御年78才夫婦の暮らしは面白いに決まっちょる。

暮らしのこと,花や庭木,感じたこと,雑文ブログ。

モコが外泊した、空想カラオケのスイッチを切った。

飼い猫のモコが、外泊して朝帰りだった。


私「お前この時期は、世間の風も冷たくて
寒かっただろう」と問いかける。


モコ「そうでもなかったニャー」ときこえた。


私「うんうん、そうか今年は暖冬だから世間の風も
あまり冷たくなかったか」と、言っていると
家人が割り込んできた。


家人「博多吉本の劇場もできたことだし
モコとコンビを組んで、漫才をやりなよ」と言いながら
台所に行ってしまった。


世間の風の冷たい」という言葉で、さくらと一郎の
デュエットで歌っていた、「昭和枯れすすき」の
メロディーと歌詞を思い出した。


50才いやもっと前か、飲み屋さんの有線放送で
よく流れていた。
声を出さずに、そっと歌う。


最後のほうの、二人は「枯れすすき」の歌詞で
今度は森繫久彌が、枯れすすきと歌っていたような。
彼、独特の語り節。


ああそうだ、たしか「船頭小唄」だ。


またしても、頭の中で 歌う。
最後のフレーズ利根川の「船頭で暮らす」が、今度は
矢切の渡し」に結びついた。


連れて逃げてよ、ついておいでよ。
気持ちよく頭の中で歌っていると。


家人「何を考えているのかい」
私「いやなに、一人で空想カラオケをやっているよ」
家人「あんたの暇遊びには、ついてゆけないよ」


やつは、掃除を始めた、掃除機の騒音が近寄ってくる。


頭の中にある、空想カラオケのスイッチを切った。

 

ランキングに参加しています。
クリックをよろしくお願いします。 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村