御年77歳夫婦の暮らしは、面白いに決まっちょる。

暮らしの出来事か、庭木や花のことか、何を書こうか。

野菜つくりは土作り!大切なのは浄化された土ですね。

こんにちは、久留米からです。

きのうは終日、雨降りでした。

 

畑には出られないので、こたつの中で野菜つくりの

原点みたいな本を、読み返してみました。

 

体力的に無理が効かなくなり、生ゴミを発酵させて

畑に入れることを止めました。

 

有機系の肥料を、入れる野菜つくりで3年が過ぎ

最近は野菜の病気になることが、多くなりました。

色々と考えさせられる毎日です。

 

生ゴミを発酵させて、野菜つくりをしている頃は

こんなに病気のことを、気にかけなくてよかった。

と、最近は思っています。

 

ところで、読み返している本は

生ゴミ先生の元気野菜革命 吉田俊道 著 です。

 

f:id:noritomi294:20161222174643j:plain

 

病虫害の原因は「土の未浄化」

虫はまずい野菜にやってくる

虫は地球の掃除屋さん

野菜つくりは土作り

 

などが書いてありました。

 

もう一つは

奇跡のリンゴ 木村秋則の記録 石川拓治 著 です。

 

f:id:noritomi294:20161222174750j:plain

 

内容も素晴らしいのですが、あとがきに脳科学者の

茂木健一郎という方が書いていました。

 

農薬や肥料を投入して「管理」する農業は確実に高い

収量を上げることを可能にする一方で、環境に大きな

負担をかけてきた。

 

農薬の散布によって、本来存在した生態系を破壊される

だけではない。

継続して肥料を投入することで、土壌が本来持っていた

力は失われる。

 

自立する自然のかわりに、常に「点滴」をしなければ

維持できないという病的な状態が現れる。

その中で育つ作物が、本来の生命力を発揮できるはずも

ない。

 

そのような状況は、当然作物の味にも反映される。

 

まったく、そのとおり。

大切なのは、浄化された土ですね。

良い微生物が、いっぱいになるやり方をしたいものですね。

 

今日も、良い日で、良い野菜が出来ますように。
 
読んでくださって、ありがとうございます。
ブログ村の住民になりました。
下の野菜のマークにクリックを
いただけると、野菜つくりと
ブログ記事つくりの励みになります。
よろしくお願いします。