御年78才夫婦の暮らしは面白いに決まっちょる。

暮らしのこと,花や庭木,感じたこと,雑文ブログ。

ちょっとピンボケ、すずらん、お前にも毒があるのかい!!

久留米じいじです。

昨日は、はや室温が28度!
これじゃあ、夏がおもいやられるね。
 
鉢に植えた、すずらんをいただいた。

f:id:noritomi294:20190511134111j:plain


この花を、手にとって間近に見るのは
初めてである。

以前、阿蘇と大分の高地の県境に
すずらんの、自生地があった。
 
小高い岡の、一面に咲いていた。

花の時期は、いつだったか
もう覚えていない。

この時が、初めての出会い。

思っていたより、花が小さい。
可愛い。

北海道や、寒いところで育つ。

九州では、不可能だと思っていたから
不思議な気がした。

それ以来の、再会である。

手に取って「お久しぶり」と声をかけた。
小さい鈴が、なんとも可愛い。

私「暑い夏を、越せるのかなあ」
家人「枯れたら、失礼になるよ」

私「ありがたいけど、責任重大だ」
家人「居間の、胡蝶蘭の横においたら」

私「胡蝶蘭が、寂しそうだった」
家人「お仲間が、増えて良かった」

ビニールのポットは、見栄えがしない。

空きの、黒い色の鉢に入れる。
これで、仮住まいだね。

そのうちに、あなたにお似合いの
素焼の鉢を、手に入れるからね。

その時に、植え替えだよ。
ひとり言で、話しかけた。

家人「すずらんの君に、お声かけですか」
私「しばらく、この鉢で我慢してもらう」

家人「今の鉢で、結構似合いますよ」
私「夏が苦手だから、素焼の鉢が良いよ」

何しろ、初めてのことで、検索をした。

おやあ、びっくりだ。

すずらんにも、毒がある。

それも、猛毒で死ぬこともある。

おーこわ。

私「すずらんにも、強い毒がある」

家人「知っているよ、間違えて食べて
死んだと、ニュースであった」

私「番茉莉に続いて、これも毒ありか」

家人「連続の毒あり、お気の毒だねえ」

私「美しい花に、毒ありだなあ」

家人「えっ!私の事ですか?」
 
あなたの所は、どうですか。
えーっ!、猛毒がある。ですか。
 
 
 
ランキングに挑戦中です。
クリックをよろしくお願いします。 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村