読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野菜つくりが面白いにきまっちょる

家庭菜園を楽しんでいます、畑と花と暮らしのはなし。

降霜のころ、家のまわりの花たち

風で飛び出すかもしれないと、しばらく待ちましたが飛びませんでした。綿帽子の下に、アリさんが何か運んでいました。 霜降 10月23日頃 梅雨が陰気に結ばれて霜となって降るゆえ也 北国や山間部では、霜が降りて朝には草木が白く化粧をする頃 野の花の数…

二十四節季霜降のころ、家の周りの花たち。

霜降 10月23日頃 梅雨が陰気に結ばれて霜となって降るゆえ也 北国や山間部では、霜が降りて朝には草木が白く化粧をする頃 野の花の数は減り始める。 代わって山尾紅葉が飾る頃である。 こんにちは、久留米じいじです。 あちらこちらの学校で、文化をやっ…

二十四節季、寒露のころ、いつもの散歩道の花たち。

こんにちは、久留米じいじです。 寒露 10月8日頃 陰寒の気に合って、露むすび凝るらんとすれば也 冷たい露の結ぶ頃、秋もいよいよ本番。 菊の花が咲き始め、山の木々の葉は紅葉の準備に入る、稲苅りも そろそろ終わる時期である。 えっ、稲刈りが終わる頃…

二十四節季秋分のころ、家とまわりの花。

朝の会話 野菜つくりの失敗 私「何しろ自然相手だから、失敗は自然のせいにする、成功のときは自分の手柄。 だから時どき、神様に祈り、すみませんとあやまる。」 奥「いいですよ、じゃないと、内にこもって、引きこもりに になりますよ」 秋分 9月23日頃…

散歩の途中に咲いている花、二十四節季白露のころ

白露 9月8日頃 陰気ようやく重なりて露こごりて白色となれば也 野には薄の穂が顔を出し、秋の趣がひとしお感じられる頃 朝夕の心地良い涼風に幾分の肌寒さを感じさせる 冷風が混じり始める。 昔の人は、この二十四節季の暦にあわせて、家事や農作業をした…