御年77歳夫婦の暮らしは、面白いに決まっちょる。

暮らしの出来事か、庭木や花のことか、何を書こうか。

雪が降り積もった!家人から備蓄の必要性を問われたよ。

こんにちは、久留米からです。

昨日の予報で、九州北部は明日にかけて大雪の恐れ。

 

ふむ、ふむ大雪か、雪の予報はあまり当たらないと

いいながら、布団に入った。

 

あさ、目を覚ますと部屋の中が妙に明るく感じる。

外を見る。木々が雪をかぶっている。

 

あれえ、予報が当たったんだ。

 

ああ、今日も畑仕事が駄目になったよ。

ブログの文作りが困るんだよ。

 

家人にこぼすと

「あんたは、備蓄という言葉を知らないからですよ」

「おお、そういえば、昔、石油備蓄というのがあったな

あれは、日本の経済成長をささえたのだ」

 

「あんたの頭の中に冷蔵庫を置いておけばいいよ」

「なんだ、それは」

「料理をつくる材料を、いろいろと入れてあるだろ

それが、備蓄だよ」

 

「おお、わかったよ。常時ブログの材料を集めておけと

いうことだろう。それが出来れば苦労はせん」

 

「年寄りの頭の中は、すぐに空っぽになって忘れるように

なっていますからね」

「わかった、少しずつため込むことにするよ。ブログ備蓄だな」

 

畑の様子を見に行く。

 

外に出てみると、よかった、道路には雪がない。

これは、明け方になって降り始めたのだろう。

畑は、思ったより少しの雪だった。

 

しかし、超密植のスナックの防寒は、とうとう駄目になった。

これはもう、覚悟のうえのことです。

 

f:id:noritomi294:20170123153240j:plain

 

早く、作り直しておけばよかった。

後悔、先に立たず、か。

 

f:id:noritomi294:20170123153338j:plain

 

f:id:noritomi294:20170123153556j:plain

 

どうも、煙突状の縦に防寒するのは難しいね。

 

むしろ、初めから寒い目に合わせて、伸びないように

しておけばよかった。

 

やはり、昔からのやり方で、12月に入って出来るだけ

遅く種をまき、暖かくなるまで小さい姿で過ごさせるのが

一番だ。

 

昔の人の経験の積み重ねは、偉大だと思うよ。

 

といっても、今から後戻りはできないから、晴れて暖かい日に

防寒対策をやり直すことにしますよ。

 

雪が降るとはいえ、こんなに暖かな冬になってくると

正月過ぎの1月に、種をまいても良いような気がする。

 

今、まいてみるか、いやまてよ、あまり種がないよ。

超密植植えに使ってしまったんだ。

来年、考えることにしよう。

 

ああ、こういうことをメモしとけば良いんだ。

それが、ブログ備蓄なのだろう。

 

今日も、良い日で、良い野菜が出来ますように。
 
読んでくださって、ありがとうございます。
ブログ村の住民になりました。
下の野菜のマークにクリックを
いただけると、野菜つくりと
ブログ記事つくりの励みになります。
よろしくお願いします。