御年77歳夫婦の暮らしは、面白いに決まっちょる。

暮らしの出来事か、庭木や花のことか、何を書こうか。

この胡蝶蘭は、二代目さんだよ、気楽に育てるよ。

初代はどうしたのかって、えっ恥をしのんで
発表します。

 

f:id:noritomi294:20170511160435j:plain

初代ですが


見事に枯らしました。


「こんなことに、見事とは言わんぞ」と
ベテラン氏に言われますかねえ。


初代の胡蝶蘭は。

 


我が家に来て2年を過ぎたころ、なんだか
様子がおかしい。


根づまりをしているようだった。
根っこが鉢の外に、出たがります。


葉っぱもなんとなく、元気がない。


鉢かえをした。

 


ずーっと昔、シンビジュームを育てていた。
鉢かえも何回か経験した。


それがあるから、鉢かえなんぞ簡単にできると
たかをくくっていた。


鉢かえは、むずかしくなかったが、その後の
育ちがなんとなくおかしい。


元気がない。


替えた鉢が悪いか、水苔の詰めかたが
悪かったか。

f:id:noritomi294:20181225113313j:plain


結局、大失敗。
枯れてしまった。


家人「花をなんども、楽しめたから元は
とっているよ」という。


が、その言葉がよけいに引っかかる。
慢心していたんだ。


二代目さんが来た。

 


娘が初代と同じものを、買ってきた。

f:id:noritomi294:20181225113320j:plain


娘「家に帰ってきたときに、この花がないと
なんとなくさみしいから」という。


年中、ずーっと居間で育てていた。


姿が見えなくなると、やはり寂しい。
家族同様だった。


気楽にやれば。

 


私「よし今度は、気を引き締めて育てる」


娘「そんなに構えないで気楽にやれば。
ブログの材料になることだし」


家人「ブログにたびたび乗せれば、胡蝶蘭
私はもてるからねえと、頑張るよ」


私「はいはい、わかったよ、気楽にやるよ」

f:id:noritomi294:20181225113348j:plain


ランキングに参加しています。
クリックをよろしくお願いします。


にほんブログ村