読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野菜つくりが面白いにきまっちょる

家庭菜園を楽しんでいます、畑と花と暮らしのはなし。

夏野菜の植え付け!まずはトマトを植える場所作りです。

こんにちは、久留米からです。 暖かいというか、暑いくらいの一日でした。 トマトを植える場所 この場所の決定が、毎年一番悩むところです。 青枯れ病が出ないところ、と言っても目に見える訳 ではないから、せいぜい、連作を何年あけているか 古いメモを見…

果たして発芽するかどうか!昔の残り種と冷蔵庫のトマト。

こんにちは、久留米からです。 昨日は、70ミリほどの大雨でした。 今日は、一転して晴れです。 暑くなりそうです。 昔の古い種 再度、種箱を整理してみると、ビニールの小袋に入った サンマルツァーノとオレンジと書いた種を発見。 これは、これは、たぶん…

ゆっくりのスタートです!遅ればせながらトマトの種まきです。

こんにちは、久留米からです。 芽吹きのとき、何もかも、どっと新芽が湧いて よくよく見ると、こんなものまで、気が付かなかったよ。 と、言うことになります。 野菜の種をまいた人は、その新芽を愛でることが出来るから 種まきの出来なかかった身としては、…

今回の土ごと発酵は、トマト予定畝の養生です。

こんにちは、久留米からです。 3月5日が啓蟄でした。 何日か過ぎたのに、虫が出て来ないようです。 朝夕が寒いから、震えあがっているのかな。 今日の内容は、次の通りです。 ・昨日のスナックとピースの、行灯仕立ては。 ・本日は、トマト予定畝の養生で…

トマトは丈夫に育つか!根こぶ線虫と青枯れ病が心配だ。

こんにちは、久留米からです。 去年の秋から、ずっと1週間に1回か2回雨が 降っている、これも温暖化のせいですかねえ。 トマトが育たない。 ここ数年、トマトを育てきらんごとなった。 極端に言うと、植えても植えても、ある日突然に ぐんにゃりしおれて…

トマトはどうやって増やしますか!いろいろありますよ。

こんにちは、久留米からです。 毎年、トマトを作っています。 決して、出来は良くないのですが、あの艶やかな赤い玉を 見たいのですよ。 秋口まで数本で良いから、実をつけてくれよと祈りながら 作っています。 とにかく、作って楽しい面白い、収穫して美し…

無い知恵を絞っています!今年も頭を使う時期になりました。

こんにちは、久留米からです。 今日は、暖かい一日でした。 散歩の途中で、理想的な育ちのえんどうを見つけました。 例の通り、写真撮りが下手でした、小さい緑がえんどうです。 ピースなのか、スナックなのかわからない。 10センチぐらいに伸びている、こ…

トマトに、いくら肥料をやっても、メロンにはならない。

こんにちは、久留米からです。 南向きの畝の脇に、ほとけのざの花と 名前不明の、小さな花を見つけました。 暖かくなるよの、前兆ですかねえ。 ほとけのざ 名前不明、花の大きさは5ミリほど。 相田みつおのことばに トマトにねえ いくら肥料をやったってさ …

さあ、今年もめげないよ!美味しいトマトつくりに挑戦です。

こんにちは、久留米からです。 今朝は、久しぶりに暖かい日でした。 室内の温度は7度、身体の動きがスムーズでしたよ。 今日の読売新聞の、編集手帳にあった歌集を見て 家人が「これは、あんたのトマトつくりだよ」と言って 新聞を差し出した。 「無駄だろ…

この時期にトマトの苗つくり!まずは種まき、発根、発芽まで。

こんにちは、久留米じいじです。 晴れの日が続いています。 モンシロチョウが、まだひらひら飛んでいます。 青虫も、見つかりました。 防虫ネットは、外せないようです。 トマトの種が発根しました。 発根です、オレンジ系の種でこれ1個だけ。 下の列、左か…

今日の畑仕事は、トマト仲間と微生物の発酵液を作ります。

こんにちは、久留米じいじです。 久しぶりに、カラリと晴れて、遠くの山々がはっきり 見えました。 鳥インフルエンザが大変です。 日本中に広がらないといいのですが心配です。 トマトの仲間作り。 簡易温室に鎮座する3本のトマトは、小さくて寂しそうです…

この時期にトマトが発芽!助け舟を出すことにしました。

おはようございます、久留米じいじです。 今日、またもや、雨の予報です。 見事なピンボケですね。カメラは難しいです。 この場所は、超密栽培のグリーンピースが発芽しなかった ところです。 うん、これはあきらかに、トマトの芽です。 ここにトマトは、植…

旨いトマトを作りたい、食べたい!青枯れ病の撲滅作戦。

えっ、昨日はバッタ君だったが、今日はお前か、葉っぱをかじれる、まさかあ。 こんなトマトをどっさり作りたい。 トマトが大好物です。 家庭から出る生ごみを発酵させて、大地に戻すエコロジーと トマトが、大好きだからというのが、畑を始める原点でした。 …