御年77歳夫婦の暮らしは、面白いに決まっちょる。

暮らしの出来事か、庭木や花のことか、何を書こうか。

トマトはどうやって増やしますか!いろいろありますよ。

こんにちは、久留米からです。

 

毎年、トマトを作っています。

決して、出来は良くないのですが、あの艶やかな赤い玉を

見たいのですよ。

 

f:id:noritomi294:20170127164937j:plain

 

秋口まで数本で良いから、実をつけてくれよと祈りながら

作っています。

 

とにかく、作って楽しい面白い、収穫して美しい、食べて

美味しいものですから、止められないのです。

 

家人は「性懲りもなく」と呆れています。

では、トマト遊びの始まりです。

 

・苗を買って植え付けます。

・タネを買って苗を作ります。

・トマトを1個丸ごと植えます。

・トマトを輪切りにして植えます。

・脇芽を採り畑に挿し木します。

・脇芽を節ごとに切って、挿し木苗を作ります。

・苗を寝かせ植で、節に芽を出させます。

 

・苗を買って植え付けます。

これはもう当たり前で、自根苗と接ぎ木苗があります。

接ぎ木苗は、高価ですね。

接ぎ木にする手間が、かかるためかな。

 

接ぎ木苗は、病気に強いようですが、万全ではないようです。

 

・タネを買って苗を作ります。

これも当たり前、少し慣れてきて、寒い時期から始める時は

保温装置が必要ですね。

 

装置と言っても、発泡スチロールの箱に電気アンカを入れた

程度の簡単なもので、十分間に合います。

20度程度の温度がわかる、温度計も欲しいですね。

 

・トマトを1個丸ごと植えます。

これは、木嶋農学博士の文にありました。

 

1個をグシャッとつぶして植えます、種のまわりの果肉が

栄養分になり、たくさん芽を出します。

 

櫛形に4分割したものを、植えてみました。

やはり、たくさん芽が出ましたよ。

 

・トマトを輪切りにして植えます。

これは、1個植の変形ですね。

発芽を少なくするためでしょう。

 

これなら、サラダの中の1個を、拝借すれば良さそうです。

鉢植えでも、プランター上でも可能でしょう。

 

・脇芽を採り畑に挿し木します。

これはきっと、やってみた方も多いでしょう。

しかし、成功率は意外と低いようです。

梅雨時期に行うと、成功率は上がるようですね。

 

・脇芽を節ごとに切って、挿し木苗を作ります。

脇芽を意識して、3~4節になるまで伸ばします。

切り取って、乾かさないように水に漬けておきます。

 

節ごとに切り、ポットに挿し木します。

ポットは、1センチほどの腰水にして育てます。

 

節の付け根の芽が、幹になります。

本葉3~4枚で、畑に移植します。

この方法だと、ほぼ100%の成功率です。

 

・苗を寝かせ植で、節に芽を出させます。

寝かせて、ほぼ水平に近い形で、植え付けます。

途中の節を露出させておきます。

この部分から芽が出ますが、あまり確実ではありません。

 

 

以上です、いろいろありますね。 

輪切りで植える方法は、まだやっていません。

脇芽を節ごと切って、苗を作るのが一番のお気に入りで

毎年、実行しています。

今年も、輪切りと節ごとを実行する予定です。

 

今日も、良い日で、良い野菜が出来ますように。
 
読んでくださって、ありがとうございます。
ブログ村の住民になりました。
下の野菜のマークにクリックを
いただけると、野菜つくりと
ブログ記事つくりの励みになります。
よろしくお願いします。