御年78才夫婦の暮らしは面白いに決まっちょる。

暮らしのこと,花や庭木,感じたこと,雑文ブログ。

野菜ってのは、恐ろしいよ。

久留米じいじです。


野菜っていうやつは、人間をたてに
しているようだ。


人間を、だましているかもしてない。


最近、そんなに思えてきた。


やぐらネギの姿を見ているときに
ふっと、そう思った。


早く、珠芽を取って種として植えてくれ
そう、叫んでいるようだ。


人間に興味を持たせて、生き延びる。


そういう目線で、野菜たちを眺めると
考え方が少し変わる。


野菜の花は、皆美しい。


売り場には、菜の花以外の花は
でないから、あまり知られていない。


野菜作りをしていた時は、いつも
そう思った。


これは、もしかして人間に可愛がって
欲しいと主張をしているのだろう。


可愛いから大事にされる。
あとは、蝶や蜜蜂が来てくれれば良い。


種が出来る、しめしめこれで命が繋がる。


ある本に書いてあった。


大昔、人間が小麦を発見した。


それまでの、獲物をつかまえることや
果物、木の実集めて食べることを止めた。


小麦の面倒をみよう。


収穫すれば、保存がきく、冬も無事に
過ごせる。


それで、定住する。


慌ただしく移動することもない。
楽になった。


ところが、収穫までが、結構忙しい。
耕したり、種まきしたり、刈り取ったり。


で、営みが盛んになって、人が増えた。


小麦は、OK、OK。
ここで、ずっと作ってくれれば一安心。


命をつないで行ける。


それが、現在まで延々と続いている。


野菜ってやつは、逞しかったんだ。
うわべは、弱弱しく見せていただけ。


人間の食べ物になって、役に立ってる。


これは、見せかけだった。
仮面をかぶっていた。


恐ろしいが、仕方がないよね。
お互いに、命を懸けて生き延びてきた。


頑張った同志だ。
まあ、仲良くやって行こう。


爺が、考えたことだ勘弁してくれや。


 

 ランキングに挑戦中です。
クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村