読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野菜つくりが面白いにきまっちょる

家庭菜園を楽しんでいます、畑と花と暮らしのはなし。

無い知恵を絞っています!今年も頭を使う時期になりました。

畑のトマト

 こんにちは、久留米からです。

今日は、暖かい一日でした。

散歩の途中で、理想的な育ちのえんどうを見つけました。

 

f:id:noritomi294:20170213203324j:plain

例の通り、写真撮りが下手でした、小さい緑がえんどうです。

 

ピースなのか、スナックなのかわからない。

10センチぐらいに伸びている、これくらいの育ちが理想です。

これだと霜にも大丈夫ですよ。

 

いつごろ、種をまいたか、持ち主に聞いてみたいですね。

 

今年も、頭を使う時期になってきました。

えっ、頭を使うってなんですか。

 

いやなに、暖かくなって種を植えたり苗を植えたりの、予定と

いうか、計画というか、そういうものです。

 

畑は畝が、10列ですが、続けて同じ野菜を植える連作が

駄目という条件がありますので、どの列に何を植えるかを

干からびた脳味噌で、考えないといけないのですよ。

 

あんまり、几帳面なタイプではないので、満足な記録は

残っていません。

だから、ほどほどの考えでいつも終わりますよ。

 

家人から、毎年悩んでいるよ、進歩がないねえ、と

言われています。

 

返す言葉がありません、そこがくやしいですね。

畑を始めて以来、ずーっとそう言われてきましたからねえ。

 

ところで、なんの話をするつもりだったのだろう。

 

ああそうだ、トマトの話だ。

トマトは、どうするのかまだ決まっていません。

もうそろそろ、決めようと考えています。

 

例によって、ネット徘徊をしていたら、レジナという言葉が

目に留まりました。

 

f:id:noritomi294:20170213202618j:plain

引用 野菜の時間2012,1月号

 

ミニトマト、矮性で背が高くならない、プランター向きと

書いてありました。

 

これはどうだろう。

畑では、青枯れ病で手痛い目にあっていますから、鉢とか

プランターという手があるなあ。

 

これだと、鉢やプランターは空きの手持ちがあるし

ようどは、家人が花に使っている分を、ちょいと拝借すれば

すみますね。

 

少し数をおおく作って、小さな鉢で誰かにプレゼントも

出来ますね。

テーブルトマト・レジナと言って差し上げますか。

 

これはこれでいいが、畑はどうする。

4年ほど前に作った麗夏の接ぎ木苗は、意外と病気に強かった

実割れも少なかった気がする。

 

f:id:noritomi294:20170213202723j:plain

引用 野菜畑2013春号

 

家人に確かめると、あんた忘れたのか、調子が良かったと

喜んでいたよ、ボケの始まりですか。ときたよ。

 

あいつ、返事の後半が、いつもいらんことを言うよ。

それがなければ、いいんだがなあ。

 

まあだいたいこれで決まりです。

 

麗夏の接ぎ木苗を6本、ミニトマトのアイコ赤と黄各1本

 

f:id:noritomi294:20170213202819j:plain

引用 野菜畑2013春号

 

それから、レジナを種から10本程度でゆきましょう。

 

さて、どうなりますやら、うまく行きますように。

 

今日も、良い日で、良い野菜が出来ますように。
 
読んでくださって、ありがとうございます。
ブログ村の住民になりました。
下の野菜のマークにクリックを
いただけると、野菜つくりと
ブログ記事つくりの励みになります。
よろしくお願いします。