御年78才夫婦の暮らしは面白いに決まっちょる。

暮らしのこと,花や庭木,感じたこと,雑文ブログ。

トマト苗を捨てきらん。

久留米じいじです。
 
 
今回は、写真が多いよ。
捨てきらんかった、トマト苗の写真。
 
 

f:id:noritomi294:20190718130613j:plain

奥の小さいバスケットも、同じ種類。 
 
トマトの、水耕栽培を始める。
 
 
生食とサラダで美味しかった
生産者のトマト。
 

f:id:noritomi294:20190718130652j:plain

生産者のトマト、一足先に育った。 
 
もう一つ、娘が持ってきた
超旨のトマト。
 
 
これは、一流食品会社〇ごめの
高級トマト。
 
 

f:id:noritomi294:20190718130737j:plain

 車を止める脇に鉢植え、生産者のトマト。
 
この2個から、ゼリー状の種を
取り出して、
苗を育てた。
 
 
水耕栽培で使うのは、それぞれ
2本の4本。
 

f:id:noritomi294:20190718130810j:plain

 門扉の前、〇ごめのトマト。
 
 
しかし、発芽したものが可愛い。
捨てきらんかった。
 
 
結局、育ったのは12本。
 

f:id:noritomi294:20190718130851j:plain

つわぶきのお隣。
 
 
久しぶりにN氏が来た。
玄関脇のトマト見た。
 
 
N氏「これなんだね、鉢植えに
するのか」
 

f:id:noritomi294:20190718130922j:plain

 玄関フェンスの内側。
 
 
私「水耕栽培だよ、旨かった
トマトから種取りをした」
 
 
N氏「お前、馬鹿かよ、トマトも
F1だよ」
 

f:id:noritomi294:20190719104042j:plain

花壇の端っこ。 
 
私「F1かあ、旨いトマトは
できんなあ」
 
 
N氏「当たり外れが大きい
外れと、思っていた方が確実」
 
 
F1は、交ばい雑種代1代で
優勢のものだけが現れる。
 
 
この次の雑種第2代は
劣性形質が
現れる。
 

私が育てたものは雑種の第2代。
このことを、家人に話した。
 
 
家人「そうは問屋が卸さないか」
 
 
私「どれが当たりかわからん
選びようがない」
 
 
家人「折角、ここまで来たなら
全部育てる」
 
 
私「全部か、12本だよ」
 
 
家人「水耕栽培、鉢植え、花壇」
私「駄目もとか」
 
 
家人「あんたがいつも言う
下手な鉄砲だね」
 
 
私「失敗は成功のもと」
 
 
枯れたら仕方がない。
見切りをつける。
 
 
水耕栽培が5個、鉢植えが4個
花壇が3個になった。
 
 
梅雨が明けたら、水やりに忙しい
ことになりそうだ。
 

あっちこっちに植えた。
見落としてしまいそう。
 
 
トマトもF1ですかねえ。
 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村