御年78才夫婦の暮らしは面白いに決まっちょる。

暮らしのこと,花や庭木,感じたこと,雑文ブログ。

おもてなし、折りたたみの椅子

おはようございます。
久留米のじじいであります。
 
畑のいす。
畑に折りたたみの椅子を、2脚置いていました。
誰かが来て、ゆっくり休んでもらって
たわいもない世間話をします。
 

f:id:noritomi294:20190911214104j:plain

 
立ち話では、あわただしい。
私が年配ですから、まあ来る人もご年配。
 
そんなわけで、畑に行くと、この折りたたみの
椅子を置くのが、一番最初の仕事でした。
 
もう、近所の皆さんは、とっくにこの椅子の
ことは、ご存知でした。
私が畑に出ていなくても、勝手に椅子は出して
お座りになっています。
 
私より先に来て、お待ちになっていられます。
そんなことも、時々ありました。
おかげさまで、椅子を出す労力が省けました。
 
訪れる皆さんは、おなじみさんで時々
差し入れがありました。
飴玉2個、煎餅2枚、栄養ドリンク2本だったり。
ええ、家人と二人分でしょう。
 
特に、旅行に行かれた方は、そこのお菓子を
あげたくて、旅行のことを話したくて、来られました。
まあ、おしゃべりの相手をした、お駄賃ですね。
 
あの、温泉は良かった。
夜の料理は、まあまあだった。
朝のビュッフェは、食べきらんごとあった。
こんな、他愛のない話です。
 
でも、年に数回の温泉行は、皆さんの楽しみです。
ご飯の用意や、布団も敷いてくれる。
これが、一番。
 
お話が、長いときは脇の草を取りながら聞き役です。
小さな、おしゃべりの輪ですね。
 
 
 
ドライブのお供。
思えば、この椅子たちとの付き合いは長いものです。
九重の山にも、大分の海にも連れ行きました。
 
山々の景色の良いところで、椅子を出して一休み。
阿蘇大観峰での景色は、忘れられません。
海では釣竿をスタンドに立てかけ、ゆっくりと眺める。
漁船や遠くにフェリーが見える。
 
雲の流れゆっくりと見れます。
ゆっくり座れる椅子がある。
のんびりくつろいで景色を眺めていられます。
 
今思えば、これで自然と向き合っていたようです。
なつかしい。
この椅子に座って、二人でながめた感動を
話していました。
 
 
 
畑を止めた今。
この折りたたみの椅子は、家に戻ってきました。
出戻り?
 
そんなことが、椅子たちに聞こえたら怒ります。
畑でのお役目が終わったので、ご帰参です。
で、御用がないときは、折りたたんで物置のなかです。
 
なに、ほかに御用があるかって。
それが、あるのです。
立派な、お勤めがあります。
 
家人のお友達が、時折り訪れます。
胸の内のモヤモヤを、話しに来られます。
こんなときに、折りたたみの椅子が活躍します。
 
ザボンの木の下。
 

f:id:noritomi294:20190911214154j:plain

 
小屋の横。
日陰の涼しいところで。
長いお話が続きます。
 
胸の内のモヤモヤは、はきだすと落ち着きます。
これで、椅子たちの御用もおしまい。
 
しかし、もう相当に傷んでいます。
 
家人「もうすぐに、おしまいになるね」
私「時間の問題だ」
 
家人「張り替えてくれるところは、ないかねえ」
私「多分、ないと思うよ、新しく買った方が
安いだろう」
 
家人「そんなもんかねえ、何かかわいそうだよ」
私「もったいないとは、思うがね」
 
まあ、どんな品物でも寿命はある、終わりはきます。
それまでは、ていねいに使おう。
 
何日か前に、100円ショップの前のベンチがあるから
安心で、嬉しいとブログに書きました。
ブログ友のコメントに、どこの店の前にも椅子が
あると嬉しいとありました。
 
町中にたくさんベンチや椅子があると
お年寄りが、元気になります。
 
このことが、きっかけで我が家の
折りたたみの椅子のことを、書きました。
 
椅子やベンチは、人を「おもてなし」しています。
町中の店の前に、あれば良いと考えました。
 
では、また明日。
 
 
ランキングに挑戦中です。
クリックをよろしくお願いします。 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村