受けてくれ。

他に引き受け手が、いないんだ。

 

 

仕方がないOK

「おつきあいを、よろしくな」

 

 

無口の友が、そう言った。

 

 

年中ほとんど、立ち番。

春、夏、秋、冬。

 

 

学校が休みの時は、こちらも休み。

 

 

午後3時から5時までの2時間。

立ちっぱなしで、結構疲れる。

 

 

そんな時に、家で使っている折りたたみの

椅子を使ってみた。

 

 

もちろん2脚。

これが、大当たり。

 

 

とても楽ちん。

これだと疲れない。

 

 

子供たちが通ると目線が同じ高さ。

 

 

話しやすい。

仲良くなった。

 

 

帰っても家には誰もいない。

見守りが終わるまで、傍にいる。

 

 

家の近くまで、一緒に帰る。

共稼ぎだと言う。

 

 

「さよなら、また明日」

 

 

ところが、どうだいこんな始末さ。

 

 

あいつがサヨナラだって。 

 

 

ワシは、あいつが、三途の川につくのを

見守ってやりたかったよ。

 

 

では、また明日。

 

 

 ランキングに参加しています。

クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

 

 

読書ノートを、書いてみようと思うのです。

おはようございます。

KZZ(久留米のじじい)であります。

 

f:id:noritomi294:20200123165924j:plain

 

最近のことです。

本を読んでみようと思ったんです。

 

 

ブログが書けなくなったんですよ。

 

 

書くことばっかりで、1年間続けたんです。

しぼり出した。

 

 

で、結局なにも残っていません。

 

 

底が見える。

空っぽ。

 

 

今ごろ、気がついてもおそい。

 

 

手遅れ。

どうしょう。

 

 

そこで、考えたんですけどね。

 

 

解決策はと言うと、そんなに簡単な事ではない。

思いつきません。

 

 

***

この間、病院の帰りに本屋さんに寄ったんです。

娘の提案でね。

 

 

このときに、珍しく本を読む気がちょっぴり

起きて来たんです。

 

 

本屋さんの店内をウロウロしましたよ。

久しぶりだったので、本の匂いがしました。

 

 

一冊を手に取って、買ってきました。

 

 

これを読みたいなあと、メモ帳に書いてあるものとは

ぜんぜん、まったく違う本です。

 

 

こういうのを、衝動買いって言いますよね。

 

 

家人のお得意の手ですよ。

頭の中でピカッと光るそうです、家人は。

 

 

それは、絶対に手に入れる。

そんなに言います。

 

 

***

今考えると、この本を読みたいなあ。

 

 

そんな気持ちが、今の手詰まりを

予測していたのかもしれない。

 

 

そう思います。

きっと。

 

 

こう言うことって、ときたまあるんです。

あとで、そうだったって思うのが。

 

 

野菜の種の袋を手に取ります。

何気なく見ているのです。

 

 

その時は、欲しくない。

 

 

買わない。

元に戻す。

 

 

ただ、なんとなくだけです。

 

 

ある日、ふとあの種子が必要だと

叫んでいたのか。

 

 

そんなお知らせではなかったのかって

思うんです。

 

 

時すでに遅し。

ってことです。

 

 

あなたは、そんなことありません?

 

 

***

それでね。

 

 

底が見える、空っぽの入れ物に

ため込もうと思うんですよ。

 

 

本、その買った本。

それを読みます。

 

 

***

印象に残ったところを、書き留めます。

 

 

その他は、わかりません。

何を書けばいいのでしょうか。

 

 

誰か、教えてください。

 

 

ああ、ブログに出来そうなものをね。

それも、書きますよ。

 

 

手遅れにならないように、読み進めながらね。

 

 

記憶は、すぐに消えてしまいます。

 

 

これだけやれば、ブログが書けますよね。

 

 

きっと。

 

 

では、また明日。

 

 

 ランキングに参加しています。

クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

 

 

 

 

記憶は残らないなあ、この年になると。

おはようございます。

KZZ(久留米のじじい)であります。

 

f:id:noritomi294:20200122163941j:plain

 外のカランゴエは、つぼみが少しふくらんできました。

 

 昨日のブログ、今日のブログ、予約設定が

うまくゆかなかった。

何か良くわかりませんが

動作がおかしいようです。

 

 政治家は、これを利用するのです。

決まって。

 

 

「記憶にございません」だってさ。

 

 

ブログが、またもや書けなくなっちゃった。

ふざけているんじゃあないですよ。

 

 

せめて、口調だけでも明るくと思ったんですよ。

 

 

えっ!

「無駄な努力」と言うものですかねえ。

 

 

***

私「何か話題はないかい」

優しく語りかけたんです。

 

 

家人「そうそう都合の良い話は、ないねえ」

 

 

病院とか、クスリとかそう言う話は、そこらじゅうに

転がっているよ。

 

 

私「それじゃあ、駄目なんです」

 

 

もう、使い古しているんです。

すりきれているんです。

 

 

ぼろぎれのようになっているんです。

資源ゴミにもならないんです。

 

 

私「変わり映えがしないと、ブログにならんよ」

 

 

家人「あんたのメモ帳は、どうですか」

私「これも、同じことばっかりになったんですけど」

 

 

家人「やれやれ、サザエさんじゃあないからね」

 

 

失敗が少ないと言う。

逆らわないが、ちょいと話してみますよ。

 

 

この際ですからねえ。

何が飛んできても、覚悟の上であります。

 

 

私「あんたに、サザエさん的遺伝子が

多かったら良かったに」

 

 

家人「冗談じゃアないですよ、失敗が多いのを

喜ぶなんて」

 

 

失敗はない、転びもしない、おかげで平穏無事の

安泰ではありますが、書くことがないのであります。

 

 

いろいろと考えるのですがねえ。

 

 

メモ帳を、にらみつけたのですがね。

何にも手掛かりはないし。

 

 

***

そうだ、こんなハメになったのも、アウトプッット

ばかりで、ブログを書いているからなんだ。

 

 

底に着いたってことですよ。

何もない。

 

 

もっと、インプットをせんといかん。

立ち上がれん。

 

 

ググるといっぱい情報とやらが出てくるね。

スマホ、インターネットは本当に便利になった。

 

 

知るのは簡単だけどね、お役に立てるとなると別だなあ。

そこんところが、難しいね。

 

 

テレビも、お役に立つ情報は水道の

蛇口ぐらいに流れている。

 

 

ザーザーと流れるようだ。

 

 

見ている時は、ああ便利だと思うんだがね。

 

 

おいくらだい、何処で手に入るんだいとか

言ってるうちに終わってしまう。

 

 

家人は、料理番組を見て、あれは簡単にできる。

 

 

あれは、きっとおいしいよと言いながら

メモはしないさ。

 

 

メモしようとしてもメモ紙はないし。

ボールペンも鉛筆もないよ。

 

 

だからさ、聞き流してしまう。

 

 

テレビは情報を、どんどん垂れ流しだけどさ

受け取るほうも情報の、聞き流しだなあ。

 

 

おまけにね。

 

 

見ながら、聞きながらの子守歌になっていますよ。

すぐに、居眠りですよ。

 

 

病院からの睡眠導入剤より、もっと効いてますよ。

 

 

それでね。

 

 

昨日のテレビは、面白かったね。

 

 

夜中に眠れない。

睡眠不足になっている。

 

 

どうすればよいのか。

そんな番組だったよ。

 

 

朝起きて、太陽光線に当たる。

 

 

朝食後に体を動かす。

散歩が良い。

 

 

そんなことを、言ってました。

 

 

家人は、ああそうかと相づちを打っています。

 

 

さてはて、実行するのか。

そこが問題なんですねえ。

 

 

実行までたどり着かない。

 

 

なぜ?

 

 

テレビの番組が変わる。

 

 

どうなったと思いますか。

コックリ、居眠りが始まりました。

 

 

夜眠れないのは、そこが原因ですよ。

 

 

昼眠って、夜も眠って。

そんなに都合よく、体は出来ていませんがな。

 

 

「昼も愛して、夜も愛して」は若いうちだけ。

 

 

ワシもあんたも、年寄りだからね。

どちらか、一方にしましようや。

 

 

えっ!

 

 

「眠ることが」ですよ。

誤解しないでね。

 

 

やれやれの一日になりそうだ。

 

 

これで、ブログは出来る?

 

 

では、また明日。

 

 

ランキングに参加しています。

クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

 

 

おしゃべり口調で楽しいブログにならないかなあ。

おはようございます。

KZZ(久留米じじい)であります。

 

f:id:noritomi294:20200121110344j:plain

 お待ちくだされ、春を準備中。

 

 

ブログの文章を、読み返してみたんです。

 

 

うん、なるほど。

 

 

文が硬いね。

超硬い。

 

 

ポキポキのバリバリだなあ。

石っころみたいに硬い。

 

 

ダイヤモンドの原石なら、それでいい。

 

 

磨けば光る。

高いお値段で売れっちゃう。

 

 

でもね。

 

 

ワシの文章は、ただの石っころ。

磨いたって、どうにもならねえ。

 

 

こんなんじゃあ、読みたくならないね。

 

 

はてには、見向きもされなくなってしまう。

きっと・・・

そう、思ったんですよ。

 

 

だからね、文がもっと軟らかくならんといかん。

そうも思ったんです。

 

 

***

「あたかも、語りかけるように」って

そんな言葉が、あったと思うんですよ。

 

 

たしか、だれかの本に書いてあった。

だれであったかは、忘却の空の彼方。

 

 

スマホも通じない田舎。

そのまた向こう。

 

 

年を取ると、いかんですね。

記憶が、はるか遠くに行っちゃうんです。

 

 

***

あれはこうであって、それはこうなんだよ。

 

 

そんなふうに、懇切丁寧で、柔らかく話している。

ワシがモコに問いかけるように。

 

 

「今日は、どこに遊びに行ったの?」

「お友達のネコは、どんなネコだい?」

 

 

これを、 ネコなで調と言われていますよね。

うちだけじゃあないと思う。

 

 

全国のネコ好きさんの全部だと思っている。

 

 

ああ、「まるや」と言ってる人もいたなあ。

養老先生だった。

 

 

こんな調子はいいなあ。

 

 

だからね。

 

 

夏目漱石の「吾輩は猫である

この本を、読んでみようって思ったんですがねえ。

 

 

だれか、図書館に行って借りてきてくんないかい。

 

 

***

「あたかも、おしゃべりをするように」

ってのはどうだろうか。

 

 

これだとね、名人がいる。

とっときの。

 

 

だれ?

 

 

同居人。

 

 

その正体は「家人」

おしゃべり仲間の、世話役。

 

 

毎日、ご苦労様です。

 

 

私「ねえ、世話役殿、どんなに思うかい」

 

 

家人「やわらかい文、おしゃべりしているような文

そういうのかい、むずかしいなあ」

 

 

私「あんたがたのおしゃべりを参考にしたい」

家人「おー恥ずかしい、方言丸出しだよ」

 

 

見事に、断られた。

シャットアウト。

 

 

***

おしゃべり口調が、楽しいブログにならないか。

と、思ったんですがねえ。

 

 

アハハ!って笑い飛ばしてもらっていい。

ギャハハ!って、わらってもいい

 

 

ああ、あの久留米じじいが、馬鹿なことを

書いてるよ。

 

 

あきれて、付き合えん。

そう言われて、いいじゃん。

 

 

むしろ、その方が気分が良くなって、楽しい。

今日は、良い一日だったになる。

 

 

そうなれば、とまあ、思ったんです。

 

 

***

テレビの、あの「さんま」さんはね。

偉いんだよ。

 

 

人を集めておいて(出演者)

 

 

適当な、おチャラけをしゃべって、あとは

出演者におしゃべり指名をする。

 

 

出演者は、そのムードに酔ってしまって

気楽に話す。

 

 

この、おチャラけ口調が、誰も真似が出来ない。

だによって、独り占め。

 

 

息の長い番組になっています。

 

 

あの口調を、ブログに取り込めたらと

思ったんですがねえ。

 

 

無理だよなあ。

作戦を考え直そう。

 

 

では、また明日。

 

 

 ランキングに参加しています。

クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村