御年78才夫婦の暮らしは面白いに決まっちょる。

暮らしのこと,花や庭木,感じたこと,雑文ブログ。

櫓(やぐら)ネギと平屋建て。

久留米じいじです。


こちらでは、桜はおしまいです。
お隣の、ハナミズキが満開です。
黙って写した写真、花泥棒になるかなあ?

f:id:noritomi294:20190412085329j:plain


20数年野菜作りを、したなかで
一番変な奴。

f:id:noritomi294:20190412085310j:plain


名前は、櫓(やぐら)ネギ
名前も、変わっているね。

f:id:noritomi294:20190412085259j:plain


野菜作りの友から、種でも、苗でも
ないものをいただいた。
小さな球根に芽が出ている。


説明がしにくい。
そんな変な奴。


ネギでありながら、ネギ坊主は出来ない。
葉の先に、ネギの小さな球根が出来る。


それがそのまんま育って、更にその上に
小さな球根が生まれる。
そう、2階建てだ。


なんの目的があって、2階建てになるのか
不思議である。


友達は、北の方の寒いところのネギで
年中食べられると言った。


ネギ坊主は出来ない。


櫓と言うのは、火の見やぐらのことか。


家より高い柱の上に、見渡せる足場を
作り半鐘が備えてあった。


半鐘は、お寺の鐘の小さいやつ。


火事を見つけて、いち早く半鐘を
たたき知らせる。


家人「種を、早く採ってもらいたいから」
私「会社で上役に認められるように、
背伸びしているやつか」


家人「ところで、うちは2階建てに
しなくて良かったね」
私「ん、どうして」


家人「大正解ですよ。周りはどこも
子供が巣立って行って、空いている。
掃除が大変。
上がったり、下ったりは、御免だとさ」


私「年寄りには、階段が大敵だ」


家人「うちが、平屋だから
うらやましいだって」


私「そういえば、周りが2階建て
で台風の風よけに、なっているなあ」


家人「屋根も飛んだことが無いし
良かったよ」


櫓ネギの2階建てが、平屋自慢になった。
2階建ての方、ごめんなさい。


お陰様で、櫓ネギは大活躍をしている。
味噌汁に、納豆に、冷奴に、それから
お好み焼きにもね。

家人「重宝しているよ、年中必要なだけ
採ってきてつかっている、いつも新鮮だ」

櫓ネギは、高く伸びて枯れた時に
少しでも遠くに、種が散らばるように
かと考えた。


櫓ネギの気持ちは、わからないが
面白いやつだよ。


お宅も、庭の片隅に植えてみませんか?

 

 ブログ村、ランキングに挑戦中です。
クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村