御年77歳夫婦の暮らしは、面白いに決まっちょる。

暮らしの出来事か、庭木や花のことか、何を書こうか。

小ぶりの胡蝶蘭、1年中楽しみましたありがとう。

こんにちは、久留米からです。

今朝は、7度で今年一番の寒さです。

畑は、霜で一面真っ白でした。

 

f:id:noritomi294:20161231161321j:plain

 

小ぶりの胡蝶蘭

この胡蝶蘭は、娘が昨年の10月に、友人から

頂いてきたものです。

うちに来たときは、花が半分咲であとの半分は

つぼみがついていました。

 

居間に置いて丁度良い、手ごろな大きさでした。

クリスマスやお正月を満開で過ごし、楽しませて

くれました。

 

今の栽培技術は、こういう作りが出来るのかと

感心しましたよ。

 

節分過ぎから花が枯れ始めて、その後に次の

脇芽が出て来たので、切り返しをしました。

 

f:id:noritomi294:20161231161813j:plain

 

4月には小ぶりながら、2度目の花が咲きました。

 

f:id:noritomi294:20161230170611j:plain

 

1年間に2度花が咲くなら、ずいぶん得するなあと

話すと、奥さんは花の咲いている期間も長いから

もうけもんですねと言う。

 

もう1個あっても良いなあと話しました。

 

暑い夏はクーラーの入る居間で元気に過ごした。

もっと弱るのかと考えたのは、取り越し苦労

だったようです。

 

秋になって、今年も10月には花芽が出ると

考えたのは早計で、一向に出てきません。

 

原因は、温室ではないからのようです。

今までが温室育ちだったので、きっと戸惑って

しまったようです。

 

でも、2か月遅れで、待望の花芽が伸びてきました。

 

f:id:noritomi294:20161231162735j:plain

 

うれしいことに、幹の反対側にもう一つ花芽が

出始めました。

これは、予期せぬ出来事ですよ。

 

f:id:noritomi294:20161231162842j:plain

 

おいおい、大丈夫かい、両方とも育てるエネルギーは

持っておるのかい、と声をかけながら水やりを

しています。

 

お正月には間に合わないけど、節分のころには花が

咲くと思うと、楽しみですよ。

 

大型の胡蝶蘭ほどには、あでやかで、はなばなしくは

ないけれど、場所を取らないし、取り扱いも楽です。

 

今度花が咲いたら、もう一個あってもいいかなあと

また、話していますよ。

 

今日も、良い日で、良い野菜が出来ますように。
 
読んでくださって、ありがとうございます。
ブログ村の住民になりました。
下の野菜のマークにクリックを
いただけると、野菜つくりと
ブログ記事つくりの励みになります。
よろしくお願いします。