読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野菜つくりが面白いにきまっちょる

家庭菜園を楽しんでいます、畑と花と暮らしのはなし。

糖質制限ちゃ、なんじゃろうか

暮らしのはなし
最近の栄養学の世界では、身体を太らすのは糖質だけで
タンパク質や脂質は、いくら食べても太らないそうだよ。
まあそれも普通に食べる量の話であって、2倍も3倍も食べれば
太ると思うがね。
 
しかし今までは、食べたものの総カロリー量が、身体を太らせる
ことになっていて、タンパク質や脂質は単位当たりのカロリー量が
糖質より多いので、太らないためにはこのタンパク質や脂質を
控えたほうが良いといわれていたよ。
 
根本的にまるっきり逆になったよ。ビックリだ。
 
しかし、今の時代にこういう栄養学の基本中の基本が
間違っていましたと、ひっくり返ることもあるんだねえ。
本当に驚いたよ。
 
昔、うどんを食べ続けると太るといっていた。
それから、象、牛、馬、が草とか野菜とかを食べて、肉類を
食べないのに、どうしてあんなに大きくなるのか不思議なのが
少し納得したような気分だよ。
 
ここ数年、町を歩くと太めの人が目立つようになった。
 
これはグルメの時代とかで、どこどこの何と何が美味しいと
テレビで一日中騒いでいることや。
ラーメンと焼きめしとか、お好み焼きとご飯とか、うどんとおにぎりとか
ダブルの主食を食べて、糖質をたっぷりとっているからだろうね。
 
70歳を過ぎて、病気が続いた。
病院の先生の勧めで、体重を8キロ減らした。
 
その先生の話は、その人その人の理想的な体重は、20歳くらい
若い時の体重である。
理由は、そのころに体の骨格とか肉付きが、出来上がってしまう。
だからその体重の体格で、ずーっと暮らすのが一番無理がない。
 
「太れば太るほど体に、負担をかけていることになるよ」と話される。
 
そこで、糖質制限を実行した。
 
朝はスムージという、果物と野菜のどろどろしたジュースを一杯。
昼は、玄米ご飯をお茶碗に半分より少し多いくらいで
必ず50回以上かむ。
夜は、主食なしでおかずだけ。
間食はなし。
 
4ヶ月で6キロ減、奥さんも付きあった、はっきりいわないが
6キロほど減っているようだ。
 
間食にお菓子類が食べられないのがつらかったよ。

f:id:noritomi294:20160818132224j:plain

 
で、現在は、間食に砂糖なしのコーヒーと小さなアーモンドチーズと
低糖質のチョコレート1個いただいているよ。
 
それで、体重62,0キロで安定しているよ。
 
このことを、現役時代に知っていたら、もっと仕事が出来て
出世していたと思うが、それは「甘い、甘い」とおくさんが
いっているよ。
 
 
なお、糖質制限の実行については
 
主食を抜けば糖尿病はよくなる no2実践編  江部 康二
糖質制限の真実  山田 悟
ケトン体が人類を救う  宗田 哲男
 
を参考にしました。