御年78才夫婦の暮らしは面白いに決まっちょる。

暮らしのこと,花や庭木,感じたこと,雑文ブログ。

笑いは良薬、手がふるえる。

おはようございます。
久留米のじじいであります。
 
 
台風19号の、お見舞いを申し上げます。
 
 
相模原の息子と家族。
無事だと早朝に電話が、あった。
 
 
家人と二人「ほっ」としています。
 
 

f:id:noritomi294:20191012165145j:plain

 ニゲラのつぼみ、または実、わかりません。
 
エー相変わらず、良薬を飲んで
いますがねえ。
効かないのかな。
 
 
 
寄る年並には、かなわない。
ひどくはないが、時々手がふるえる。
 
 
それが証拠に、「わ」と書いた字が「れ」と
判断がつかなかった。
 
 
自分で書いた字、なんだけどね。
 
 
 
 
宅急便が来た。
ここに、フルネームでサインをくださいと言う。
 
 
名前を書いたが、ふるえた字で良くわからない。
これで良いですよ、と言って持って帰った。
 
 
本当に、大丈夫かよ、と少し心配だった。
 
 
 
 
手がふるえて、チューブの歯磨きが
歯ブラシに載らなかった。
 
 
洗面の場所に落ちた。
歯ブラシですくおうかと思った。
 
 
汚い、止めた。
 
 
やつの歯ブラシでと、考えたが
チューブには、戻せない。
 
 
あきらめた。
 
 
 
 
ヒロシ風に。
じじいです。
手振れ防止の、キーボードはありませんか?
 
 
じじいです。
カメラには、手振れ防止があります。
手に、手振れ防止装置はありません。
 
 
 
じじいです。じじいです。じじいです。
 
 
 
 
役所の書類に署名をした。
字がゆがんでいる。
 
 
更に印鑑を押したが、これもゆがんだ。
 
 
すみませんが、やり直してください。
そう言われた。
 
 
 
 
カランゴエの花は、小さいものが
集まっている。
 
 
小さい枯れた花が、見苦しい。
 
 
ハサミで切るがまだ美しい花も
一緒に、切ってしまった。
 
 
家人「なお、見苦しくなったよ」
 
 
 
 
花に、トンボが止まっていた。
カメラをマクロにして、近づいた。
 
 
ほんの少し、手がふるえた。
トンボは、見逃さなかった。
 
 
はい、サヨウナラ、だった。
 
 
 
 
湿布貼りを、頼まれた。
背中で、やつは届かない。
ワシは、ふるえる手で貼った。
 
 
少し、ゆがんだ。
ありがとうは、なかった。
 
 
「仕方がないさ、我慢する」という。
 
 
 
 
目がかすんで、針に糸が通らない。
私「貸してみろ、ワシがやる」
 
 
家人「無理だよ、手がふるえる」
私「両手が、同じにふるえれば
止まっている」
 
 
糸は通った。
 
 
 
 
料理の運びを手伝った。
手がふるえる。
 
 
食卓で、おかずが皿から落ちた。
そっと、のせた。
 
 
やつは、気がつかなかった。
ホッとした。
 
 
 
 
野菜の芽が出た。
種子をまきすぎて、密集している。
 
 
間引きを、はじめた。
どっさり採れてしまった。
 
 
どうしよう、戻せない。
 
 
 
 
涼しくなったせいか。
ゴキブリが出て来た。
 
 
手が届くところまで来ている。
始末してやる。
 
 
ティッシュを手に持ち、ふるえる手で
押さえた。
 
 
やつは、潜り抜けて逃げた。残念。
 
 
 
 
新聞の記事に、良いことが書いてある。
これは、ブログに使えそうだ。
 
 
ハサミで切り抜いた。
手がふるえる。
大きめに切りぬいた。
 
 
家人が、怒った。
まだ、読んでないのに!
 
 
 
 
カメラをマクロにして超接近で
花に近寄る。
 
 
額に蚊が止まった。
ふるえる手でパチン。
 
 
蚊は逃げた。
カメラは花に当たり散ってしまった。
 
 
 
お後が、よろしいようで。
では、また明日。
 
 
ランキングに挑戦中です。
クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村