御年78才夫婦の暮らしは面白いに決まっちょる。

暮らしのこと,花や庭木,感じたこと,雑文ブログ。

YOUは、何しに日本へ。

おはようございます。
久留米のじじいであります。
 

f:id:noritomi294:20190916171915j:plain

 
 
お隣の国が、騒がしいですね。
ときどき、話題が会話になります。
今は、玉ねぎ男というネーミングが話題。
 
 
家人「ハンサムで良い男なのに・・・」
私「ハンサムでもいい男でも、悪いことを
するやつがいるさ」
 
 
話しは、このことじゃあないんです。
 
 
「YOUは、どこから来たの」と空港でたずねる
テレビドキュメントがありますね。
来る人は、世界各地から。
 
 
人は、本当にさまさまだと思います。
来た目的を、たずねます。
観光、ビジネス、勉強、旅行。
 
 
結婚のために、両親に会いに来ました。
子供が生まれた、顔を見せに来ました。
 
 
コスチュームデザインをもっと知りたい。
アニメーションを、もっと知りたい。
盆栽や忍者を知りたい。 
 
 
まさに、人生の縮図だと言えます。
これは、生きたドラマでもあります。 
 
 
最近は、グルメ。
ある特定の、日本の料理を食べるために
やってきました。
 
 
ええっ、と軽い驚き。
そんな簡単なことで?
 
 
昔、沖縄で海洋博が開催されました。
仕事のおこぼれで、見に行くことができました。
ラッキーでした。
 
 
その会場のレストランで、Tボーンステーキを
食べました。
生まれて、初めての出会い。
大きいのにビックリ。
 
 
「これ、全部食べられるだろうか」
つれの友人が「大丈夫だよ、美味しいから」
超満腹になって、征服しました。
 
 
その後に、あのTボーンステーキは食べてみたい。
そう、思いますがね。
 
 
そのために、アメリカまで飛行機に乗って
行こう、食べにゆこう。
そんなには、一度も思ったことがありません。
 
 
その男性は、アメリカの人。
陽気な男性で、気持ちよく歌う。
 
 
何の歌かって。
なんと、なんと「佐世保バーガーの歌」
 
 
空港で、佐世保バーガーを食べに来たと言います。
それも、本場の佐世保まで食べに行きますという。
 
 
テレビのプロデューサーは、これはねらい目と
喜んだ。(私の勝手な妄想)
同行取材を申し込む。即OK。
 
 
愉快な、陽気なヤンキー気質。
佐世保まで行き、本場の佐世保バーガー
召し上がり。
 
 
ご機嫌で「佐世保バーガーの歌」を歌っていました。
この幸せ感。
私には、絶対に生まれないだろう。
 
 
その後、再度の来日。
相変わらずの「佐世保バーガー」を食べる。
そして、「佐世保バーガーの歌」を歌う。
 
 
こうなってくると、お見事という他に
言葉が見つかりません。 
 
 
その他にも、ラーメンを食べに来るし
回転ずしを食べに来ます。
 
 
もう今では、そんな旅人を見ても
あまり驚きません。
 
 
そんな人生もあるのだ。
そんなに思っています。
 
 
あなたは、ピザを食べに、イタリアまで行きますか?
あなたは、オムレツを食べに、フランスまで行きますか?
 
 
いま、テレビでは外国の人が、和食の修行をしています。
師匠は本気で、教えています。
 
 
本当に、世界は狭くなったようですね。
 
 
新しい形の日本の良さが、生まれてきている。
世界中に新しい形の、日本の文化が出て来そう。
 
 
そんな感じがしました。
 
 
では、また明日。
 
 
 ランキングに挑戦中です。
クリックをよろしくお願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村