読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

御年77歳夫婦の暮らしは、面白いに決まっちょる。

暮らしの出来事か、庭木や花のことか、何を書こうか。

秋は、虫刺されにご用心、蜂ではなかったので一安心。

f:id:noritomi294:20161016201534j:plain

カボスをバケツ2杯収穫

 

こんにちは、久留米じいじです。

 

毒虫に刺されて、病院行きになりました。

ご用心を。

 

カボスの実が大きくなってきた。
木の上部の実が残っていて、最後の収穫にしようとはりこんだ。
 
作業手袋をしてカボスの木の下に行く、右手親指に近い手の甲が
チクリとする。
カボスの木には柑橘特有のトゲがあるからこれに当たり
刺さったのだと思った。
 
そのまま作業を続けて、バケツ2杯の収穫をした。
カボスはもう大きいので、酸味は少ない。
しぼって、ジュースにして少量保存をする。
 
残りは、このジュースをお好みの方にプレゼントにする。
ジョギングをする方はジュースにして飲む、ケーキ作りの人は
ババロアを作る。
引き取り手がいると、収穫もスムーズにできる。
 
 

f:id:noritomi294:20161016202215j:plain

 
取り終えて、手袋を脱ぐと、ビックリ、手の甲が黒くはれている。
少し熱を持ってズキズキする。
 
作業中は全然気がつかなかった。
大きくはれて来ないか心配する。
 
過去に2回、熊ん蜂に腕を刺されて、丸々の丸たん棒の状態になり
病院行きになった。
2~3日は腕が動かなかった。
 
2度目の時に、病院の先生が免疫抗体が下がっているから
3度目は、多分重体になって体が動かないようになるよと言った。
 
「冗談でしょう」というと「本当だよ」と言われている。
インフルエンザの予防注射もする予定だし、すぐに2人共
病院行きにする。
 
先生は、ややっこしい患者が来たと笑う。
再発性多発軟骨炎と、インフルエンザと、毒刺されの三重奏だから
三重奏の音楽なら楽しいがねと、言いながら患部を見る。
 
これは、蜂じゃないね、毒虫だね、安心だよ。
痛み止めと、抗生物質の薬を出しておくよ。
インフルエンザ予防の注射もするよ。で解決した。
 
前回、軟骨炎の薬と抗生物質の薬と飲んで、アレルギー状態になって
足が腫れた経験があるので、抗生物質の薬はまっぴらごめんだ。
結局、飲まないことにした。
 
少し用心して、夕方の畑の作業は取りやめにした。
 
今日も、明日も、良い一日でありますように。
 
まとまりのない文を、読んでいただき
ありがとうございます。
ほんの少し、お役に立てばと思い書いています。
厚かましくも、ランキングに参加しました。
クリックを、どうぞよろしくお願いします。