御年78才夫婦の暮らしは面白いに決まっちょる。

暮らしのこと,花や庭木,感じたこと,雑文ブログ。

笑いは良薬。

久留米じいじです。


ブログつくりのために、失敗や物忘れを
重ねる、その他、笑いをさがす。
良薬になる。ボケも病気もなおる。
本末転倒か?

私が離脱することにした。
ヤフーニュースのトップに英メイ首相
EU離脱案可決なら辞任の意向、声震わせ
言及か、と書いてある。


あれ、この人は、EU離脱するかどうかの
国民投票の時は、どっちだったけ?


頭の中が、こんがらがって、わからん。


イギリスのEU離脱関係の、ニュースから
私が離脱することにした。

口じゃあ負ける。
家人「本日も芥川賞狙いだ、ご苦労様」
私「才能がなくて、凡人で悪かったね」
家人「凡人と暮らすのも、面白いよ」


ボケ防止の記録が、笑いは良薬に昇格だ。
あまりにも多いから、ボケのはじまりか。


眼鏡の置き忘れ。
寝室に置き忘れる。
風呂場の脱衣所に置き忘れる。


パソコンの脇に置き忘れる。
新聞の横に置き忘れる。


庭の草取りをしたところに置き忘れる。
頭の上に置き忘れる。


料理の物忘れ。
予定の材料を買い忘れる。
自転車の荷台に置き忘れる。


準備が終わる、火をつけ忘れる。
調味料を入れ忘れる。


料理は出来た、火を消し忘れる。
料理を食卓に出し忘れる。


翌日、残り物を出し忘れる。


思い出しの職務分担。
あれ、これ、それの発展形。
テレビを見ながら


私「ほら、あの娘、名前は何とかと言う」
家人「ドラマにも出ていたね」


私「のどの所まで、出かかっている」
家人「私もですよ」


私「〇〇だ、うん〇〇と言う苗字だよ」
家人「▢▢子、そうだ▢▢子ですよ」


私が苗字担当、家人が名前担当。

テレビで、まずいものを褒める。
「たまりません」 宍戸錠
「言うことなし」 梅宮辰夫
さすが、年季の入ったご両人。


画期的なエコシステム。
ゴミ処理センターで、ゴキブリ
10億匹を養殖。

これで50トンの残飯を処理した。
中国の実話。


糠漬けか。
脳みそも、かき回せば、いつも新鮮。
私「誰かのブログに、あったよ」
家人「糠漬けじゃあ、あるまいし」


時代が時代になってきた。
パン屋さんがAI導入を検討している。
外観の焼きムラの判断をする。
味も、香りも判断する。


客が「お宅のパンはいつも美味しいね」と
ほめる。


パン屋の親方は、「ええ、お陰様で
こやつが作るんでさ」とAIを指さす。


家人「笑えない、大手の機械は全部
そうなっているさ」


シンクロ二ティ+マーフィの法則
シンクロ二ティは、意味のある
偶然の一致。


マーフィの法則は、悪いことが
連鎖する。


そうだ、あれを、終わらしとかんと
いかんなあ、そう思う。
その日のうちに、家人から、あれは
どうなったかと、お声がかかる。


一旦、これが発生すると、つぎつぎに
そうなる。


こころの中に、負の想いがあると、それを
見つけられているみたいだ。ご用心。


笑えた?薬になった?うん、苦笑いだ。


ランキングに参加しています。
クリックをよろしくお願いします。 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村