御年77歳夫婦の暮らしは、面白いに決まっちょる。

暮らしの出来事か、庭木や花のことか、何を書こうか。

少し遅れていますが、イチゴを植え付けます。

こんにちは、久留米からです。

昨日に引き続き、今日も雨ふりです。

 

園芸コーナーでイチゴ苗を見つけました。

植え付け時期を外したためか、安値のセールスでした。

品種は、カレンベリというものです。

ゲットしました。

 

f:id:noritomi294:20161227150449j:plain

 

本当は、「とよのか」欲しかったのですがね。

 

イチゴについては、畑を始めたころに近くの農家から

「とよのか」をゆずっていただき、初歩からいろいろと

教えてもらって、安定的に収穫していました。

 

毎年、ランナーを伸ばし、孫の芽を苗として育てる

世代交代の技術も覚えましたよ。

 

当時、イチゴ生産の世界では栃木県と福岡県が

競り合っていて、競争に負けないようにと

「あまおう」という品種が開発されました。

 

当然、先生の農家もこの「あまおう」に品種交替で

出来上がった実を見てビックリでした。

 

何と大きいこと、味も甘みが強いものでした。

 

他の方には、絶対に譲らないことを条件に

ランナーから出た来苗を1個だけ頂きました。

 

ところが、この女王様は、気位が高く、気難しい

ハウス用に改良されたためか、露地ではなかなか

うまくゆかない、収穫が少ないものでした。

 

手慣れた「とよのか」と両方を育てていましたが

だんだんと病気が増えて、作るのを止めて

しまいました。

 

収穫時期になると、あの「とよのか」が食後の

デザートに少し欲しいなあと、話題になります。

 

ですから、このイチゴで手馴らしをしようかと

手に入れました。

 

さて、どこに植えるか、鉢植えでもいいですが

マルチの所であれば、今からでも十分間に合う

ようです。

 

空豆が発芽しなかったところに空きがあります。

 

f:id:noritomi294:20161227150550j:plain

 

雨がやみ次第、植え付けます。

 

トマトのヒョロヒョロ君を、植え替えました。

 

2年前の種の中から、1本だけ発芽したものです。

 

f:id:noritomi294:20161227150721j:plain

f:id:noritomi294:20161227150757j:plain

根が少しだけのようです。

 

その後、残りの種を2回芽だしをしているのですが

発芽しません。

 

2年前の種は、発芽が難しいようです。

 

貴重なヒョロヒョロ君ですが、このノッポのままでは

成長の見込みはなさそうです。

 

仕方がない、寝かせ植をしてみます。

 

f:id:noritomi294:20161227151035j:plain

 

途中の茎から発根するといいですがねえ。 

そうなるかどうかは、乞うご期待ですよ。

 

今日も、良い日で、良い野菜が出来ますように。
 
読んでくださって、ありがとうございます。
ブログ村の住民になりました。
下の野菜のマークにクリックを
いただけると、野菜つくりと
ブログ記事つくりの励みになります。
よろしくお願いします。