御年78才夫婦の暮らしは面白いに決まっちょる。

暮らしのこと,花や庭木,感じたこと,雑文ブログ。

花の、水耕栽培はないようだ。

久留米じいじです。
 

f:id:noritomi294:20190624161139j:plain

カランゴエは、小さい花の集まり。ピントが甘いのもご愛敬。

花の水耕栽培と言うのは、聞かないなあ。
なぜ、ないのだろう。
 
せいぜい、学校教材としてヒヤシンスが
あるだけ。
 
家人「わざわざ、水耕栽培にするの、
手間がかかって、少しも利点はないね」
 
私「花が一段ときれいだったり、育て
やすかったり」
 
家人「そんなことがあれば、とうの昔
誰かがやっているよ」
 
私「多分、そうなんだろうけどね」
 
いや実はね、ピンクの花のカランゴエを
挿し木にした。
 
水だけは、切らさないようにしていた。
それだけでね。
 
苗にできる大きさに育ったよ。
5本だ。
 
家人「ああ、それでか、水耕栽培
してみるつもりだね、好奇心ありありだ」
 
私「2本だけ水耕栽培、あとの3本は
安全策で鉢植え」
 
家人「全部、鉢植えにしとけば、手間が
かからないよ」
 
私「まあ、遊びだよ、遊び」
結局、カランゴエの水耕栽培を作った。
 

f:id:noritomi294:20190623103815j:plain

 カランゴエの水栽培、こんなもん始めて見たでしょう。
 
それから、もうひとつある。

今ん所、家人には内緒だ。
すずらんの鉢花をいただいた。
 
花が終わって、素焼の鉢に植え替えたが。
それがね、全然変化がない。
 
枯れもしない、芽が出たりもない。
植え替えをした時のまんま。
 
九州の暑さに、びっくりしているのかね。
日中が30度を、越すからなあ。
 
うん、まだクーラーは入れていない。
九州男児、九州女子は、我慢強いからね。
 
いやなに、年寄りだから鈍感なだけかも。
それでも、熱中症には注意しているよ。
 
病院の先生と、訪問看護の皆さんに
言われているからね。
 
話しが、それ気味。
 
すずらん君が、貧乏くじをひいたね。

早くから、クーラーの入る家に
引き取られるべきだったね。

それでね、すずらん君を水耕栽培にする。
そうすると、足元から涼しい。

それで、喜ぶのではと考えている。
家人には、内緒だ。

そんなことを言うと、絶対にダメとくる。
これは、決まっている。わかっている。

長い付き合いだからね。

トマトの水耕栽培が、うまくゆきそうに
なったら、やつに相談するよ。

トマト君あんたが本命だ、頑張ってくれ。
 
 
ランキングに挑戦中です。
クリックをよろしくお願いします。 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村