御年77歳夫婦の暮らしは、面白いに決まっちょる。

暮らしの出来事か、庭木や花のことか、何を書こうか。

夏目漱石の遺伝子か、ネコと会話のできる日がある

f:id:noritomi294:20160903055552j:plain

涼しいところで昼寝の時間

 

我が家に猫がいる。
名前はモコである。
ときどき、会話ができる日がある。
 
○月○日「誰か来た」
 
モコ「じいじ誰か来るよ」
 
私「どうせ、宗教の勧誘か、家のリフォームのセールスだろ」
 
モコ「そうだよね。年金暮らしだから、デパートの外商とか銀行とかは
   来たことがないもんねえ」
 
私「余計なことを言うなよ、お前が招き猫じゃないからだ」
 
モコ「じいじこそ、余計なことだニャー」
 
 
○月○日「誰か来た」2
 
モコ「じいじ誰か来るよ」
 
私「どうせ、宗教の勧誘か、家のリフォームのセールスだろ」
 
モコ「近所の、おばあだよ」
 
私「話が長い、ばあさんが来たな、モコおいで、居留守を使うぞ」
 
モコ「わかったニャー、奥の部屋に行くニャー」
 
 
○月○日「モコの天気予報は良く当たる」
 
モコが外に出たいと、毎朝騒ぐ。
ニャーニャーとうるさく要求する。
 
ところが、騒がない日がある。
それは決まって、曇りがちの日でそのあと雨が降る日である。
良く分かっているようだ。
 
私「ローカルテレビ局の、天気予報の兄ちゃん所に嫁にやるか」
 
おくさん「どうして」
 
私「あいつの予報はあてにならん、うちのモコのほうが良く当てる。
  この前も外したから、あいつは坊主になったろうが」
 
おくさん「うんうん、そうだったね。でも嫁に行くかどうか
     モコに聞いた方がよかよ」と言った。
 
私「モコ、嫁にゆくか」
 
モコは「いかニャーいよ、天気予報を当てきらん奴は、出世できんから
    つまらんニャー」と話した。
 
 
○月○日「なんば、たべよると」
 
モコ「じいじ、なんば、たべよると、モコにもくれんね」
 
じいじ「おまえ、また、においばかり、かいただけで、前足で砂かけば
    すっとじゃろうが」
 
モコ「仕方んなか、うまかもんば、くれんけんたい」
 
じいじ「あれっおまえ、いつから筑後弁に、なったとか」
 
モコ「先祖代々、すてねこたい、筑後ん生まれの、筑後ん育ちたい
   筑後弁ば、しゃべらんで、どぎゃんすっとかいね」
 
 
ときどきで良かったよ、毎日、横でうるさく言われたらたまらんよ。