読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野菜つくりが面白いにきまっちょる

家庭菜園を楽しんでいます、畑と花と暮らしのはなし。

大根と人参の後日談とミカン食堂の開店です。

畑・その他

こんにちは、久留米からです。

今朝も、気温4度。

昼になれば暖かくなりそうです。

 

近所の農家のベテラン氏が来た。

「大根と人参を交換しただろう、あのばあさんが

言っていたぞ」

「うん、交換したけど」

「なかなか上等の人参だと、だから見に来た」

 

「まあまあの出来だったよ、見るか」

 

「おう、これか、上手くなったな、これだと

三途の川向こうの閻魔様も、上手くなったと褒める。

安心してあの世に行けるな」と言って帰った。

 

家人が、ミカン食堂を開店しました。

 

f:id:noritomi294:20170126151315j:plain

f:id:noritomi294:20170126151352j:plain

鳥たちの姿は、私のカメラの腕前では、手に負えませんでした。

 

翌日、居間から窓越しに餌を、食べている姿をみっけ。

f:id:noritomi294:20170127165653j:plain

そーっと、パチリ、1枚だけが写っていました。

 

めじろとヒヨドリが、姿を見せるようになりました。

「道の駅に、安いみかんはあるかねえ」

「うーん、どうですかねえ」

 

「近所のスーパーの中に、生産者が出品をした

安いミカンがあります、それで結構ですよ」

 

ここ数日の雪で、餌不足になったのでしょう。

梅や桜の花が咲く時期まで、必死の餌探しです。

 

「雑誌に、ピーナッツに穴をあけて、針金で下げると

シジュウカラが食べにくると書いてありました。

やってみますかねえ」

 

「おや、今度はピーナッツ食堂ですか、そのうちには

羊羹とか饅頭の店になるかもですね」

 

一方、畑の鳥たちはというと。

土ごと発酵に夢中になっていますから、今年は深く

土を掘り返しません。

 

だから、鳥たちも虫探しには来ません。

 

本当に、ひとのやることをよく見ていますね。

やはり、自然は厳しく餌がないから必死なのでしょう。

 

今年は、キャベツは作らなかったし、ブロッコリー

防虫ネットの中だし、ヒヨドリも手が出ない。

 

ご近所のブロッコリーは、葉っぱがギザギザに

食べられていました。

 

これもまあ、ミカン食堂で我慢してもらいましょう。

 

今日も、良い日で、良い野菜が出来ますように。
 
読んでくださって、ありがとうございます。
ブログ村の住民になりました。
下の野菜のマークにクリックを
いただけると、野菜つくりと
ブログ記事つくりの励みになります。
よろしくお願いします。