御年77歳夫婦の暮らしは、面白いに決まっちょる。

暮らしの出来事か、庭木や花のことか、何を書こうか。

スィーティの若木と、ご近所のお付き合い。

こんにちは、久留米からです。

このスィーティの若木には、鋭いトゲがあります。

 

家人「これはカラタチと、違いますかねえ」

なるほど、今は少なくなったが、生け垣にカラタチを

使っている所は、トゲだらけである。

 

私 「柑橘類の若木には、トゲのあるものが多いよ

   大きい木になったら、無くなるよ」

家人「そうなんですかねえ」と、まだ納得がゆかない。

 

筋向いのNさんから、スィーティと言うみかんの新種を

いただいた。

始めて食べた時、これがめっぽう旨かった。

 

家人は「美味しいですね、こんなに美味しいなら

我が家にも欲しいですね、ただ植えるところが無いですね」

と言う。

 

私 「この種をまいて苗を作るよ」

家人「またまた、面白がりが始まりましたね」

 

私 「大きくなったら、鉢植えだ」

家人「そんなにうまく、行きますかねえ」

私 「わからんよ、やって駄目で元々だ」

 

家人「あんたの血が騒ぎ出したんだ、止めても無駄だね」

私 「頑張るよ」

 

美味しく食べた後の種を、ふっと思いついてザボン

木の下に浅く埋めてみた。

お見事、発芽した。

 

ザボンの木の下が、良かったんだ。

小型の素焼き鉢に植え替える。

 

f:id:noritomi294:20170516130935j:plain

 

ちょうど、これくらいの大きさだった。

冬の寒い日のみ家中に取り込む。

春になり、背丈30センチほどで、ひと回り大きな鉢に

移す。

 

鉢の乾きだけ注意すれば、ほとんど手がかからない。

しかし、ほったらかしだと、バッタやカタツムリの

被害に遇った。

 

f:id:noritomi294:20170516131801j:plain

 

f:id:noritomi294:20170516131829j:plain

 

アゲハチョウは、柑橘類の葉っぱが大好きで幼虫は

大型になり、葉っぱが大被害を受ける。

 

f:id:noritomi294:20170516131150j:plain

 

2年目も寒い時だけ、家中に入れる。

 

f:id:noritomi294:20170516131548j:plain

 

さて、3年目の若木になり、どうするかです。

 

相変わらず、地植えの場所はない。

仕方がないから、手持ちの比較的大きい鉢に植え替えを

予定する。

 

その植え替え予定の鉢には、目下、ツルムラサキのこぼれ

種が発芽中で、植え替えはしばらく延期にした。

 

f:id:noritomi294:20170516131245j:plain

 

f:id:noritomi294:20170516131319j:plain

 

しかし、心配の種が1個増えた。

 

筋向いのNさん宅は、このスィーティが出来る。

我が家には、ザボンが出来、毎年、スィーティとザボン

おすそ分け交流をやっている。

 

Nさんは、ザボンが美味しかったと言い、我が家は

スィーティが旨かったという。

この交流は、毎年のことで、一種の儀式になっている。

 

が、我が家の鉢植えに、実がなりだしたらこの儀式は

成立しなくなる。

 

昔からのご近所のお付き合いは、お互いに高齢者になり

減ってゆくのは、仕方ないけど出来ることなら減らしたく

ないものだ。

 

この地域も、最近は新興住宅が増えて、知らない人ばかりに

なってきた。

 

ま、御年77歳の夫婦と、交流しようと思う若い人は

ほとんどいないと思うけどねえ。 

 

今日も、良い日でありますように。
 
 
読んでいただいて、ありがとうございます。
ブログ村の住民になりました。
マークにクリックをいただけると、文作りの
励みになります。
よろしくお願いします。