読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

御年77歳夫婦の暮らしは、面白いに決まっちょる。

暮らしの出来事か、庭木や花のことか、何を書こうか。

今年は緑のカーテンを盗み食いするのは止めよう!と家人は言う。

こんにちは、久留米からです。

飼い猫が、スズメをくわえてきました。

まだ、生きていましたので、あわてて外に逃がしました。

 

無事に飛んで行って、一安心。

猫は、スズメはどこだろうと、部屋中をさがしていました。

 

緑のカーテンは、ご存知ですね。

日の当たる側の窓下で、植物を育てて日陰を作ると

冷たい空気が発生して、室内に流れ涼しくなるとにこと。

 

もうずいぶん前に、雑誌に紹介されて以来、エコロジー的に

広がっているようです。

 

使われる代表的な植物は、大昔からある日本朝顔、へちま

瓢箪を始め、最近は琉球朝顔ゴーヤ、ツルムラサキそれに

なんとなんと、ビールの原料のホップまであるようです。

 

この他にも、いろいろあるようです。

 

用途別では、食べられるもの、花や実が美しいものそして

実が実用になるものと、特徴も又、いろいろです。

 

琉球朝顔

で、我が家の緑のカーテンはと言うと

まず、一番最初は、友人のおすすめで琉球朝顔を育てました。

 

進めた友人に、厚かましくも苗を調達してもらって、窓下に

植え付けました。

 

これはもう、ビックリするくらい丈夫で、日本朝顔と異なり

暑ければ暑いほど、元気そのもので葉の繁りも多く、薄暗い

ほどの陰が出来て、その夏は涼しい思いをしました。

 

根もまた丈夫で、あっさり冬越しして翌年も立派な緑の

カーテンになりました。

 

で、欠点はと言うと、私の地域は沖縄に近くて、気候的にも

相性が良いのか育ちすぎること。

 

家の軒先から屋根に登るし、夏の陽で暑く焼けた瓦の上でも

平気の平左で伸びてゆきます。

育ちすぎて、伸びてゆくのを押さえるのに苦労しました。

 

ゴーヤ

こうなって、琉球朝顔を持ち込んだ友人に、責任の一端が

あると言い、決定したのがゴーヤです。

 

f:id:noritomi294:20170429094705j:plain

 

これも、よかったですね。

なにしろ、食べられますからね。

 

本当にいえの中から、手を伸ばして収穫したことが、数回

ありますよ。

 

f:id:noritomi294:20170429094734j:plain

 

食べきれず、ご近所におすそ分けする際、畑ではなく

緑のカーテンからですと説明すると、面白がって来年は

うちでもやるかと、好評でしたよ。

 

しかし、これは良かったのですが、同じ場所で3年続くと

連作障害気味で、実も少なくなりました。

 

岡ワカメ

三度目はというと、これは友人に甘えず自分で決めました。

それが、岡ワカメです。

 

f:id:noritomi294:20170429094538j:plain

 

当時は珍しいもので、苗コーナーには姿がありませんでした。

が、近所の方が探してくださいました。

 

今では、毎年緑のカーテンとして、窓下に自生するように

なりました。

 

これも、防寒をしないで冬越しをして、毎年春先から育って

くれます。

 

f:id:noritomi294:20170429094634j:plain

 

この、大きめの葉っぱは、少しヌルヌルして食味が良く私も

家人も大好きです。

 

8月、お盆過ぎの葉っぱ野菜が少ない時期に、食べられるので

重宝していますが、それ以前にチョイチョイと食べることが

多く、大きい葉っぱは品切れになってしまいます。

 

暑い盛りですから、緑のカーテンの役目を無くすまでは、収穫

出来ません。

そこで、考えた解決策は、畑にも植えようということです。

 

窓下の株元から、苗になりそうなものを数個鉢に移植して

ある程度育てて、畑に移します。

 

家人は「畑にあれば大助かりですよ」と言います。

これは、絶対に頑張って成功させないと「男がすたる」ですよね。

 

今日も、良い日で、良い野菜が出来ますように。
 
読んでくださって、ありがとうございます。
ブログ村の住民になりました。
下の野菜のマークにクリックを
いただけると、野菜つくりと
ブログ記事つくりの励みになります。
よろしくお願いします。