読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

御年77歳夫婦の暮らしは、面白いに決まっちょる。

暮らしの出来事か、庭木や花のことか、何を書こうか。

今畑で何を!有用微生物を増やしています、野菜つくりはその次です。

 

 

waowaowao.com

 

こんにちは、久留米からです。

昨夜から雨、今日は終日降りのようです。

 

ブログに、たびたび土ごと発酵のことを、文にしています。

 

本日は、畑に出られません。

常日頃、私なりに考えている微生物の話しです。

独断と偏見に満ちているかもしれませんが、ご容赦のほどを。

 

野菜は、畑に肥料を入れて作ります。

当たり前だろうが、の声が聞こえます。

 

が、ほったらかしの柿やみかんが、毎年実ります。

畑のまわりの雑草には、肥料をやりません。

それでも育っています。

 

野菜だけは、根っこが直接肥料分を吸収して

育っているのかなあ。

 

根っこは土の中にありますから、ここらへんが全く見えません。

 

あるとき、根っこと土の間に微生物が存在して、彼らの働きで

野菜が育っていると考えたら、昔、生ごみを発酵させて

畑に戻していたころは、病気が少なく良く育っていたと

納得しました。

 

私の使っている、微生物資材。

 

といっても、難しいものや、高価なものはありません。

日常の身の回りにあるものです。

 

こちらは、筑後平野のど真ん中でお米の産出どころです。

米ぬか15キロで300円、もみ殻はとりっぱなしで無料。

 

えひめAI(えひめアイ)という発酵液。

現在はマイエンザとも呼ばれています。

これを自分で作っています。

 

作り方は、ページトップです。

 

家庭の台所にあるものです。

納豆、ヨーグルト、ドライイースト、砂糖を混ぜて発酵させる。

 

f:id:noritomi294:20170205175617j:plain

砂糖、ヨーグルト、ドライイースト、納豆

 

f:id:noritomi294:20170205175852j:plain

発泡スチロール箱の簡易温室、30度以上を維持、蓋はゆるく。

 

f:id:noritomi294:20170205175944j:plain

泡が発生して発酵が、始まった。

 

300~500倍に薄めて、噴霧するか如雨露で流しかけする。

 

噴霧は葉っぱの病気予防。

流しかけは、葉っぱと土の中に流れて、病気予防と液肥効果が

あるのかなあと考えています。

 

おおむね、週に1回使用しています。

 

最近知った情報では、これらの菌の死骸も他の微生物や

野菜の肥料分になると、書いてありました。

 

ああ、それなら無駄になることはない。

ドンドン使えるな考えています。

 

家にある材料で作れて、何百倍かに薄めて使うので安上がりです。

 

あと、効果がもっとはっり、見えると良いのですがそこまで

望むことは、欲張りなのでしょうね。

 

その他の材料は、次回に紹介します。

 

今日も、良い日で、良い野菜が出来ますように。
 
読んでくださって、ありがとうございます。
ブログ村の住民になりました。
下の野菜のマークにクリックを
いただけると、野菜つくりと
ブログ記事つくりの励みになります。
よろしくお願いします。