御年77歳夫婦の暮らしは、面白いに決まっちょる。

暮らしの出来事か、庭木や花のことか、何を書こうか。

春は「ぼた餅」秋は「おはぎ」。夏と、冬は、何だろう。

久留米じいじです。

開花予想は、外れた。
長崎が、20日に咲いた。


東京も、期待していたが外れた。


春分、お彼岸のお中日だよ。
ならば書くことは、これしかない!


それは、「ぼた餅」。


このまま読むと、あまり美しくない。
ぼたん餅」これで、美しくなった。
そう、ボタンの花だよ。


これに見立てて、作られた餅。


外側が、あんこ。
普通、あんこは、餅の中。


ぼた餅とおはぎは、あんこが外側。
なぜ?
あんこは、小豆、赤い色。


赤い色は、魔よけ。
昔から、決まっている。


金太郎さんの歌は、知っているかい。
そう、まさかり、かついだ、金太郎だ。


その、胸当て(よだれかけ)が赤い色。


きっと、さらわれないようにの
魔よけのお守り。


春の彼岸は、牡丹餅


秋のお彼岸は、萩の花が咲くころで
おはぎ


名前のほかに、違いがあるの?
ある。


春の、ぼた餅に使う、あんこの小豆は
去年の秋に、収穫したもの。


日にちがたっているから、皮が硬い
除くために、こして使う、こしあん
こすは、ろ過することかな。


で、きめの細かい、あんこになる。
これを使った。


秋の、おはぎは、小豆がその秋に
収穫されたものを使った。


皮が柔らかい。
あらめに、つぶして使うつぶあん
そのほうが、風味が良い。


江戸の人は、季節と食べ物を合わせた。
粋で、オシャレ。


話しは、まだ続くよ。


季節は、夏と冬だ。
この、夏と冬にも、作って食べていた。


えーっ、うそだーい。
いや、本当だよ。


夏は夜船。冬は北窓


あんこじゃあない、餅のほうだ。
これは、蒸したお米を、つぶす。


餅じゃないから、ペッタン、ペッタンと
つかない」、つぶすだけ。


今でも、すり鉢とすりこぎで、つぶして
作るところもある。


つく」ことがない。


江戸の長屋は、お隣さんが壁越し。
壁が薄くて、ヒソヒソ話しまで筒抜け。


そこに、いつ帰り「ついた」かわからない。


搗き知らず」から夜船が「着き知らず
で「夜船」と名付けた。


暑い夏の夜中、涼しい夜船で、デイト。
しっぽりと濡れる。(妄想がたくましい)


冬は北窓


冬は、と言うと、餅の「つきしらず」が
月知らず」にあいなった。


月が、見えないから「北窓」。


寒い冬の日、暖かいこたつでデイト。
またもや、しっぽり濡れる。(再び妄想)


春は「ぼた餅」、秋は「おはぎ
夏は「夜船」、冬は「北窓」。
ウィキペディア


暮らしの中の、言葉遊び。
江戸の人は、粋でオシャレ。


昔からの、古い和菓子の店は
「今でも、やっているよ」と
言うかもしれない。


家人「あんた、ぼた餅、食べるかい」
私「おう、あたぼうよ!」
すっかり、お江戸の口調になった。

おあとが、よろしいようで。
    
 

 ランキングに参加しています。
クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

 

 

 

「世間」「人情」は、忘れられた言葉か。

こんにちは、久留米じいじです。

福岡の開花予想が二つある。
3月18日と、3月20日。


3月18日は咲かなかった。
20日は、咲くのかなあ。

 

最近は、子供が、余計なもののようだ。


こんな、風潮になってきたのは
いつ頃からだろうか。(悲しい)


社会ニュース等の、ことを書くのは
苦手なのだが、年寄りのたわごと、と
思ってください。


江戸時代の話しでは、日々の暮らしに
疲れ、入水自殺をするときに


親が子供は、幸せに生きてくれよと
お寺の門前に置く、という場面がある。


歌舞伎や、浄瑠璃などには、その親は
入水自殺をしたが、死の直前で助けられ


後年、捨てた我が子に再会すると
いうのもある。


まあ、いい話が残って、悲惨な話は
残らなかった。かもしれないが。


本当は、世間様と人情、で救われて
いたような気がする。


最近のニュースの、親が子をなぶり殺し
にする、いじめて自殺に追い込む等、
事件の多さは、異状だと思う。


私の、子供の時代と書くと
(又、思い出調子になるが)


ほとんどの家庭が、子だくさんだった。
だから、遊びすぎて帰りが遅れると


晩御飯は、ここで食べな、といわれて
ご馳走になることが、多かった。


決して、今で言う、ごちそうではない。


ざるいっぱいの、サツマイモとか
ジャガイモ、カボチャを蒸したもの。


でも、大人数で、大騒ぎで食べると
とにかく、旨い。


子供が多い、一人ぐらい増えても
なんともない。


分け合って食べることが、あたりまえ
みたいな暮らしだ。


だから、「遠慮はいらないよ」と
言えたんだ、と思う。


その上に、上の兄ちゃんに
「この子を送ってあげな、あちらさんも
心配しているからね」と言う。


これが、「世間」「人情」と
今、思っている。


都市化とか、一極集中とか、密集した
暮らしは、人間同士の距離が近まり


「世間」「人情」は濃密にならないと
おかしい。と思うがねえ。


顔と顔が、ぶつっかる程、近いのにね。


「世界一貧乏な国」の
元大統領ホセ・ムヒカさんは


お金で買うもの、この物欲のほうが
先立っている。


これを、追及しても、人間は幸せに
ならないと言う。
地球サミット2012ブラジル)


ボランティアの神様だという
メディアの造語だ。


そう、あの尾畠さんのことだ。
東京から、歩いて帰る。
本人は、これが一番自然だと思っている。


それを、メディアが騒ぎ立てる。
皆は、感謝の気持ちだろうが、贈り物や
差し入れを持って、見物に行く。


いただきもので、リヤカーが満杯になる。
見物人が大勢になり、交通事故の
恐れがある。


尾畠さんは、徒歩での帰りを中止した。


贈り物をしたのじゃない、重荷を渡した。


中止することすら、すみませんねと言う。


メディアは、写すのは止めたが
やり方を、反省する機運もない。


見物に行った人も、その行動を反省した
人は少数だと思う。
(根拠はない)


世間とか、人情とか、ほのぼのとした
ものはどこかに、置き忘れたように
見える。


私達(老人)が出来ることは
社会に向けて、不平、不満を言う
前に。


「世間」と「人情」の言葉が
消えてしまわないように、心使いを
すること、ではないかなあ。


おしゃべりネットワークのようにね。
(普段は、無駄なおしゃべりと思うが)

参考までに。


発展は、幸福を阻害するものでは
いけない。
発展は、人類に幸福を、もたらすもので
ないといけない。


愛情や人間関係、子供を育てること
友達を持つこと。


そして、必要最低のものを、持つことを
もたらすべきである。

ホセ・ムヒカ
地球サミット2012
ブラジルでのスピーチ)


公害を、防ごうと言うサミットで。


公害を出す、社会を作ったことの
根底から、考え直さないと


人類は、幸せになれないとスピーチをした。
そのスピーチの要約が手元にある。


私の宝物だ。

 

クリックをよろしくお願いします。 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

「うそだーい」「ほど、ほど」、「まあ、まあ」

こんにちは、久留米じいじです。

昨夕の天気予報は、春起こしの雨だった。
夜だけ雨が降った。
あたたかくなりそう。


どうやら、24節気の啓蟄は梅で
春分は桜になりそうだ。


昨年の桜は、4月の入学式のころだった。


今年は、2週間以上早いようだね。
やれやれ、どうなることやら。


だいたい、そんなに早く花が咲いても
虫どもがいないんだよ。


わしは、7星のテントウムシが好きだ。


年寄りの下手なカメラに、なんとか
収まってくれる。
写真写りが良い。


蝶々は?あいつは、駄目。
どちらに飛ぶか、ヒラヒラだからね。


俺も、ヒラヒラが長かった。
これは、ひとり言。会社の時代。


トンボは?あんまり、近寄れない。
動体視力が良い。


うん、良い言葉を知ってるね。
自画自賛


子供の時、指先を回す、トンボは
目を回す。
静かに一生懸命、回して、すぐに捕まる。


これを、信じていた。
捕まらない。


この頃から、疑うことを、少し覚えた。
大人の話に「うそだーい」と返事する。


あまり、連発すると、生意気だと
拳骨を、いただくのも、覚えた。


「ほど、ほど」に、だな。


少し、大人になる。
あいまいにする、言葉を覚えた。
それは、「まあ、まあ」だ。


えっ、何の話だったっけ。
ああ、トンボのことだ。


少し前の、啓蟄の話に続き、またもや
虫の話に、なりそう。


これも「ほど、ほど」にと、家人の声が
聞こえそうだね。


少し、心配なことがある。


何が?
スナックえんどうの、実がならないかも。


うちの山の神様は、スナッツクえんどうが
お好みだ。


ビールの友で、料理が簡単、ゆでるだけ。


そのスナックが、花盛りになった。
花アブやミツバチがいない。


受粉が出来ない、実がならない。
で、山の神様が、お怒りになる。


私は「まあ、まあ」となだめる。
なんとか、鉾先をかわす。


この後が、困っている。
車は廃車にした、免許を返した。


「道の駅に行こうや」
「生シイタケもある、筍もあるかも」
など、目くらましが、出来ない。


困ったことだ。


でもまあ、本当に不作なら、最後の手段。


野菜つくり、ベテランN氏の、畑に行く。
私の悩みを、話しながら、やつの
スナックを収穫する。

悩みの話がおわる。
収穫も終わり、これをくれと、脅迫する。


これしか、思いつかない。


これも春。
さて、これから歩行練習をしよう。


ランキングに参加しています。
クリックをよろしくお願いします。 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おしゃべりネットワークの活動状況。

久留米じいじです。


晴れ、暖かい、春分の入りだ。

 

我が家の電話機は、居間にあり
私のパソコンの、すぐ傍にある。


(電話機の機は、うつわの器では
なかったか、少し気になる)


だから、おしゃべりネットワークの
内容は、傍受しないでも入ってくる。


話しのテーマ。


短い挨拶のあと、身近な近況になって
その後は、例のアポ詐欺、防止対策から
スタートしているようだ。


必ずしも、アポ詐欺には絞れていない。


広い意味での、防犯対策に見える。
いや聞こえる。
漏れ聞こえてきたこと。


おしゃべりの要旨。


玄関の靴、サンダル、下駄等は片づけない。
多人数に見せかける。


芝居又は、擬態。


洗濯ものも同様、若者男性の下着を
干している。
甥っ子のを、借りてる。


一種の目くらまし。

日中の電話は、留守電にしている。

夜に家族が帰宅、留守電の内容を聴く。
必要のものだけ、応対する。


時間差的守備。

電話の話を、録音するとメッセージを
出す電話機に交換する。

これで、セールスの電話も
少なくなった、と言う。


オーム返しをしない貯蓄型。

この録音機能は、面白いようだ。検討した。


我が家の電話機は、電話局がダイヤルから
プッシュに、変更したときに変わった。


40年、いやもっと前か、いろいろ便利な
ものを勧められたが、一番簡単で、一番
安いもので、ねばった。


ねばり勝ちだった。


だから、ダイヤルがプッシュに変わっただけ。


この電話機が、私の次に古いぐらいだ。
家人は、古いという言葉に、敏感だから
この際、比較対象外にする。

家庭平和のもと。 
やはり、安全な暮らしをしたい。
平穏無事がなにより。

ということで、録音のメッセージを
出すものを、買うよう娘に頼んだ。

安心が、買えるなら、それが一番
言うことが、生意気だった。


口を出すなら、金も出せ! 
答えはノン、金持っとらん、だった。


新しい武器が来たら、セールス電話に
立ち向かうことにする。


果敢に、戦うよ!

 

 

クリックをよろしくお願いします。 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

試行、スマホ向け、パソコンでも見られるよ。

これも、また春。

昔、と言ってもずーっと昔。
50年も、昔なんだよ。


電車通勤をしていた。


車中で45分の時間がある。


いや、もっと、かかっていたかも。
特急電車で、いつも座っていた。


車中で出来ることは、新聞、本を
読むか、居眠りするかだ。


それしかなかった。


男性が、毛糸でセータを編む。
そんなことは、考えられない。


スマホガラケーも、もちろん無い。


いえねえ、本を読むことが話しではない。
年老いて、イントロが長くなった。


少し、くどいが、付き合って。


2,3日前のブログに、車中の45分間は
読書タイムだったと書いた。


気になった。
スマホがある。今は、どうなんだろう。


ほとんどの人が、スマホを見てる?
スマホで何をしている?


ライン、ツイッター、フェース・ブック。
ブログは見ているか?


ネットで調査した。


ブログへの流入量は、パソコン40%
スマホ(モバイル)60%だった。


驚き。なんと!


パソコンより、スマホのほうが多い。
これで年寄りは、ますます、遅れるね。


うん、私はガラケー


家人のスマホを、お借りした。
自分のブログを見た。
途中、改行がいっぱい、読みにくい。

途中、下車より始末が悪い。


見たり、食べたり、温泉に入ったり。
途中下車は、したくなる。


スマホの文字は、19文字、15行かな。
短いね、超短い。


言葉を削る、ぐらいじゃ通用しない。
そぎ落とす、これでも長い。


もっと、漢文を勉強しとけば、良かった。


漢字の5,6字で、読むときは
ながーい言葉になる。


漢文の横に、チェックがついている。
レ点と言うか。
上のほうの文字に、帰れだ。


上のほうで、読み順を一、二、三と
書いてある。
読むのに、忙しい、目が回る。


それが、不勉強の原因。


でも、読む人も、分らんといかんかな。


あの通勤時代に、週刊新潮が出た。
お堅い、朝日、毎日、より読みやすい。


関係の人がいたら、ごめんなさい。


つぎに、平凡パンチ
圧倒された。


大橋歩の表紙も、良かった。


アイビールックのスタイル。


このスタイル、長持ちしたのは
加山雄三、永遠の青年。


今は少々、気持ちワリー。


俺は、もっとダサいか。


そろそろ駅のようだね。
会社に、遅れないように(祈)

 

 ランキングに参加しています。
クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吾輩と家人は、猫が好き。

こんにちは、久留米じいじです。

 

今日は、曇り空。
夕べの予報は、寒気団がくる。


天気が荒れる、寒くなるだったが
それほどのことはなかった。


暖かく、なあーれ。

 

毎朝、新聞のチラシを見るというより
その裏が、白紙のものをさがしている。


まあ、だいたい1日2枚、多くて3枚。
パ〇〇コの宣伝が多い、新台入れかえと
書いてある。


この裏白紙を4っに切り、メモ用紙に
している。


チラシ。
「散らすもの」から「チラシ」
 (ウィキペディア


昔は、「宣伝ビラ」と言うのもあったが
今はどうだろう。


メモ用紙の話は、別途にするよ。
ネタが、とぼしいときにね。


いつもの通り、裏白をさがす。
猫と犬の姿が、いくつも載っている
チラシがある。


手が止まって、猫のところをみる。
猫グッツ、大安売りと書いてある。


読む。いや読まない。
直ちに家人にわたす。


情報提供者になる。
ポイントをかせぐ、地位向上をねらう。


家人「この雑貨スーパーに行ってくる」
私「早くゆかないと、売り切れになるぞ」


気持ちよく、送り出す。
私も、家人同様、猫好きだからね。

f:id:noritomi294:20161121203224j:plain
      こわれる前の猫ベッド


一人+一匹になった。一匹は猫のモコ。
静かに推理する。


やつは、猫グッツの何を、買ってくるか。


まず、1点だけではない。
我慢できない。


少なくとも2点、5点は多すぎる。
そんなに、ふところがゆたかではない。


なぜ?3月は年金支給日ではない。
まあ、3点ぐらいが、妥当か。


ここからが、むずかしい。
して、その3点の品名は?


私「ねえモコ、お母さんは、なにを
買ってくるかなあ」
モコ「知らないニャー」そっけない。


猫のつめとぎが、すりへって真ん中が
くぼんでいる。


第1候補、決定。
モコのつめとぎ。


つぎは、「猫つぐら」だ。
わら造りの猫ハウス。


少し前に、ネットで見つけた、やつに
見せた。


これは、九州にはない、珍しい。
出所は、東北のほうだったか。
あの時、欲しそうだった。


第2候補、決定。「猫つぐら」


つぎが、もっとも難しい。
猫じゃらし、ノン、先日買ったが
見向きもしなかった。


ネズミの早く動き回るやつ。
見ている、止まったら、砂かけをした。


キャットタワーか、まさか、あんなに
大きいものは、自転車にのらない。


そうだ、円形の猫ベッド、秋にこわれて
まだ買っていない。


俺のゆり椅子に、ペットあんかをおいて
その上に、毛布を敷いて寝ている。


第3候補、円形猫ベッド。


お客が、多かったよ。
グッツの種類も、多くてね。
見ているだけで、楽しかった。


モコを連れていって、遊ばせたかった。
私「おいおい、商品で遊ばせたら全部
買取りになるぞ」


結果発表。


猫のつめとぎ、ビンゴ、当たり。


猫の顔面マッサージ、外れ
こんなものが、あるとはねえ。


紙の袋、外れ
ガシャガシャと、音のするやつ。


またたびスプレー、外れ
これは良い、すっかり忘れていた。


4点で、品数も外れ。
品物は、爪とぎだけの、1点だけが当たり。


50年以上、ともに暮らしているが
俺の推理力は、この程度のようだ。


アガサ・クリスティの、おばさんには
程遠い。


私「モコ、円形ベッドは、お預けだ」
モコ「ケチだニャー」


この話は、家人に伝えない。
鼻先で、笑われるのがオチ。


猫って、可愛いですね。


ランキングに参加しています。
クリックをよろしくお願いします。 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旅の始まり。

こんにちは、久留米じいじです。
筑後平野にある久留米です。


ありがたい、今日も晴れ。

友達は、旅に出かけた。


私も、旅に出る。


いいや違う。ブログの旅ではない。


寒風は、少し暖かい風になった。


立ち上がろう。


外は、カササギが巣を作り始めた。


もちろん、夫婦で、電柱に。


あまり、働き者とは言えないね。


朝の短い間、小枝を拾って。


電柱の、支持物の、間に渡す。


うまくゆかない、落っこちてしまう。


ひろわない。


枝をさがしに、飛び立つ。


直下に落ちた枝は、たくさんあるよ。


もっと、合理的にならんかい。


強い風が吹くと、吹っ飛ぶよ。


途中で、休んだら駄目だ。


家を建てる、棟上げみたいにね。


骨組みだけは、作ろうよ。


家人は、なにを見てるの、と言う。


真上を指さし、あれ。
真下を指さし、これ。


ああ、カササギの、巣造りかい。


始まったね。
無事に、出来るといいねえ。


声が、遠ざかる。


洗濯ものを、干しに行った。


カササギの、姿はないようだ。


遊びに、出かけたよ。夫婦でね。


さあ、今から、歩行練習だ。


千里の旅も、一歩から。

これも、春。



補記
カササギは、筑後平野佐賀平野
住んでいます。
朝鮮半島から、冬の北風に乗ってきた。
住み心地が良いから、留鳥になった。
黒と白のツートン・カラー。
美しくて、人のそばが好き。

 

 

ランキングに参加しています。
クリックをよろしくお願いします。 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村