読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野菜つくりが面白いにきまっちょる

家庭菜園を楽しんでいます、畑と花と暮らしのはなし。

オクラは、貴重な野菜になったが、そろそろお終いよ、種取用を収穫した。

f:id:noritomi294:20160926170808j:plain

種取用 左 普通のオクラ  右 丸オクラ 

朝の会話
 
野菜の切り方 いちょう切り
 
奥「あなた、いちょう切りはわかりますか」
私「病院の外科の先生か」
奥「なぜ」
私「胃と腸の手術の先生だろ」
奥「・・・・」
 
こんにちは、久留米じいじです。
 
タイトルバックの彼岸花を、赤から白に変えました。
最近は白色のほうが多いようです。
白のほうが、早く咲き長く咲いている。
 
萩の花が咲いているようです。
車の運転中にチラッと見ました。
わき見運転は、いかんですなあ。
 
オクラは格上げになった。
 
オクラのネバネバは、血糖値をさげる効果があることがわかって
うちでは、貴重な野菜に格上げした。 
例年だと7~8本植えて、必要なときだけ収穫する、だからいつも取り遅れて
バナナのように大きくなったものが、切り落とされて地面にごろごろしていた。

f:id:noritomi294:20160927131048j:plain

食べごろのオクラ

 
しかし、今は貴重な野菜に昇格したから、収穫したものすべて、ゆがいて
うすく刻み、冷凍室に保存されているよ。
だから、種取も失礼のないように丁寧にとりおこなうことになった。
 
まるで、お客さん待遇だな。
 
種取用を選別する。
 
選別するったって、どうすればよいかわからないから、ひたすら大きいものを
取ることにした。
一番太って、大きいやつ、ああこれだ。
 
これ一本でよし。
 
「えっ、一本だけなの、足りるの」
じゅうぶんだよ、半分でもいいよ、中はタネだらけだよ。
「そうか、食べる時の白いつぶつぶは、タネなんだ」
「うん、たくさん入っているよ」
 
タネに出来る大きいのがゴロゴロあるけど、あとはいらない。
切り倒して、乾燥させる。
 
オッと忘れていたよ。
 
農家のベテラン氏からもらった、丸オクラがあったよ。
 
苗が余ったよと、持ってきたが、普通のオクラを植え付けた後だったので
「いらない」といおうかと思ったが、交友関係がこわれて、外交問題に
なるといけないから、1個だけいただいた。
 
普通にオクラの間に、無理やり植え付けた。
 
「この丸オクラは、大きくても軟らかく食べられるよ」といって帰った。
うん、まあ、いう通り15センチほどになっても食べられるが、普通の
オクラを10センチで収穫するときに、一緒に収穫する。
 
丸オクラだけ15センチで管理すると、オクラの伸びが早いので面倒だよ。
だから、うちではあまり差がない、という結論だよ。
 
あいつが、どうだったと聞くから「うん、軟らかくて、うまかったよ」
と答えておいたよ。
これが、「外交上の基本的な受け答え」だからね。
おかげで、友好関係は良好にたもたれているよ。
 
だから、この丸オクラも種取用に1本だけ収穫した。
まあ、ベテラン氏に敬意を示すというところだよ。
 
あとは、干しあげるだけ。
なかのタネが、カラカラと音を出すまで、干しあげて保存するよ。
 
 
今日も、明日も、良い一日でありますように
 
 
まとまりのない文を、読んでいただき
ありがとうございます。
ほんの少し、お役に立てばと思い書いています。
厚かましくも、ランキングに参加しました。
クリックを、どうぞよろしくお願いします。