老老夫婦の暮らしは、面白いに決まっちょる。

暮らしのこと,花や庭木,感じたこと,雑文ブログ。

もっと、おしゃべり言葉にしてみるよ。

おはよう。

久留米のじじいだよ。

 

 

あのね、ブログのネタにこまっているの。

こういうことは、年に数回あるよ。

珍しくはないがねえ。

 

 

こまったことなんだよ。

何にこまるかって。

 

 

タツに入って面白くない顔をしていると

 決まってあいつ、いや家人殿がねえ

ひやかしの言葉をかけるんだなあ。

 

 

「また、詰まりましたか」ってさ。

 

 

言葉が悪いね。

お腹の調子と間違えるじゃん。

 

 

長い年月、ともに暮らしていると

そう言うことには、ピンと来るようなんだ。

 

 

だからね、いかにもネタ切れをしていないと

言うような顔をして頑張っているのだけど

いつも失敗するね。

 

 

いや、今日はそのことを話したいんじゃあ

ないんだ。

 

 

***

今朝、見たブログにね。

 

 

文章ってものは、難しく考えるから書けなくなる。

おしゃべりは何も考えなくて、スラスラッと言える。

そんなふうに書けば、良いよって書いてあった。

 

 

なるほどね。

おしゃべりするように書くかあ。

 

 

それだと、普通に話して相手にじゅうぶんに

内容が伝わっているよな。

だから、ワシの下手なジョークも笑えなくても

冷やかしたり、けなしたりをしてくれるよ。

 

 

家人は「おや、またかい、笑えないよ」と

言ってる。

 

 

ここまでくれば、ワシのこんたんも

バレバレだよね。

ええそう、そのとおりよ。

 

 

試してみたかった。

 

 

おしゃべりするように、ブログを書い

て見たかった。

 

 

***

ええっ!

面白くもなんともないか。

親父ギャグのほうが、もっと良いか。

 

 

なんかしんらつだなあ。

うちの娘みたいだよ。

ワシの冗談は、あいつ鼻で笑うんだ。

 

 

これは、本当だよ鼻で笑う。

フンと言う顔をするよ。

 

 

だから、真剣に考えたのさ、

話し言葉で、ブログを書いてみようってね。

 

 

これで、笑ってくれたら

娘に「どうだい、これで笑ってくれたよ」と

話すよ。

 

 

だけどね、自信はないなあ。

 

 

おしゃべり調で書くとなると

あれ、ワシはこんな調子でしゃべって

いたのかって考え込んでしまう。

 

 

だから、これ以上話が進まなくなった。

 

 

話し言葉って、高級言語なんだろう。

そこに原因がありそうだ。

 

 

おしゃべりって、むずかしいなあ。

もっと、上品にしゃべらないと

使い物にならんね。

 

 

では、またあしたね。

 

 

 ポチッとをいただくと

ほっこりですよ。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村