御年78才夫婦の暮らしは面白いに決まっちょる。

暮らしのこと,花や庭木,感じたこと,雑文ブログ。

花、庭木のはなし

種なしジニアの花って、あるのかもしれないなあ。

ジニア、その別名は細葉百日草というそうだよ。知っていた? もしかして知らないのは、家人と私だけかもね。そうだったら、ちょっと恥ずかしい話になるなあ。 2年前に、ご近所さんから苗をいただいた。 毎朝のお楽しみ。 本家の百日草より、背が低くて花数も…

こんなに早く咲いちゃ困るよ、シャコバサボテンの花。

花芽が見えたのは、10月末ごろだったかなあ。これだと、お正月の花になると家人に話した。 ところが、そんなにうまく問屋が卸さないときたよ。暖かい日が続いて、どんどんつぼみがふくらんできた。

イチジクが熟した。ヨドリより早起きして収穫かよ。

今朝も冷え込んだねえ。 前回のブログは、なかなか作業が進まなかった。記憶が「忘却の彼方にあり 」でねえ。 思い出すのに時間がかかったんだよ。

スィーティの若木と、ご近所のお付き合い。

こんにちは、久留米からです。 このスィーティの若木には、鋭いトゲがあります。 家人「これはカラタチと、違いますかねえ」 なるほど、今は少なくなったが、生け垣にカラタチを 使っている所は、トゲだらけである。 私 「柑橘類の若木には、トゲのあるもの…

種からのアボカド、ほうば焼の葉っぱのようだよ。

お早うございます、久留米からです。 畑の友達が、アボカドを種から育て、観葉植物として 室内に置いているよ、という。 ほう、なんだか面白そうだ。 早速、アボカドを買って来て種を取り出し、中の実は ぶつ切りにして醤油をかけ、高級品マグロの刺身と お…

小ぶりの胡蝶蘭の物語、家人は「3、000円以上の儲け」と言う。

こんにちは、久留米からです。 小ぶりの胡蝶蘭、急いで花を咲かす。 花枝3本、すべてに花が咲いた。 つぎつぎに花が咲いてゆくのを、毎日見ていると 暑い夏の時期になるのを、見越して急いでいるように 見える。 もう、満開と言えるのだろうか。 3本の花枝…

花瓶のクリスマスローズのこぼれ種!はたして発芽しますか。

こんにちは、久留米からです。 朝の会話 家人「種や苗を買って、花を咲かすのも良いですね」 私 「今、苗の出盛りだろう、何か植えますか」 家人「そうじゃあなくて、冬越しした株やこぼれ種が 花を咲かすと、一層嬉しいですね」 私 「あちら、こちらの思わ…

家人から「なぜそんなタイトルですか」と言われました。

こんにちは、久留米からです。 私「なぜと言われても、困るなあ。 ザボンは、今花が咲き始めたからだよ」 家人「冗談にしろ、そんな安易なことで良いのですか 将来は、文学賞の候補になると言っていた人がね」 私「シンプル、イズ、ベストだよ」 家人「また…