御年78才夫婦の暮らしは面白いに決まっちょる。

暮らしのこと,花や庭木,感じたこと,雑文ブログ。

ケアマネージャーをケアした。

久留米じいじです。


梅雨の晴れ間と言うが
こちらは一向に、梅雨に入らない。


気象台さん、どうしたんだい。
晴れ続きの、晴れ間だね。


家人「紫の紫陽花は可哀そう枯れそうだ」
私「梅雨が来ないからねえ」

 

f:id:noritomi294:20190612095047j:plain


家人「やっぱり、雨に咲く花だね」


紫陽花は、雨がないと本当に似合わない。


タツムリも、ふたをしっかり閉じて
雨待ちだった。

 

f:id:noritomi294:20190612095120j:plain


一週間に3回の、訪問看護を受けている。


昨日は、地域包括センターから
ケアマネージャーの訪問があった。


いつも思うんだがね。


地域包括センターと、言う名前だけで
仕事の内容が、わかる人はいない。


もっと、良い名前があると思うがねえ。


月に一度の訪問である。


病院とか訪問看護の対応や、体の調子を
おたずねである。


体重が増えたこと、病院の先生が減らす
ようにと言ったことを話す。


減らすことで、糖質制限を話すと
身を乗り出してきた。


ケアマネージャーは女性で、出産後の
体重が減らないと言う。


見た目に、ふっくら、ぽっちゃりである。


私の問診は、どこかに行ってしまった。


とうとう、私は糖質制限の講師になった。


元祖である、江部康二先生の本を読んで
検討してください。


こう話すと、興味津々の様子だった。
体重を減らすことを、相当に考えている。


そのうえ、家人が体重減の良い見本だ。


60数キロ(詳細は秘密事項)から
今は、56キロである。


軽くなった値は、オープンになっている。


目の前に、燦然と輝く見本がある。
もう、見ている方は迫力を感じている。


ケアマネージャーは仕事と自分の悩みを
両方の手に抱えて帰った。


来月の、姿を見るのが楽しみである。


私の方が、ケアマネージャーだったね。


家人「あんたは偉い、ケアマネージャーを
ケアしたからね」と言った。


紫陽花と、カタツムリに雨が欲しいね。

 

 

 ランキングに挑戦中です。
クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村