御年77歳夫婦の暮らしは、面白いに決まっちょる。

暮らしの出来事か、庭木や花のことか、何を書こうか。

1平方メートルの畑に、小松菜を植えた。

f:id:noritomi294:20161024171438j:plain

 

こんにちは、久留米じいじです。

 

小松菜は、東京の小松川というところで生まれたそうだよ。
 
カルシュームが牛乳の2,5倍ある。
子供のころ、ホーレン草と小松菜は残さずに全部食べなさいと
良く言われたもんだよ。
 
寒さには強いが、風よけをすると育ちがよくなるよ。
堆肥を1㎡に1~2キロ、苦土石灰を100グラムほど混ぜ込む。
 
6列横溝を作って、種をまく。
種まきは、親指と人差し指で種を20個ほどつまんで、ねじりながら
まき溝に沿ってまいてゆく。
 
小さい種だから、これで結構パラパラにまける。
少なかったと感じたら、もう一度まいておく。
 
何回も繰り返すと、今度は多すぎて間引きが大変になるよ。
どれくらいが丁度良いかは、経験とカンだなあ。
 
あと、土を薄くかけて、種が落ち着くように、板切れなどで
押さえておく。
 
発芽した後の若い葉っぱは、虫たちがお好みだ。
小さい穴や、横からかじられたりで、虫たちにとっては
とても、美味しいものだろうね。
 
病気はあまりないようだ。
早めにというか、種まきが終わったらすぐに、防虫ネットを
かけるようにしているよ。
 
水やりは、ネットの上からでいい、追肥も液体肥料を使えば
ネットの外から出来る。
 
この手の野菜は、混雑をしたところを間引きして、育てながら
収穫してゆくというやり方で、若いうちから食べてゆく。
 
市販されているような姿までそだてあげようと、頑張ると
収穫が遅れて硬いものになるから、早めに収穫し始めて
食べてしまった方がいいよ。
 
生産者は、ハウスで作るから軟らかいものが出来上がるが
露地栽培で、立派な姿のものを作ろうとするとどうしても
硬くなってしまうよ。
 
わかどりしたほうが、シュウ酸の蓄積も少ないから安心だよ。
 
この野菜も、冬の寒に当たったもののほうが美味しいから
出来るだけ、遅めに種まきをすることも、必要だねえ。
 
今日も、明日も、良い一日でありますように。
 
まとまりのない文を、読んでいただき
ありがとうございます。
ほんの少し、お役に立てばと思い書いています。
厚かましくも、ランキングに参加しました。
クリックを、どうぞよろしくお願いします。