御年78才夫婦の暮らしは面白いに決まっちょる。

暮らしのこと,花や庭木,感じたこと,雑文ブログ。

にわとり裁判。

おはようございます。
久留米のじじいであります。
 

f:id:noritomi294:20190930163742j:plain

 さつま芋の盆栽って、ありますかねえ。盆栽鉢に仕立てるか思案中です。
 
 
おんどりには、鳴く権利がある。
フランスの苦情裁判。
 
付近の住民が、眠れないと主張した。
結果、原告敗訴になった。
 
理由は、地方に生活に根付いた様々な音を
保護するために、新たな「モーリス法」を
制定することを、提案した。
 
大人の国だなあと思った。
 
どこかの国は、保育園を作るのに反対。
保育園児は、おんどりと同じようにうるさい。
 
このどこかの国は、子供の国だと思った。
 
自分の子も。
人様の子も。
地域の宝と言うことが、無くなってしまっている。
 
苦情を言う人は、人里離れた静かな所に
住んだらどうかね。
 
 
 
父は私が、4才の時に亡くなった。
母は、5才の時に再婚をして出て行った。
祖父母のもとで、養鶏の収入で育ててもらった。
 
社会人となり、就職して祖父母のもとを離れた。
私に手がかからなくなって、養鶏を止めた。
感謝をしている。
 
その時、周りの家に祖父母は、卵を持って行き
長い間、ご迷惑をおかけしました、と詫びて
まわったそうだ。
 
このことは、ずいぶん後で親類の人から聞いた。
 
涙が出た。一生恩義に感じている。
 
 
 
畑の野菜作りをしている時は、養鶏所から
鶏糞を手に入れて、肥料にしていた。
 
その養鶏場の主と、家の前でばったり会った。
 
病院の帰りだ。
あんたは、畑を止めたと聞いたが元気かね。
あたいは養鶏を、まだ続けているがねえ。
 
まわりに家が、建ち混んで来て苦情が来るよ。
鳴き声がうるさいのと、臭いがくさいからねえ。
 
養鶏を始めたころは、うちの他に家はなかった。
たんぼの、ど真ん中だったよ。
 
俺も年寄りになったが、子供たちは後を継がない。
それで、ご近所には俺の代で、お終いにするからと
詫びているよ。
 
寿命は、わからないからね。
100才以上に生きることもあるよね。
(少し、しぶとさが見えた)
 
他には、方法がないよ。
移転するには、莫大な費用がいるからね。
 
何にも、気が利いたことは言えなかった。
 
元気でな。
そう言ってわかれた。
 
養鶏を止める時に、祖父母があやまりに
回ったことを、話そうかと思ったが。
当てつけがましいので、言わなかった。
 
では、また明日。
 
 
 ランキングに挑戦中です。
クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村