御年77歳夫婦の暮らしは、面白いに決まっちょる。

暮らしの出来事か、庭木や花のことか、何を書こうか。

強烈な生存競争があるか!居間の植物たち。

こんにちは、久留米からです。

居間の南側の良く陽が当たる場所に、小さなテーブルを

置き、その上に3個の植物をおいている。

 

f:id:noritomi294:20170414194351j:plain

 

小ぶりの胡蝶蘭と、種から育てたアボカドと

シャコバサボテンである。

 

小ぶりの胡蝶蘭

娘が友達からいただいてきた。3年目になり、春と正月に

花が咲くようになった。

 

f:id:noritomi294:20170414194425j:plain

 

最近は、葉っぱもひと回り大きくなり、今年の花芽は

3本も出て、少し多すぎるようなので脇枝を切った。

たくましくなり、野性味を帯びて来たようだ。

 

送り元のもう1本は、枯れたそうだ。

 

我が家の居間は、住み心地が良いのだろうと家人は言う。

 

種から育てたアボカド

アボカドが観葉植物になるときいて、種をよく洗って

ぬめりを取り鉢に植えた。

 

土を乾かさないことだけを、注意して水やりを続けた

1ヶ月ほどで、8分目を埋めた種にひび割れが出来た。

中からミミズみたいな芽が出て来て直立した。

 

以来、この芽は天空の1点を目指して伸びてゆく

まわりのことは、まるっきり見えないごとく、ただ天空の

1点だけを目指して、ヒョロヒョロ伸びる。

 

このままだと折れないか心配で、30センチほどに

伸びたところから、切り戻すがまたまた天空の1点を

目指し伸びる。

 

家人は「横に繁るということを、知らないのね」と言う。

 

1メートルほどになって、数枚の葉っぱがつき一休み。

その後に、出芽して葉がつくの、くり返しになった。

 

f:id:noritomi294:20170414194516j:plain

 

あるとき、アボカド自生の姿をテレビでみたら、何と何と

立派な大木である。

 

「これでは、二人とも生きているうちには、実はならないね」

と言って笑った。

 

差し芽のシャコバサボテン

大きな鉢の、シャコバサボテンを枯らしてしまった。

わずかに残った、葉っぱを挿し木にした。

 

f:id:noritomi294:20170414194555j:plain

 

居間の温度が、適当だったのかきれいに発芽したが

鉢分けのタイミングが合わずに、そのままになっている。

 

あたたかくなってきたので、鉢分けが必要だと考えている。

 

三者三様、すくすく育っているが、大きくなっても

この小さなテーブルに残るために、美しく見せたいと

頑張っているようだ。

 

今日も、良い日で、良い野菜が出来ますように。
 
読んでくださって、ありがとうございます。
ブログ村の住民になりました。
下の野菜のマークにクリックを
いただけると、野菜つくりと
ブログ記事つくりの励みになります。
よろしくお願いします。