老老夫婦の暮らしは、面白いに決まっちょる。

暮らしのこと,花や庭木,感じたこと,雑文ブログ。

身の丈に合う、お天道様が見ている。

おはようございます。

久留米のじじいであります。

 

 

豪雨の被害の多さに身がすくんでいます。

梅雨明けを心から望んでいます。

 

 

家人「身の丈にあった暮らしって

今のうちのことだねえ」

私「ほう、そうかねえ」

 

 

家人「あんたと一緒になって、ずーっと

給料で暮らしたんだ」

私「会社からもらう給料だけで暮らした」

 

 

身の丈にあった暮らしって、結局俺たちは

給料に合った暮らしと同じ。

いや、お金が入ってくるものは、給料だけ。

否応なく、これで暮らした。

 

 

家人「不思議なものだねえ、足りない足りないと

言いながらこれで何とかなった」

私「少しずつだが、家具も増えていった」

 

 

本当に不思議な話で、足りないと言いながら

物は増えていった。

子供が2人になると、もっと足りないと

言いながらも家財道具は増えていった。

 

 

家人「何度も転勤で家を変わったけど

不思議と災害に会わなかった」

私「無事だったから言えるんだ

五島福江での台風は、あんたもろとも

家が飛ばされるところだった」

 

 

家人「恐ろしかったけど、ジッと

していたら通り過ぎて被害はなかった」

外になおし忘れたバケツがなくなった。

被害の内には、入らんだろう。

 

 

今年の梅雨はひどい。

被害が大きい。

 

 

災害の時いつも家人と話すことは。

今、この年齢で家を失ったら、茫然となって

再起不能になるだろう。

 

 

私「私たちは、運が良かったのかも」

家人「そうですね、お天道様が見ていたから

でしょうね」

 

 

今は、仕事らしい仕事もない。

まあ、この体では仕事は出来ないが

それでも、年金と言う給料が来る。

うちでは、給料と言う感覚が抜けきれない。

 

 

年金の支払日が近くなると、もう給料だねえ

なんとかなったねえ。

そう言う話になる。

 

 

お金だけではない。

老老は、体も磨り減っている。

体のあちらこちらが故障する。

無事に、体も乗り越えた。

 

 

次の給料までがんばろう。

家人「お天道様が見ているからね」

 

 

では、また明日。

 

 

 ポチッとをお願いです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

 

 

もう帰ろうよ、皆無事だろうか。

おはようございます。

久留米のじじいであります。

 

noritomi294.hatenablog.jp 

 

 

久住の南斜面のすそ野で暮らしたい。

幾つかの空き家を見た。

ここなら住めると言う、決断が

つかなかった。

 

 

家の持ち主も、いざゆずると言う

段階になると

ご先祖様からの土地家屋だと言い出す。

 

 

会社の退職は、誕生、結婚の次で

第3の人生のスタート。

ここで、滞った。

 

 

退職と言うレールはもう敷かれた。

変更は出来ない。

 

 

***

故郷に帰ろう。

そこに家を建てて暮らそう。

 

 

幸いと家を建てる土地は、そこに

持っている。

久留米の南端の方。

暮らすには、便利が良い。

 

 

念願の野菜作りは、畑を借りる

ことにした。

後継ぎがいない。

そう言う耕作放棄地はあった。

 

 

野菜作りで、自然は出来るだけ壊さない。

農薬は、化学肥料を使わない。

生ゴミを微生物で発酵させて肥料にする。

私にできるエコロジー

 

 

ここから微生物とのお付き合いが

始まった。

有用微生物群EM)である。

生活に役立っている微生物の幾種類かを

共存させたもの。

 

 

培養、発酵と言う作業で生ゴミ

立派な肥料になる。

しかし、微生物は生きている。

条件をきっちりと守らないと

思うように発酵してくれない。

 

 

そこが、面白いところでもある。

 

 

微生物を使用した肥料で野菜作りをする

グループに参加した。

インストラクターの資格を得て

講習をした。

他のグループの立ち上げの応援もした。

幼稚園の野菜作りのお世話もした。

 

 

***

家人も昔からの発酵食品に

興味があって

梅干、ラッキョウ漬けから

スタートした。

発酵食品も結構種類が多い。

 

 

色々と作っていたが、その季節次第で

出来上がりが変わる。

泣いたり笑ったり。

 

 

福岡の甥っ子が経営する店にも出した。

 

 

野菜作りも、発酵食品も「おいしい」と

言われることが一番嬉しいし

励みにもなる。

その言葉がいただけるから、続けられた。

 

 

それも、20数年間たつと、体力が

伴わなくなる。

75才の後期高齢者と言うのは

その節目だった。

 

 

そこからが、新たな第4の人生の

スタートとも言える。

野菜作りも、家人の発酵食品作りも

これを境に終わった。

 

 

***

家人「あのとき、久住に暮らしていたら

今ごろはどうなっていたでしょうかねえ」

 

 

今度の水害は、大分もひどい。

竹田は川に囲まれている。

 

 

家人「もう少し様子を見てから

電話してみますよ」

あの頃、お付き合いがあった人達は

無事であってくれたら良いが。

 

 

やれやれ、今日もまた梅雨前線が

近づいてくる。

 

 

では、また明日。

 

 

 ポチッとをいただけると

嬉しいのであります。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

 

 

 

メダカは、大食漢。

おはようございます。

久留米のじじいであります。

 

f:id:noritomi294:20200705191922j:plain

 決定的な証拠写真、ではないですね。

 

 

メダカの育ては、初めて。

ずぶの素人なのであります。

 

 

なんとか、5週目を過ぎた。

全員、7匹が無事。

 

 

私「あんた、どう思うね」

家人「なんですか」

私「メダカだよ、少し太りすぎみたいだ」

 

 

家人「どうしてさ」

私「下腹がぷっくりふくらんでいる」

家人「そうですかねえ、そう言われると

そう見えないこともないなあ」

 

 

***

例の通り、ネットで調べた。

 

 

餌のやり過ぎは良くない。

メダカは、食べ残す。

その余りが、水を汚す。

 

 

それで、生育が悪くなったりひどい

ときは死んでしまう。

そんな答えが多い。

 

 

メダカ自体が、食べすぎてメタボに

なることはどこにも書いてない。

 

 

それは、そうだろう。

 

 

見たブログのほとんどは、メダカの

生産者である。

食べすぎて死んでしまうなどとは

書けない。

もし、そんなことがあっても

書けない。

評判を落とす。

 

 

そう考えるのは、ゲスの勘繰りで

へそ曲がりなのだろう。

 

 

***

家人「あんた大分での金魚のこと

忘れたかい」

私「餌を食べすぎて、お腹がパンパンに

ふくれてさかさ泳ぎをしていたことだろう」

 

 

家人「ああ、そうだよホームセンターまで

行ってたずねたろうが」

私「そうだった、係の人がそんな事も

あるのですかと驚いていた」

 

それでもその人は親切で、金魚の生産者に

電話をしてくれた。

係員「大丈夫だそうです、金魚は貪欲で

どれだけでも食べるそうです、少し餌を

控えてください」

そう言った返事だった。

 

 

金魚は無事だった。

 

 

娘は、餌はいつもの半分にすると返事した。

 

 

ここら辺のことをすっかり忘れていた。

家人ははっきりと覚えていた。

 

 

***

金魚は大食漢だった。

メダカも同じだ。

 

 

メタボ気味のメダカはいただけない。

メダカは、細身でスイスイと泳ぐから

メダカと言える。

 

 

で、結論は3食から朝と夕方の

2食に変更する。

 

 

メダカ君よ、すまん耐えてくれ。

スマートなモデル体型になってくれ。

 

 

メダカは、スイスイと泳がんと

いかんのだよ。

 

 

では、また明日。

 

 

 ポチッとをいただくと

嬉しいのであります。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

線状降水帯は、恐ろしい。

おはようございます。

久留米のじじいであります。

 

昨日、夕方宅配がきた。

静かなのはここらへんだけですよ。

どこもここも道路に水で難儀しています。

 

家から1歩も外に出ないので近くのことが

わかりません。

 

娘「それが一番、邪魔にならないのが一番」

そう言って通話が切れた。

 

 

熊本、球磨川水系で出水、人吉市

被害が大きい。

人吉盆地は、球磨川水系の途中で

開けたところ。

この下流が、谷間になって狭まっている。

 

 

ここに降水が滞留して、人吉の町が

水に浸かって大きな被害が出た。

 

 

***

その翌日、線状降水帯は、久留米の

上空に停滞した。

昨夜からの雨足が強い。

屋根に当たる雨の音がうるさい。

朝から、スマホに警報が入って来る。

 

 

筑後川が、この雨で増水している。

昼過ぎには、警戒水位になった。

続いて洪水氾濫警報が出された。

老人の早期避難指示も出た。

 

 

スマホは、あわただしく警報を出す。

うるさいほどで、座布団を被せた。

家人は、笑った。

 

 

「その気持ちは、わかる」と言った。

 

 

***

家人「家が川のそばだったら、今頃は

避難していますよね」

私「さあ、どうだか」

雨足は相変わらず強い。

 

 

車は持っていない。

こういう時は、タクシーがすぐに来て

くれるかどうか。

私「避難所に行くにも行けないよ」

家人「行ったら行ったで、コロナの事も

心配です」

 

 

幸いと今住んでいるところは、市内でも

少し高いところだ。

昭和28年の大洪水の時でも水は

入らなかった。

山の斜面もない、がけ崩れの心配もない。

 

 

***

子供のころは、家の前が川。

 

 

毎年梅雨のころには、浸水する。

一度は、公園の大きな木に登って助けを

待ったこともある。

こっぴどく怒られた。

 

 

水辺の暮らしは、良い所だが一旦様子が

変わると恐ろしい、命がけだ。

 

 

それに加えて、毎年のことながら出水後の

後かたずけが大変だった。

どろりとした泥水をくみ出す。

梅雨明けまで待って、床下をかわかす。

 

 

殺虫、消毒の粉をまく。

不便で、大変だった。

これが、毎年続いた。

 

 

***

治水計画で護岸をコンクリートで固めた。

多少の雨では、こわれなくなった。

しかし、大量の雨が降れば水は溢れる。

 

 

高度成長期になり、道路も河川もコンクリート

固められ上流には、洪水防止、発電、工業用水の

ためのダムが作られた。

河川は暴れることが、少なくなった。

 

 

しかし、近年の異常気象で局地的な

豪雨が発生する。

線状降水帯と言う。

 

 

コロナにしろ、豪雨にしろもっと自然に

寄り添うような手法が必要になって来た。

そんな気がする。

 

 

「開発」と言う言葉は、もういらない。

 

 

***

いま、線状降水帯は、北上している。

九州北部の沿岸に停滞している。

また、南下してくるかどうか。

 

 

梅雨明けをしてくれないものか。

願っている。

 

 

では、また明日。

 

 

 ポチッとをいただけると

嬉しいのであります。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

今年初めての蝉。

おはようございます。

久留米のじじいであります。

 

昨日は線状降水帯が張り付いたままで

筑後川の水位が氾濫レベルになりました。

大雨洪水警報レベル4が何度も出ました。

 

お年寄りの早期避難の要請もあったのですが

小高い所で水の心配はありません。

 

娘「家から1歩も出ちゃいかん」

2人と猫のモコは、ご命令を守りました。

 

f:id:noritomi294:20200705190747j:plain

クマゼミさんです。

 

ザボンの木の下に、セミがいました。

今年、始めて見ます。

ワシワシと鳴く、うるさいやつです。

正式の名前はクマゼミ

 

 

出てきたのが少し早かったのか

弱弱しい。

気が短くて、せっかちなのでしょう。

 

 

***

学校の先生が教室で

「おや、セミが鳴いているねえ」

と話した。

 

 

子供たちは、一斉にしゃべりだして

騒然となりました。

 

 

もうだいぶ前から鳴いているよ。

鳴いているのは、チーチーセミだよ。

あれは、公園の桜の木にいるよ。

幹の色と同じで見つかりにくいよ。

良く見ないとわからないよ。

 

 

日曜日に朝早く公園に行くと、低いところに

止まっているから、捕まえやすい。

セミが鳴くと梅雨は開ける」

じいちゃんがそう言ったよ。

 

 

セミは地面から出て来て、木を登って

殻を脱いでセミになるよ。

 

 

***

先生は、みんなが話すことを黒板に

書いていました。

ひとあたり、みんなが話して

静かになります。

先生は、みんなよく知っているねえ。

 

 

そう言って、理科の本を出して話します。

セミの卵は木に産みつけられて、幼虫になり

地面に降りて、土に穴を掘り7年間もそこで

くらします。

 

 

初めて聞く話で、真面目に聞いています。

話しが終わると、みんなは又しゃべり

始めました。

 

 

***

これからアブラゼミが出てくるよ。

鳴き声は、キリキリだ。

それから、ワシワシ。

鳴き声がうるさい。

 

 

桜の木には、何匹もとまっている。

カラスが来てくわえて行った。

1匹が鳴き止むと、全部鳴き止む。

朝早くだと、低いところにいるから

捕まえられる。

 

 

逃げる時は、おしっこをかける。

ラジオ体操の時は、もう鳴いている。

 

 

話しは、とぎれてきます。

先生は、これも黒板に書いていました。

 

 

最後に、自分が知らなかった話を

ノートに書きましょう。

今日の理科の時間は、これで終わります。

 

 

先生、秋になるとツクツクボウシも出ます。

みんなは、ウンウンとうなずいていました。

 

 

***

この先生は、知識は体得する。

その場所に行き、観察する。

そんなことを理解してもらいたかった。

 

 

子供たちと一緒に理解する。

 

 

この先生が、一番印象に残っています。

ずいぶん昔のことだから、ゆっくりと

勉強していました。

 

 

学校の池の周りで、オタマジャクシ、カエル

メダカを見ていたこともあります。

 

 

学校横の小川にみんなが入って、網やざるで

魚を採ったこともあります。

コブナ、メダカ、小さいエビなど。

バケツに入れて、名前の勉強でした。

それがおわると、放流しました。

 

 

秋には、取り入れ 間近かの田んぼに行き

イナゴ、バッタを追いかけ、女子は花を

摘んでした。

 

 

先生は、お米の話しをしました。

子供たちの質問に丁寧に答えていました。

 

 

***

このことが、私の自然観のおおもとに

なりました。

この年齢になって、良かったと

納得しています。

 

 

では、また明日。

 

 

 ポチッとをいただくと

うれしいのです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村