御年78才夫婦の暮らしは面白いに決まっちょる。

暮らしのこと,花や庭木,感じたこと,雑文ブログ。

キューリの種。

久留米じいじです。
 

f:id:noritomi294:20190717134831j:plain

 緑色の千両ナスの花、花芯がバナナに似ている。
 
 
キューリの種が手に入った。
しかし、地ばいキューリではない。
 
 
この地ばいの種を娘に頼んだ。
地ばいどころでなかった。
 
 
キューリ自体の種が品切れだった。
 
 
大体が、この時期から水耕栽培
始めようの魂胆がいけなかった。
 
 
前に思いついとけばと思うが。
 
 
時すでに遅し。
 
 
本日は、からりと晴れ上がった。
風も少しあり、しのぎやすい。
 
 
私「お昼はどうする」
家人「さあ、何も決めていないよ
どうしてだね」
 
 
私「スーパーまで散歩に行く
なにか買い物があればと思った」
 
 
家人「一人で大丈夫かい、ついて
行こうか」
 
 
私「そろそろ、ツバメやスズメの
親離れだ私も、独立心を養うよ」
 
 
家人「独立心かあ、本音は
キューリ苗か種がないかなあ
だろう」
 

私「いつものことながら、図星」
 

歩くことが目的だが、手に入る
ことを、
期待している。
 
 
種物の棚には、秋どりキューリの
種があった。
 
 
おお、神様がわかって下さった。
 
 
種を使うのは数個、余りが多いが
仕方がない。
 
 
来年まで保存だ。
使えるかどうかわからん。
 
 
キューリのための水耕栽培
バスケットはすでに用意済み。
 
 
種をまくか。
それともビニールポットで苗を
作るか悩むところ。
 
 
お昼にたべる、パンも一緒に買う。
 
 
私「種があった、神様が味方を
した、日頃の行いが良いからだ」
 
 
家人「へへん」鼻で笑った。
 
 
話しを、ここまでにしておこう。
 
 
続けると、どんなイチャモンが
つくかわからないからね。
 
 
 
ランキングに挑戦中です。
クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村